フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

自作関連

2013年4月 1日 (月)

かみさん用の財布(ラウンドファスナー)

こんばんは。

前回、かみさんの誕生祝いにトートバッグを作りましたが、それが好評で、かみさんの職場でも評判だったようです。

そこで、あまった革で財布を作ってほしいというリクエストがあり、着手しました。

Img_3405

まずは、外側を作ります。

余った革なので、外側を1枚では作れず、つぎはぎになります。

ちょうど、アクセントをつけるため、白の革を使いました。

Img_3404

カード入れを作ります。

どういう革にしようか、すごく迷いました。

通常、市販の財布は、薄く軽くするために、ふちの部分を革にして、あとはナイロンにするのが一般的なようですが、そこまで技術がありません。

そこで、鞄の内装に使うピッグスキンの革が余っていたので、それを使うことにしました。

Img_3406

そして、外側を縫い合わせたところが、この画像です。

バッグとお揃いの組み合わせですね。

次に、小銭入れを作ります。

Img_3408_2

これは、比較的簡単ですね。縫い合わせるだけです。

Img_3407


そして、ラウンドファスナーの開いたところ部分です。

Img_3409_2
そして、最後に、ファスナーを縫い合わせます。

意外とファスナーは難しくて、幅を均一にすることや、波にならないようにするのが大変です。

Img_3410

ここまできたら、一気に縫いあげます。

形になってくると、命が吹き込まれるようで、この瞬間がとても好きですね。

Img_3411

ふちの部分や、角が大変です。

Img_3415

で、完成です。

なかなか、この革は良い色ですね。

Img_3413

苦労した内装も無事できました。

まるまる、1ヶ月は要しましたか、、、、

財布って、バッグより全然難易度高いですね。

しかし、使用頻度が多いので、気に入ったものができると、本当に作ってよかったという気持ちになります。

2013年3月31日 (日)

ギター ちょい改造

こんにちは。

暖かくなったり、寒くなったりと、気温の変化が激しい日が続いています。

今日は、雨なので、家でギターのちょい改造をやってみました。

Img_3400

これです。

私のギターは、シンプルにトーンコントロールを外して1ボリュームのみとしていました。
なので、ピックアップから出力までボリュームのみを通していましたが、ネットで調べてみると、ピックアップから出力までのあいだにコンデンサをつないでいます。

理由は、ボリュームを絞ると音がこもるので、コンデンサをつないでハイだけ通すというものだそうです。

そこで、標準的な0.001μFをつないでみます。
Img_3401
大きさはこんな感じです。
コンピュータ用なので、めちゃくちゃ小さいですね。

ラジオ用などは、肌色のもう少し大きいタイプでしたが、、、

Img_3402

わかりづらいですが、赤い線の下にコンデンサをつないでみました。

ついでに、ブリッジ側のタップスイッチをとってみました。

これで、ブリッジ側は、いつもハムバッキングとなり、フロントはシングルとハムバッキングを切り替えられるようになりました。

しかし、、、きたない配線ですねぇ、、、
音は、ボリュームを絞ると、音量はさほど小さくならずに、歪みがすくなくなるという感じになりました。

コンデンサ値は、もう少し容量が少なくても良かったかもしれません。
しばらく使い込んでから、チューニングしてみようかと思います。

2013年3月 5日 (火)

レザークラフト(トートバッグ&長財布)

こんばんは。

今日、やっと出来上がったソフトダレスを持って出社しました。
評判は上々で、5万円くらいの評価をもらいました。
今日は、かみさんの誕生日にプレゼントしたバッグと長財布を紹介します。
Img_3209
これは、財布用にとっておいた革ですが、かみさんが気に入ってしまい、バッグにすることにしました。
ちょっとコーチっぽく、ふちを白い革でくるみます。
Img_3210
大きさは、ヴィトンのネヴァーフルMMよりちょっと大きめにしてみました。
Img_3211
内装は、一番苦労したところですが、ミシンの扱いにも慣れてきました。
次は、長財布です。
Img_3355
前に、お札も入る小銭入れを作って、その使い心地がよくて、しばらく使っていましたが、やはりお札は折り畳まないと入らないので、おつりをもらった時など、いちいち畳むのが面倒なのと、ちょっと高級そうな長財布が欲しくなり、作ってみました。
Img_3358
中はシンプルに、片側にお札入れ、もう片側にはカード入れ、真ん中は、小銭入れとポイントカード入れにしてみました。
Img_3360
こんなかんじです。
Img_3361
使い心地は、とても良いのですが、どうしても根元の方のカードが取り出しにくかったりしますので、もう少し余裕をもたせればよかったと思いました。
で、お、とても気に入った作品です。
この3作品で、ほとんど土日がつぶれてしまいました。
これから、かみさん用の財布を頼まれていたりと、バックオーダーを抱えてうれしい悲鳴ですが、少し暖かくなり、そろそろ体力作りしないとサイクリングで遠出できません、、、、(笑)

2013年3月 4日 (月)

レザークラフト(ソフトダレスバッグ)

こんばんは。

超お久しぶりです。
去年の12月から、超多忙となり、ブログの更新をお休みしていました。
その間、アメフトの関東選手権であるA-ZUMA BOWLの審判をさせてもらったり、かみさん用のトートバッグや長財布など作りましたので、また後で報告します。
まずは、ダレスバッグを作ってみたので、記事にしてみました。
元になったのは、HERZという手作り革製品メーカーで出しているソフトダレスバッグです。
Photo
型番はC-68というもので、HERZ の中ではベストセラーだそうです。

今まで、鞄はビジネストートと大きめのトートを作りましたが、かちっとしたビジネス用が欲しくなり、作ろうと思いました。
まずは、口金作りです。
Th_img_3271
2mm厚さのアルミの板を買ってきて手で曲げます。
このとき、角がきれいにラウンドするように、台座の木を加工して、それにそって曲げます。
Th_img_3276
これが作った口金と、革です。
この黒の革は、本当に良い素材で、ほれぼれするオイルレザーですが、お値段は3800円と、リーズナブルです。
Th_img_3278
曲げた口金に、手カン用の穴をあけます。
木工用のドリルだと思うのですが、アルミはやわらかいので、なんとか開けられました。
Th_img_3279
こんな感じです。
一番最後に取り付けますが、まずはイメージです。
実は、この時に手カンの間隔を1cm間違って狭く作ってしまったので、再度穴を開け直しています。
Th_img_3325
そして、持ち手を作ります。
作り方は、インターネットを調べるといろいろ載っていましたが、HERZ方式で、厚い皮を二重にして、その上からかぶせるように作ることにしました。
構造は単純ですが、加減などわからなくて、試行錯誤し、この持ち手だけで丸一日かかってしまいました。
Th_img_3327
完成したところです。
革が上質なせいか、めちゃくちゃ持ちやすいというか、持った感じが気持ちいいです。
Th_img_3331
本体の加工を行います。
まずは、背面のファスナーの取り付けです。
私は、ファスナーが苦手で、仕上がりが波打ってしまうのですが、今回も失敗し、やり直しています。
Th_img_3329
なんとかまっすぐに縫えました。
Th_img_3332
そして、内側を縫い付けます。
ステッチの色は紺色にしました。
ステッチは、いろいろ悩んで、TSUMIをイメージして赤にしようか、青にしようか考えましたが、ちょうど紺色があり、めだたず、黒よりひと味ちがう仕上がりになり、結構満足しました。
Th_img_3333
そして、両脇(両サイド)を縫い付けます。
裏面縫いなので、仕上げを気にせず縫えますね。
Th_img_3336
両面を縫うとこんな感じです。
う〜ん、本当に革が美しいです。
Th_img_3337
裏返すと、こんな感じです。
だいぶ形になりましたが、ここからが長かったです。
口金の取り付けなど、試行錯誤しました。
Th_img_3342
口金を取り付ける前に、バックルなど、小物を取り付けます。
Th_img_3345
そして、いよいよ口金の縫い付けです。
はたして、ちゃんと開閉できるのか、すっごく不安でした。
Th_img_3346
もう片側も縫い付けます。
だいぶ形になってきました。
Th_img_3347
そして、やっと完成です。
いやぁ〜、苦労しました。
まるまる1ヶ月半かかりました。(毎週土日を黙々と製作にあたってました)
Th_img_3348
Th_img_3350
Th_img_3351
なかなか、自分でも満足できる作りですね。
前のバッグは、専門店に行くと、「手作りですね」と言われたことがあり、それが悔しくて、市販のものと区別できないものを作ろうと思ってました。
今回は、まるまるコピーで、オリジナリティが全くないのですが、仕上がりには、まぁ満足しています。

2012年11月16日 (金)

レザークラフト(L字ファスナー小銭入れ)

こんにちは。

先日、元会社の先輩にお礼として小銭入れを贈りましたので、その
紹介です。
Img_3030
これが全体です。
やや、台形にして、スピード感みたいなものがでるようにしてみました。
Img_3031
中も小銭入れのファスナーがあり、両脇にカード類やお札をしまえるようになっています。
Img_3033
手に持つとこんな感じになります。
この形の財布は、とても使いやすくて、最初は小銭入れという気持ちで作ったのですが、なぜかメインの財布になっています。
元先輩に気に入っていただけると嬉しいのですが、、、、

2012年11月13日 (火)

Marks diaryの手帳カバー(アンリ風)

こんばんは。

ご無沙汰してました。

前回、ほぼ日手帳を出品したのですが、タイミングが遅かったのか、あまり入札がありませんでした。

しかし、これをきっかけに、注文をいただけることになりました。

ほぼ日手帳ではないのですが、Marks DiaryのED!Tという手帳です。

http://marksdiary.jp/edit/

サイズは、ほぼ日手帳より一回り大きくてB6サイズです。

このサイズで、アンリ風の手帳カバーの注文をいただきました。

早速製作に入ります。

Img_3036

まずは、革を裁断します。
ほぼ日手帳より一回り大きいので、気をつけながら裁断します。

Img_3037

裁断すると、こんな感じになります。

Img_3038
そして、ヘリを滑らかにするために角を落とします。

Img_3039
ペンホルダーの部品も同様に裁断し、へり落としで角をまるめます。

Img_3040
そして、トコノールでコパを焦げ茶色に着色します。

Img_3042
そして、磨き上げます。

Img_3043

次に、ペンホルダーを取付ける穴をあけます。

Img_3045

次は、折り返す内側を削ります。

Img_3046

木槌で型を整えます。

Img_3047
ペンホルダーの穴にもトコノールを塗ります。

Img_3049

栞も同じように作成します。

Img_3050
ペンホルダーを差し込み、位置をそろえます。

Img_3051

そして、縫い付ける穴を菱目打ちで打ち込みます。

Img_3052

糸は、オレンジのろう引きしたものを使用します。

Img_3053

手縫いします。写真ですと黄色に見えますが、オレンジの糸です。

Img_3054

そして、折り返しの部分も菱目打ちで穴をあけます。

Img_3056

ここも手縫いで縫い上げます。(革用ミシンは持ってませんので、、、笑)

Img_3057

栞をつけて完成です。

Img_3058

表側です。 なかなかきれいな色ですね。

Img_3060

ほぼ日手帳と大きさを比べてみました。

気に入っていただけるといいのですが、、、、

2012年10月30日 (火)

ほぼ日手帳カバー アンリ風

こんばんは。

ご無沙汰してました。

秋になり、アメフトのシーズンが始まり、土日がつぶれることが多く、自転車もレザークラフトも、なかなか手つかず状態でした。

しかし、ひょんなことから、過去に作ったほぼ日手帳の本革カバーで、アンリ・クイールさんのを参考に作ったものをヤフオクに出品したところ、そこそこの値段で落札されました。

しかも、半年ほど使用していたもので、少しびっくりですね。

逆に、需要があるのでは?とスケベ心を出して、出品用に、また作ってみました。

Img_3012

今まで、財布とかバッグを作ってきたので、ひさしぶりに手帳カバーを作ると、とっても楽に感じましたが、逆に出品用として作るとなると、細部まで手を抜けず、気を使いました。

Img_3010

しかし、今まで以上に仕上がりが良くできたと思いました。

Img_3011

革は、いつもの日暮里ではなく、池袋の東急ハンズで仕入れてきました。

なかなか良いオイルレザーです。

興味のある方は、ヤフオクで「ほぼ日手帳カバー 本革ハンドメイド」で探してみてください。

よろしくお願いします。

2012年9月15日 (土)

レザークラフト(長財布)

こんばんは。

最近、アメフトのシーズンが始まり、あまり自転車に乗る機会が減ってしまいました。

その反面、裁縫(レザークラフト)熱も上がってきました。

前に、ツーリング時用として作った小銭入れが、あまりにも使い勝手が良いので、このタイプの長財布が欲しくなり、余った革で作ってみました。

Img_2675

これが、前に作った小銭入れです。
中には、小銭用のファスナーがもう一つあり、その両脇にカードとお札を入れられるようになっています。

Img_2683

こんな感じです。

今まで、風水に影響され、小銭入れは別にして、お札入れ、レシートは入れないとか守ってましたが、結局、レジ前で小銭入れとお札入れ、レシートは別のポケットになど、かなりあたふたしていました。

しかし、この財布を使ってから、そういうのが一度にできるので、使い心地がすこぶるいいです。

そこで、目覚めました。
使いやすいものが一番。風水とかは行動学として、財布の中を整理するなどに役立てれば良いと思いました。

なので、小銭入れだけでなく、普通の長財布も欲しくなり作ってみました。

デザインをあれこれ考えましたが、コンセプトは、ちょっとワイルドなファスナー財布です。

で、できたのがこれです。

Img_2891

小銭入れがある市販のファスナー財布を見たのですが、結構大きかったので、一回り小さめに作ってみました。

Img_2890

こんな感じです。

お札の一回り大きなサイズですね。18cm×9.5cmです。
通常の長財布は、20×10cmくらいでしょうか。

使い勝手もですが、実は余った革でとれる面積がこれくらいしかなかったという事情もありました。(笑)

Img_2886

中ですが、ピッグスキンで作ってみました。
カード入れは、縦横に入れるポケットが1個ずつのみです。

あと、右側は、お札を入れるポケット1個です。

Img_2887

Img_2888

Img_2889

今日、使ってみましたが、大きさといい、かなり使いやすかったですね。

小銭入れの横には、お守り入れも作りました。
小銭入れのスペースが大きいと、逆に小銭を出し入れしづらいので、2つに仕切り、もう一つのスペースをお守り入れにしたというところです。

Img_2885

なかなか満足ですね。

2012年9月 2日 (日)

娘用のトートバッグ

こんばんは。

最近、自転車も走ってますが、レザークラフト作りに忙しかったりもします。

先日、私のトートバッグを作成し、余った革で次女のトートバッグを作って上げました。

Img_2611

これが、家族で意外と好評で、長女も作ってほしいというリクエストがあり、革を探しに行きました。

さすがに、このイタリアン・オイルレザーは、なかなかありませんでしたが、ふとしたところで、1500円の格安革を手に入れました。

Img_2706

次女用よりは、かっちりしたトートになる予定です。

1500円にしては、色合いも、なかなかですね。

Img_2809

まずは、カットします。
これが、意外と難しく、1mくらいになると、なかなか真っ直ぐに切れません。

今度、長い定規を入手しなければなりませんね。

Img_2810

そして、ハンドルを取付ける部品を裁断します。

Img_2811

そして、角を削ります。

Img_2817

まずは、位置を決めるために、金具で固定してから、穴あけして縫い合わせます。

Img_2815

そして、本体を縫い合わせます。
まずは、マチの部分を裁断し、穴をあけます。

Img_2814_2

そして、縫い合わせます。

Img_2821

固めの革だったので、結構苦戦しました。(笑)

Img_2824

全部縫い合わせた状態です。これを折り目がつかないようにひっくり返します。

Img_2826

なんとかトートバッグのボディ部分になりました。

Img_2838

次は、ハンドルを縫い合わせます。

いろいろ迷ったのですが、ボディ部分に固定してから縫い合わせるやり方にしました。

Img_2841

しかし、、、、曲げると、内側と外側で差が出てきて、針が通りにくく、結構苦労しました。

Img_2857

そして、帆布を使って内張りを作成します。

これは、ミシンを使ったので、比較的楽にできましたが、ポケットの部分を革で当てたりと、そこそこ苦労しましたね。

Img_2859

そして、これを本体と縫い合わせて行きます。

Img_2860

これも、意外と大変な作業でした。
工業用のミシンが欲しくなりますね。

Img_2864

そして完成です。

Img_2866

Img_2868

Img_2869

今日、娘が使っているので感想を聞いてみますね。

2012年8月 5日 (日)

レザークラフト(小銭入れ)

こんばんは。

連日の暑さで、なかなか遠乗りできない状態ですが、仕事が立て込んでいて、クールダウンには丁度良いかもしれません。

今日は、久しぶりに借りてきたDVDを見ていました。

篠原涼子の「アンフェア」と「ALWAYS 3丁目の夕日64」です。

どちらも、とても見応えがありました。

アンフェアは、最後まで犯人が分からなくて、ハラハラドキドキする映画です。
展開は、アンジェリーナジョリーのSOLTと似ていましたが、邦画のレベルも非常に高くなってきました。

ALWAYS 64 は、もう何回も泣いてしまいました。

いつも自分の部屋のPCで見ているのですが、泣いているところを見られなくて都合が良いです。

先日、自分の大きめのトートバッグと娘用のトートバッグを作ったのですが、革が余っていたので、小銭入れを作ってみました。

前から、サイクリング用のカードやお札が入る小銭入れが欲しかったのですが、買いに行くと、これだったら自分で作れそうと思って、なかなか手に入れられてませんでした。

Img_2675

今回作ったのは、L字型の小銭入れです。

Img_2677

意外と小銭入れやお財布などの方が手が込んでいて、作りづらいのです。

Img_2678

今回は、中に小銭入れがあって、両脇にカードやお札を入れられるタイプにしました。

Img_2680

Img_2682

Img_2681

Img_2683

これで、またサイクリングに行くのが楽しみになりました。

より以前の記事一覧

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク