フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

DTM

2012年6月18日 (月)

島村楽器店 録れコン2012評価

こんばんは。

久しぶりの音楽ネタです。

前に、マウンテンバイクの動画をアップしましたが、そのバックミュージックは自作自演の楽曲を使いました。

http://www.youtube.com/watch?v=wWCeG8UF9UE&feature=g-upl

意外と友人に評判が良かったので、島村楽器店で行っている、プロが評価するコンテスト「録れコン2012」に応募してみました。

Img_1585_resize1

残念ながら、入賞はできませんでしたが、辛口評価を希望したわりには良い評価をいただきました。

Img_2456

これが録れコン2012の応募用紙です。

私は、クリエイター部門で応募してみました。

Img_2451

評価は辛口希望です。

Img_2452

まずは採点です。

録音:6点 、 演奏:7点 、アレンジ:7点

Img_2453

楽曲:7点、 オリジナリティ:6点 、 完成度:6.5点でした。

アドバイスコメントです。

Img_2454

「心地よいグルーブ感、伸びのある美しいメロディラインと、インストゥルメンタル作品として十分に聞き応えのある仕上がりですね。」

中略......

「よくを言えば、Bセクションのリズムの甘さが気になりました。」

中略......

「とはいえ、ギターソロのフレーズ、構成など演奏技術の高さを感じます。今後も素晴らしい作品を作り続けてください」

という評価でした。

いやいや、プロのミュージシャンに褒められると本当にうれしいです。

リズム感の悪さは、分かっていましたが、バッキングで表に出ないので、いい加減にしてましたが、さすがプロの方は見抜いていましたね。

でも、演奏、アレンジ、楽曲と7点をもらったので、今後、オリジナリティやリズム感、録音の技術を磨いて、また応募してみたいと思います。

Img_1586_resize1

2011年12月26日 (月)

久々の新しいオモチャ

こんばんは。

先日、娘の誕生祝いということで、ギターのエフェクターをせがまれました。

実は、私も狙っていた安価で良い音が定評のデジテックRP-255というものです。

買ってあげたあと、実物をみたら、私も欲しくなって(子供かっ!)、ついヤフオクでポチッとしてしまいました。

本当は、後半競り上がるだろうという予想で遊びで入札したのですが、意外と盛り上がらず、あっさり落札してしまいました。

しかし、実売の半値ですし、送料いれてもかなり安かったです。
ほとんど、、、というか新品同様ですね。

Img_1599_resize1

これです。
足で音色チェンジでき、ワウペダル付きです。

Img_1600_resize1

数回使用して、押し入れの中で眠っていたというだけあって、新品同様です。

Img_1601_resize1

まだ、良く使っていませんが、ノイズが少ないという印象ですね。
あと、ディストーションのきめが細かいですね。良い感じです。

もう少し、音色を作り込めばバッチリになると思います。

あと、夜でも大音量で弾きたくなったので、モニター環境を改善しました。

Img_1579_resize1

スタジオモニター用のスピーカーは高価なので、ヘッドフォンにしました。

これは、スタジオモニターとしては定評あるSHURE SRE440です。

Img_1581_resize1

今回、ヘッドフォンをいろいろ聞き比べてみたのですが、メーカーによって差が激しくでるものだと思いました。

低音を強調しすぎるものや、ドンシャリ(高音と低音が出過ぎ)だったりと、値段に関係なく差がありました。

その中で、SHUREと意外にもSONYが良かったです。

ただ、SONYは、良い音がするモデルが高かったので、iPhone用のイヤフォンMDR-EX310SLを買ってみました。

ソニーのイヤフォンは、人気が高く、売り切れ状態でしたが、秋葉原のマイナーな石丸電気で売っていたので、速ゲットしました。

横道にそれましたが、SHUREが一番、フラットな音色がでていたので、買ってみました。

Img_1582_resize1

ヘッドフォンの横が、今まで使用していたギターアンプシミュレーターのPocketPODです。

これはこれで、良かったです。
安価な割には、十分マーシャルの音を出していました。

Img_1585_resize1

ということで、最近、また音楽作りをやるようになりました。

Img_1586_resize1

ギターも改造する計画なので、また詳しくレポートします。

2010年11月25日 (木)

エフェクター DS-1

こんばんは。

久々の音楽ネタです。

上の娘が、こんどバンドをやるというので、いろいろ話を聞きました。

娘は、どちらかというとギター自体がド素人に近いので、それでスタジオでバンド練習やると聞いて心配になりました。

ほとんどが高校の友達らしいのですが、なかにネットで募集して見つけた娘がいるらしく、結構詳しくTAB譜を送ってきたりしているので、レベル差があるのではないかと心配しています。

まぁ、なんとかなるかと思いますが、せめて、音だけでも、、、という親心と、懐かしのエフェクターを試してみたいという欲望がわいてきて、今日、中古で安いエフェクターを買ってきました。

BOSS DS-1 ディストーションペダルです。要するに歪み系ですね。

これは、20年前くらいに、まだバンド活動をやっていたころ使用したことがあるので、ちょっとならしてみました。

Img_0467_resize1

ギターアンプが無いので、PocketPODのクランチモードにして、つないでみました。

音は、、、、ちょっと薄いですね。
普通のアンプにつないで大音量でだと、良いかもしれませんが、宅録には向かないかもしれません。

逆に、PocketPODって、結構音良かったんだぁと再認識しました。

Img_0468_resize1
※左下の赤いエフェクターがPocketPODです。

まぁ、このエフェクターは、娘用(超初心者用)として活躍してもらいます。
プロも使っていますので、モノは悪くないと思います。

あさっての土曜日に、娘とスタジオで事前練習をする予定なので、その時のアンプからの出音も楽しみです。

ではでは。

2010年5月29日 (土)

サマラットさんのサビ部分のカバーを録音

 

こんばんは。

今日は、昨日紹介したJack Thammaratさんの曲のサビの部分だけ録音してみました。

機材はかわらず、Mac とCUBASE で、ギターはIBANEZ PRO-LINE改をPocketPODでならしています。それをYAMAHA MW-8のデジタルミキサーでMacに取り込んでいます。

BA6249BB-C827-46B7-B7D9-2350F1BA8E21

前回、録音したときは、PocketPODの音がデジタル臭いように感じたのですが、再度音をエディットし、ミドルをあげるようにしたところ、デジタル臭さはとれたように思いました。

F760ED8F-3216-48C9-ABB8-5A9C572E7AD1

リズムトラックは、EZ-DRUMMERです。
これは、プリセットしたパターンをCUBASE に貼付けるだけでよいのですが、フィルやシンバルをエディットしていくと、結構使えるパターンになりました。

新しい機材に走らず、じっくり音作りしてみるものですね。

C24B4111-E0A1-4C06-ACD0-8FBFA4A1D353

B7A7CCA4-183C-4F4E-B57E-4E9D97F1D057

なんとか録音できました。

この曲は、結構むずかしく、意外と運指のトレーニングにもなりましたね。

最近は、PRO-LINEのフロントPU(PAF-PRO)を使う頻度が高くなりました。

昔はヴァンヘイレンに傾倒していて、リアPUしか必要ないっと思ってましたが、フロントPUもとても良い音がして、ソロの幅が広がります。

まだブログを使いこなしていませんが、もっとうまく演奏できたら公開する予定です。

 

2010年5月20日 (木)

ギターの修理(リベンジ)

おはようございます。

前回、ギターのトグルスイッチを交換しようとして、スイッチを壊してしまったことを記事にしました。

結局、元にもどしたのですが、やはり調子が悪くて、たまに接触が悪くなるのか、音がうすくなります。

我慢できず、新しいのを買おうとしたのですが、ふとアイディアが湧いて来ました。

折れてしまった電極のところに、コードを刺し込めれば、また使えるのではないかと思い、早速バラしてみました。

305EA83E-2722-4764-AC95-80ADC7700025


なんとか、うまくいきました。
(3千円助かりました)

よく見ると、このスイッチは、スイッチクラフト製でしたね。

こういう使用頻度が高くて音に影響するものは、信頼のおけるメーカーのものが一番です。改めて実感しました。

しかし、スイッチは復活しましたが、ピックガードに開けた穴の位置が、新しいトグルスイッチと合わず、ボディと干渉してしまいます。

結局、ボディに当たらないように取り付けたのですが、向きがちょっと変になってしまいました。

F17B5544-EEDD-4550-86F1-E380B9E193E8


でも、音が安定したので、よしとしました。

あと、内部の配線で、半分取れかかっていたところもあり、結線の重要性もあらためてわかりました。

2010年5月18日 (火)

ギターの修理(失敗編)

こんばんは。

今日は、ギターのトグルスイッチを取り替えようとしてみました。

なぜか、安物のスイッチを買ってきたら、使っているうちに接触が悪くなってしまったので、前のギターのスイッチと交換しようと思いました。
(買うと3千円はするので、、、、)

しかし、大きさが合わずに、無理矢理押し込もうとしたら、、、電極が折れてしまいました、、、、

結局、元のスイッチに戻して、3千円がパーかぁ、、と思いましたが、良いこともありました。

Img_0166_resize1

配線を戻す際に、結線を2本を1本にまとめたりしたら、ノイズが少なくなりました。
とくに、タップしてシングルコイルにした時のノイズが激減しました。

やはり、無駄な配線はノイズの元なのでしょうか、、、(反省)

2010年5月 9日 (日)

IBANEZ PRO-LINE

おはようございます。

ココログに引っ越してからの最初の記事になります。

早速、趣味の話題です。

今年の3月に、ヤフオクで、ギターのジャンク品を手に入れました。

アイバニーズのPRO-LINEというもので、1986年ころのギターです。
約25年前の骨董品ですね。

このころのギターは、日本製で作りは丁重ですが、とにかく重いです。

しかし、音はつぶがそろっていて、思ったより良い音がするようです。

ギターは、20年くらい経つと、ボディの鳴りが良くなるそうです。

では、そのギターの再生の過程を紹介します。

まずは、ヤフオクから届いた時です。

ジャンク品の場合は、プチプチを巻いただけというのが通常ですが、結構大げさな箱で届きました。(送料2000円かかったので、、、笑)

083_resize1

開封後が、この状態です。

ボディ、ネック、とブリッジ(フロイドローズ・ライセンスのもの)とペグがついていました。

ネックのそりは、ほとんどありません。

フレットも8分以上残っています。

082_resize1

左にあるのが、KRAMERのコテコテ改造ギターで、これのパーツをPRO-LINEに移植します。

移植するにあたり、デザインをきめます。

市販のストラトタイプのピックガードがはまらなかったので、プラ板を加工してとりつけることにしました。

その前に、紙でイメージの確認です。

085_resize1

現代のギターのように、ボディにザグりを入れてブリッジをしずませる加工がされていなかったので、レスポールのようにブリッジがボディに浮いています。

なので、ストラトのようにピックガードにPUを直接取り付けられないので、レスポールのエスカッションを使用することにしました。

この型紙で、ピックガードを加工です。

樹脂製なので、加工は簡単ですが、思ったラインに切るのが難しく、ちょっとヘチャヘニャになっちゃいました。

089_resize1

これが加工後です。

ピックアップは、両方ディマジオ製で、フロントにPAF-PRO、リアにTONE-ZONEを使いました。

トーンは使わず、1ボリュームのみです。

あと、タップスイッチをもうけて、シングルコイルになるようにもしました。

088_resize1

黄色のボディだったのでしょうが、25年を経るとなんかゴールドのようで結構気に入っています。

左の前のギターには、昔使っていたセイモア・ダンカンのカスタムSH-05をリアにつけたのと、フロントは、お茶の水で900円のジャンク品(IBANEZ V7)で再生しました。

音は、ボディが重いせいか、音のつぶがそろって、とっても良い音になりました。

PUが前とまったく一緒なので比較できて面白いです。

今では私のメインギターになりました。

1万円で仕入れたギターでしたが、めちゃくちゃ満足してます。

2009年5月 3日 (日)

かみさんの新しいバイク

一昨日、かみさんの新しい自転車を買いました。


いままで、GIANTのマウンテンバイクを使っていたのですが、さすがに10年くらい経って、生活用として、ろくにメンテしなかったせいか、とうとうフロントディレイラーの調子が悪くなり、新調することにしました。


私がマウンテンバイクを始めた当初は、何回か一緒に山に行ったりしていましたが、自給運動はダメらしく、それから行かなくなっていました。


とすると、新しいバイクをどうするかと話しました。最初は、マウンテンバイクのスタイルが好きなので、マウンテンバイクといっていました。


近くのサイクルショップあさひに行って、いろいろ見ると、シティバイクというかクロスバイクという、ロードレーサーのドロップハンドルをストレートバーにした街中で乗りやすいモデルがあるので、それを試してみたところ、マウンテンバイクに比べて(廉価版なので。。。)、格段に軽いことと、もう山には行かないので、街中の移動が快適にできるようにということで、クロスバイクにしました。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

GIANTのESCAPE R3という5万くらいの廉価版ですが、タイヤは700Cの28Cのロード用のタイヤがついていますし、サスペンションシートポスト(サドルにサスペンションが付いている)がついている割には、11.4kgという軽量なので、かなり快適に移動できます。


変速は、SRAMのグリップシフトですが、街中くらいでは、これくらいが扱いやすそうです。


なんか、私もクロスバイクが欲しくなりました。。。。。


とりあえずは、前の古いフレームを再生し、700Cのホイールを装着してみようかと思ってます。(笑)


しかし、、、、自転車は奥が深いですねぇ。


自転車通勤(ツーキニスト)の疋田智さんとドロンジョーヌさん執筆の本も面白かったので、興味があれば読んでみて下さい。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


ところで、たった今、忌野清志郎さんがガンで亡くなったというニュースが入ってきました。


清志郎さんは、ロック歌手で一世を風靡しただけではなく、自転車愛好家としても有名で、地方のライブツアーも自転車で行ったり、かなりの自転車マニアで有名でした。


がんで闘病しているということは聞いていましたが、その後復帰されたと思っていたので、突然のことでびっくりです。


ご冥福をお祈りします。


2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク