フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

MTB、自転車

2014年5月23日 (金)

伊豆大島サイクリング

こんにちは。

かなり久しぶりの更新です。
今週は、リフレッシュ休暇といって節目の休暇をいただきました。
そこで昔の友人と長崎ツーリングを企画していたのですが、不幸にも直前に愛犬が事故死
してしまい、とても旅行に行く気分になれず、中止しました。
ですが、1週間くらい経つと、こころも癒えてきて、すこし遠出でもしようという気分になり、
いろいろ探して、伊豆大島をターゲットとしました。
フリーライターの土肥志穂さんの紹介HPも、参考にしました。
https://www.j-cycling.org/shiho_cr/1012/
さて、予定では、夜22:30発の大型客船にのり、朝6:30に到着し、帰りは16時くらいの高速ジェット船に乗って帰るというプランでしたが、、、、なんと夜発の大型客船は、繁忙期か金曜からの週末しか運行していないということでした。
なので、往復ジェットホイールで向かいます。
8:30発~10:15到着なので、走る時間が短くなりましたが、まぁ仕方ありません。
自宅から東京港の竹芝までどうするか考えましたが、平日のサラリーマンに混じってバイクを担いで乗り込む勇気がなく、自宅から自走で向かいます。
(約23Km)
 
Blog1
大型船は、輪行袋に入れると手荷物扱いとなり料金はかかりませんが、高速ジェット船は狭いので料金1000円かかります。
Blog2
いざ、乗船です。
思ったより、とても小さいです。だいたい200名乗車できるようですが、大型船をイメージしていたので結構小さく感じました。
Blog3
デザインも、カラフルなのですが、ちょっと子供受けするようなデザインなので、サファリパークにでも行く気分になります。(笑)
中は、飛行機と同じ座席を使用しており、ちょっと狭いうえに、シートベルト着用が義務付けられているので、窮屈でした。
シートベルト着用は、途中で大型海洋生物と衝突する可能性があるということで、韓国の転覆事故を想像してしまいましたが、それより大型海洋生物というのが、クジラなのかカジキなのかが気になるところです。
Img_4825
途中は、携帯の電波も3Gですが、届いており、地図を参照できました。
Blog4
そして、1時間45分後に伊豆大島の岡田港に到着です。
余談ですが、伊豆大島には岡田港と元町港があり、その日の天候でどちらに着くかを決めるそうです。
しかし、船内で知り合った人に聞くと、元町港は台風で被害がでており、ほとんど岡田港ということでした。
Blog5
岡田港ですが、もう着いたときから、空の色や海の色が違います。
ここで感動してしまいました。
ここからスタートです。
コースは、時計回りで行くことにし、まずは南端の浮島港を目指します。
と、ここでいきなりの激坂です。
大島周回道路208号線に沿って行きますが、地図上海岸線を行ってないのが気になりましたが、やはり、海岸道路はなく、山を登って行くことになるみたいです。
激坂を登って、大きな橋を渡ると、海の景色が広がります。
Blog6
おそらく万根岬です。
いやぁ、絶景とはこういうことをいうのでしょうか。
しかし、滞在時間が5時間もとれないので、この激坂のペースで完走できるか不安になり、先を急ぎます。
Blog8
途中、海のふるさと村というのがあり、椿資料館がありました。
Blog9
伊豆大島は、椿油が有名ということですが、激坂ペースに不安になり、パスです。
ここから、400mくらい登って行きます。
山の奥地に入ってしまい、ひたすら登りです。
登り→平坦な道→登りの繰り返しで、いつになったら下りになるのか、心が折れそうになります。
携帯の電波も圏外となり、iPhoneのナビが使えず、どの辺を走っているのか、見当もつきません。。。。
そして、少し下りが増えてきたところで、絶景が開けてきました。
Blog11
Blog12
筆島というところです。
たぶん、ちょうどポツンと出ている岩が筆のようなので、そう命名されたのではないかと思います。
近くに説明がかかれたものがありましたが、バテてしまい、とても読む余裕がありませんでした。
地図で確認すると、浮島港はもうすぐのところに来ていますね。
Blog13
 
しばらく、激ダウンヒルで下って行くと、浮島港がみえる見晴台というところにきました。
Blog14
この景色もいいですね。
しかし、この後、南端の龍王崎を目指しますが、なぜか民家の路地に入ってしまい、しかも激坂の中なので、道を間違えたときのリスクが大きく、断念しました。
なんとか、龍王崎の灯台の近くには行くことができましたが、ペースがわからないので、先を急ぎます。
今度は、岡田港と反対側の元町港を目指します。
元町港の周辺は、旅館や料理屋が多くあり、そこで海鮮丼をたべる予定ですが、すでに12時30分。
この辺で、コロッケと菓子パンを買って食べます。
Blog16
反対側も、結局登りが多いです。
この辺は、何万年にもわたって火山灰が降り積もり、うねった縞模様の岩肌が見えます。
地元では、バームクーヘンと呼んでいるそうです。たしかに、、、
そしてひたすら走ると、大宮神社あたりで海が見えました。
Blog15
あの岬の向こう側が元町港です。もう少しです。
次の目的地は、お寿司屋さんの「寿し光」です。
Blog17
やっと着きました。
元町港の手前にある路地を少し入ったところにありました。
Blog18
食事どころは2階だそうです。
現在、13:40分。お昼を過ぎているのと、平日のせいか、ガラガラです。
Blog19
この入り口だけ見ると、銀座の料亭のようで高そうですが、せっかくなので入って見ます。
板前さんといろいろ会話し、お勧めの「島丼」を頼みます。
この島でとれる海の幸が乗っていて、1600円です。
Blog20
マグロ、金目鯛、、、、あとは忘れました、、、
手前に、漬けがあり、べっこうのかんざしに色が似ていることから、地元では漬けをベッコウと呼ぶそうです。
とにかく、うまかったです。
金目鯛は、煮付けしか食べたことがなかったのですが、刺身は本当に絶品でした。
ここで、時間は2時ちょうど。
帰りの船は3時50分なので、1時間ちょっと余裕があります。
ここから岡田港まで直線で約8km。
もう少し北上して空港あたりに行くとサンセットビーチとかあるのですが、どうせ岡田港までまた激坂になると思って、断念しました。(足もやばかったです)
しかし、岡田港までは、たしかにずっと登りですが、だらだらの登りなので、45分でついてしまいました。
そこで、15:50の便から15:25の便に変更して帰ることにしました。
Blog21
東京の方は天気が悪く、途中雨でした。伊豆大島は快晴でしたので運がよかったです。
東京を海から眺める機会はめったにありません。見慣れたビル街ですが、また違った印象にうつります。
あと、いろいろな国からの船が多く、さすが東京は世界から物が集まっているのだと思いました。
Img_4868
今日の走行データです。
総距離、46km。高低差約400m。
家と竹芝の往復46kmで、トータル92km走りました。
最初は40kmくらいとナメてましたが、度重なるアップダウンや絶景など、本当に楽しめましたし、走り応えありました。
今度は、もう少しゆっくり観光できるスケジュールで来たいものです。
 

2012年9月22日 (土)

佐野ラーメン・サイクリング

こんにちは。

先週、佐野までサイクリングに行ってきましたが、アップが遅れました。

本当は、犬吠埼にいって、海鮮丼を食べる予定でしたが、銚子方面は雨という予報になり、急遽佐野まで行くことにしました。

Img_2899

出発です。(笑)
ここには写ってませんが、レーパンがボロボロになってきて、12年も使ったので、そろそろ新調かなぁなどと思ってます。

家から江戸川沿いに、サイクリングロードをひたすら北上すると、野田を過ぎたあたりで、広大な河川敷が現れました。

Img_2901

そこに、キャンピングカーのようなものが置いてあって、何だろうと見ていると、その中からグライダーをだして組み立てているところでした。

Img_2903

これは、グライダーを格納するところでしたね。

Img_2907

近くに、関宿滑空場というのがあり、ここにグライダーが多数ありました。

海で言うマリーナのようなところでしょうか。

Img_2905

しかし、本当に広大な河川敷です。
滑空場になるのも分かる気がします。

そこからさらに北上し、古河市に入り、柳生駅の近くまできました。

Img_2909

ここの道路は、道路の端(路側帯)が途中で未舗装になっていて、そこに突っ込んでしまい、あやうく転倒するところでした、、、、あぶない。

Img_2912

そして、佐野に来たので、佐野厄除け大師に寄ります。

Img_2915

なんか、水子供養が主な感じでしたが、まぁ厄除けしてもらうつもりでお参りしました。

Img_2920

そして、目的のラーメンですが、ほかの方々のブログで掲載されているのですが、ハイペースで疲れていたので、差の厄よけ大師の目の前のラーメン屋さんにしました。

Img_2921

そのまんま、佐野ラーメンです。(笑)

Img_2922

あっさり醤油あじで、面も適度でおいしかったです。
私は、あまり太麺がすきでないので、ちょうど良い太さでした。

そして、出発して80kmですが、暑さでギブアップで帰りは電車です。

Img_2923

結構、佐野駅はきれいでした。

Img_2926

はやく、150〜160kmくらは軽く走れるようになりたいものです。

2012年9月 2日 (日)

パンク多発

こんばんは。

前に、シングルスピードとして生まれ変わったキャノンデールF-700君ですが、最近、パンクが多発しています。

Img_2873

前までは、パナソニックのプチルチューブを使っていたのですが、サイクルベースあさひも、セオサイクルも、なぜかシュワルベばかりになっていました。

まぁ、生活用なので何でも良いかと思って買ったのですが、2週間くらいするとパンクしている(スローパンク?)状態で、もう前後3本くらい交換しました。

Img_2875

そして、パンクの箇所は、いつもバルブの根元のあたりなので、パンク修理もできず、新しいチューブを買っていました。

そして、なんとなく原因らしきものが分かってきました。

Img_2879

なぜか、ホイールのバルブ用の穴とリムテープの穴がズレていました。

これが負荷になってバルブの根元に亀裂が入ったと思われます。
(しかし、、、パナソニックのチューブの時にはなかったと思いますが、、、)

Img_2880

そして、ドライバーで位置を直します。

Img_2881

たまたま外出先で見つけた自転車屋さんにパナソニックのチューブがありました。

しかし、、、約1500円? 前は800円くらいじゃなかったのか?

赤字だから値上げしたのか? だからシュワルベが多く置かれているのか?

など、疑問符が沢山つきますが、まぁ、これで様子を見てみようと思います。

だけど、これで、タイヤ内ではチューブがずれていたりするというのが分かるわけですよね。

チューブレスでは、こういう現象がないため、走りが軽く感じるというのが分かりました。

Img_2878

2012年8月15日 (水)

自転車メンテ&新しいバッテリー

こんばんは。

昨日は、一昨日犬吠埼に行ってきたので、自転車をメンテしました。

Img_2791

チェーンやスプロケ、プーリーなどの汚れを落とし、オイルを注油します。

特に、チェーンやスプロケなど、回転部分は念入りにきれいにしたいですね。
驚くほどスムーズになります。(って、どんだけ手入れしてないかバレますね)

Img_2792

それと、フロントディレイラーの調整をしました。

手首が痛くなるほど重くなってしまい、ワイヤー交換か?と思いましたが、オール105にしてから、まだ半年なので、それもないかもしれません。

ネットで調べたら、テンションが高いせいでは?ということで、FDの可動範囲を外よりに調整して、ワイヤーを取り付け直しました。

前よりは軽くなりましたが、友人のコルナゴの105ほどではなく、やっぱりワイヤーもそのうち交換せねば、、、と思った次第です。

メンテしている間に、犬吠埼ツーリングで苦労したバッテリーの替えがアマゾンから届きました。

Img_2807

エネサイクルEN03というものです。
左が新しいエネサイクルで、右がエネループです。

容量は、エネサイクルが、iPhoneを4回フルチャージできるみたいですが、エネループは小型のものなので1回しかできません。

Img_2808

正面からも、横からも、二まわり大きくなりました。

Img_2793

重量は、238g!
エネループが、80gなので、約3倍ですね。

しかし、重量は3倍でも、バッテリー容量は4倍ですから、パフォーマンスはいいかもしれません。

最初、開封したとき、その大きさと重さにビックリして、ちょっと早まったか?と思いましたが、エネループの大容量のもの(iPHone2回フルチャージ)が4〜5千円くらいを考えると、この容量で2680円ですから、言わずもがなというところでしょうか。

あと、エネループの大容量タイプの重量は170gなので、違いは70gですから、気にするほどでもないでしょう。

4回フルチャージできるということは、バッテリーを全く気にしなくても良いということなので、今後200km以上走れるようになったら有効になるかもしれません。

そこで、FDの調子をみるため、ちょっと出かけてみました。

今日はかんかん照りになるという予報でしたが、朝方曇っていたので、急遽出かけることにしました。

場所は、迷ったのですが、夏なので海がみたくなり、いつもの若洲海浜公園に行くことにしました。

Img_2795

朝の曇った状態ですが、江戸川沿いも、曇っているせいか、幻想的に見えますね。

Img_2798

もやがかかっているせいか、いつもと違う感じです。

Img_2801

若洲海浜公園の前に、葛西臨海公園に寄りました。

出店があり、おもわずかき氷を注文しました。

Img_2802

かき氷に、コーヒーと、ホイップクリーム、カラメルなどで、とってもおいしかったです。

Img_2803

そして、いつもの若洲海浜公園です。
いつ見ても高速が美しいですね。

Img_2804

海は、すこし荒れていて、真っ青ではなく、灰色でしたが、潮の香りなど、雰囲気は良いですね。

FDも、まぁ我慢できるレベルになりましたし、プーリーやチェーンを掃除したせいか、回転はめちゃくちゃスムーズになり、いうことありません。

今日は夏休み最後の日なので、明日から会社ですが、また頑張って働く活力をもらえた気分になりました。

2012年8月13日 (月)

鹿島神宮〜犬吠埼 (後編)

さて、鹿島神宮を一通りお参りしたので、犬吠埼を目指します。

ナビで検索すると、、、、42km?

私の感覚では、10〜20kmくらいでは?と思ったのですが、家から犬吠埼まで100kmあるので、マップで見ると鹿島神宮から犬吠埼はすこしに見えたのかもしれません。

まぁ、気を取り直して124号線を南下します。

ここで、結構強い雨が降ってきたので、近くのホームセンターに雨宿りします。

雨自体は、クールダウンになるので気にしませんが、ナビ用のiPhoneが濡れてしまうので、一旦しまいます。

そして、バッテリー残量20%になったので、充電しながらバッグにしまおうとしたのですが、ここでトラブル発生です。

バッテリーからiPhoneにつなぐケーブルの接触が悪くなってしまったようで、まったく充電されなくなってしまいました、、、、

しかたないので、雨も降っていることから、「銚子」方面のがんばんを頼りにすすみます。

しかし、この124号線は、銚子まで30kmくらい、真っ直ぐの直線で、走りやすいのですが、30kmも直進だと飽きます。(笑)

そして、やっと到着です。

Img_2766

向かっている時は、無理しないで次回にすれば、、、という悪魔のささやきがありましたが、この景色をみたら、がんばって来てよかったと思いました。

Img_2767

このきれいな海! そして、3方が海です。

Img_2769

さっそくですが、有名な灯台に行ってみます。

Img_2772

近くに行くと、灯台や門、ポストまで真っ白でした。

Img_2774

残念ながら、白いポストの写真を撮り損ねました。
名物になっているというのは、あとで気がつきました。(笑)

Img_2775

そして、灯台に入ります。 寄付の200円を払って中に入ります。

Img_2777

ここで、もう一つの誤算! 当然、エレベーターなどなく、階段です。
しかも、99段!

120km走った後では、ちょっときつかったですね。

Img_2778

そして、最後の階段です。 ももがピクピクしました。

Img_2780

それでも、この絶景を見たら、疲れも吹き飛びました。
すばらしい!

Img_2782


Img_2784

本当に来てよかったです。

Img_2787

そして、食事は、いろいろ迷ったのですが、人気2番目の鯛のづけ丼にしました。

これが絶品で、一気に食べてしまいました。

さて、帰りですが、当初の目標は犬吠埼往復200kmでしたが、ここまで120kmですし、時間も14時を過ぎていて、自走で帰るのは難しく、iPhoneのナビも使えないので、あきらめて輪行で帰ることにしました。

犬吠埼から銚子駅まで10kmくらいです。

丁度、臨時特急があり、いそいで支度して乗り込みます。
(この時、急いでいたので、輪行袋の袋を落としてしまいました、、、)

Img_2788

一番後ろの席をとり、自転車は、上着掛けにつり下げるようにしました。

今回は、鹿島神宮と犬吠埼を見れて、130km走り、とても充実したツーリングでした。

よく考えると、やっと100km走れるようになったので、200kmは、徐々に距離を伸ばしていくしかないよですね。

鹿島神宮〜犬吠埼 (前編)

おはようございます。

昨日は天気が心配でしたが、かんかん照りより良いと思い出発しました。

目標は、犬吠埼往復200kmを目指しました。

朝5時出発予定でしたが、寝坊してしまい、5:45出発です。

Img_2707

今日は暑そうだったので、いつものドイターのバッグではなく、昔使っていたキャメルバッグにしてみました。

コンパクトで軽いのですが、タオルと輪行バッグ、ウィンドブレーカーでいっぱいになってしまいました。

まずは、鎌ヶ谷をぬけて464号線にでます。そして59号線にはいり、北相馬郡あたりで利根川に出ます。

Img_2712

ここのサイクリングロードは、とても気持ちがよかったですね。

その後、河内町で橋を渡り、11号線にでます。

しばらく川沿いを走り、51号線に入り、霞ヶ浦をわたって5号線にでると、一面田園風景となり、新潟の田舎を思い出しました。

Img_2714

そして、やっと鹿島神宮近くにやってきました。新神宮橋です。

Img_2715

鹿島神宮駅から少し登ると、鹿島神宮の入り口付近になります。

Img_2717

この町並みは、風情があってよいですね。
夏休みですが、人出はすくないようです。

Img_2719

そして、鹿島神宮の入り口です。

Img_2725

中を歩くと、門があります。

至る所に、BS時代劇のロケ地になったという看板を見ますが、そんな宣伝しなくとも有名ですから、ちょっと控えた方がよいのでは?と思ってしまいました。

日本で神宮がつくのは、明治神宮と伊勢神宮と、この鹿島神宮の3カ所しかないのですから。

Img_2728

中に入ると本堂は改装修理中でした。
その手前の神社でお参りします。

Img_2735

中に入っていくと、大きな杉の木がならんでいます。
雰囲気的には、伊勢神宮に近いかもしれません。

Img_2739

途中で、鹿達がいました。
本当に鹿がいるのですね。(笑)

Img_2743

奥に進むと、重要文化財の奥宮があります。
みんな、屋根が藁葺き屋根になっていて、時代を感じます。

奥宮のさらに奥に、御手洗(みたらし)というところと、要石があるので、まずは御手洗から見に行きます。

Img_2747

小さな池があります。説明文を読むと、干ばつにも耐えた霊泉だそうで、神代の昔御祭神が天曲弓で掘ったとき宮造りの折、一晩で湧水したそうで、いつでも水位が一定なことから七不思議になっているそうです。

Img_2749

透明度の高い池に大きな大木があり、池の中には、コイがいたり、幻想的でした。

そして、最後は、「要石」です。

Img_2762

鳥居のほかに何もないように見えますが、古代における大神奉斎の座位としての盤座(いわくら)とも伝えられる霊石だそうです。

水戸黄門仁徳録によると7日7晩掘っても、掘りきれず、地震抑えの伝説となっているようです。

大きな神社は、本当に心が澄んでくるパワースポットとして、良いところです。

さて、これから目的地の犬吠埼に向かいます。

後編に続く。

2012年7月29日 (日)

サイクリング(若洲海浜公園)

こんにちは。

今日は、若洲海浜公園までサイクリングに行ってきました。

友人のH課長がバイクを新調したということで、シェイクダウンを兼ねて行ってきました。

Img_2615

彼のバイクは、右側のカレラのニトロというモデルです。

ホイールも、マヴィックのキシリウムSLをオーダーしていたのですが、今日には間に合いませんでした。

Img_2616

ちょっと乗らせてもらったのですが、やはりカーボンは、シルキーな乗りあじで、剛性も高く、物欲をくすぐられます。

しかし、私のバイクも、アルテグラのホイールとユッチンソンのチューブレスタイヤで、負けてはいませんでした。

で、試しに、ホイールを交換して、カレラ+チューブレスで試乗してみたら、、、、これがめちゃくちゃ良かったですね。
(当たり前ですが、、、)

Img_2617

市川付近で少し休憩です。

Img_2618

そして、葛西臨海公園にも寄って、ここでも少し休憩です。

Img_2620

そして、若洲海浜公園です。

家族連れが多かったです。

Img_2621

ここには東京ゲートブリッジが通っています。
エレベータで、上まで行けるようなので、行ってみました。

Img_2619

ここを登って行きます。

Img_2624

ビルの8階の高さだそうで、眺めは良いですね。
この画像は、登って行く途中のエレベータ中で撮影したものです。

Img_2626

ここが、歩道に通じる最上階です。

良い眺めですね。

やはり、潮の香り、海風、など海岸沿いは、和みます。

Img_2631

帰りは、四つ木五丁目ラーメン店で、塩ラーメンを食べてきました。

Img_2632

私は、通好みの背脂たっぷりの創作ラーメンよりは、このようにオーソドックスですが、コクがあって、しかもあっさりした塩ラーメンが好きです。

221

今日は、カーボンバイクに乗れたり、東京ゲートブリッジに行ったり、おいしいラーメンを食べたりと充実した一日でした。

2012年7月16日 (月)

自走で箱根神社

こんばんは。

2週間ぶりの更新です。

ちょっと、ひさびさにレザークラフトをやりだして忙しくなってました。

また、新作は次回に紹介します。

昨日は、天気は曇りでしたが、箱根神社に自走で行ってきました。

だいたい100kmくらい走れるようになったので、もう少し走りたいと思い、120km〜150kmくらいのところを探していたら、丁度自宅から箱根神社まで120kmで、折り返し小田原駅までで、トータル140kmということで、あまり考えもせず出発しました。
(箱根峠があるとも知らず、、、、)

ルートは、日本橋を抜けて、品川で15号にでて、そのまま川崎、横浜と順調でした。

曇りだったので、強い日差しがなくよかったのですが、風が結構強くて、しかも向かい風です、、、まぁ、ここまで来てしまったので仕方の無いことですが、、、

藤沢から茅ヶ崎までが、そこそこ登りでちょっと大変でした。

出発は朝の5時ですが、ここまでは順調でした。

しかし、、、茅ヶ崎を過ぎて、海沿いを走ると、強烈な海風の向かい風!と雨!

小田原までずっと雨でした。
ちなみに、私のドイターのバックパックは、カバーが内蔵されていたはずでしたが、場所がわからず探せませんでした、、、バッグの底の部分にファスナーがあり、分かったのは今日ですが、、、(笑)

そして、小田原から箱根まで約17kmというところまできました。

ここから徐々に登りになってきます。

まぁ、これくらいの坂は想定内と思い、進んでいると、急に坂がきつくなってきました。

箱根湯本の近くから、1号線を離れ、732号線に入ります。

この辺から勾配がきつくなってきました。

そして、標高差800mを10kmかけて登ります。

Img_2549

いやはや、箱根駅伝の選手はすごいですね。

Img_2528

急に標高が高くなったので、景色がこんな感じになりました。

なんか、昔王滝セルフディスカバリーというアドヴェンチャーレースに出たことがありますが、そんな景色になってきました。

Img_2533

途中、大天狗山神社がありました。

山奥に突然、豪華な鳥居がでてきたので、思わず写真を撮ってみました。

お気づきかもしれませんが、結構勾配がある坂の途中です。

写真を撮るため、止まっているのも、大変なくらいの勾配です。
(たしか、10%)

Img_2535

もちろん、ここから、ほぼ押しです。
100km走ったあとでは、もう力が残っていません。

そういえば、急な坂になる手前にセブンイレブンがあったのですが、そこには、たくさんのバイカーがいました。

そして、車からバイクをおろすひともいたようで、きっとヒルクライムの絶好のコースなのでしょう。

途中、ランニングで下ってきたおじいちゃんと会話しました。

「この先、まだまだ激坂があるからねぇ」と親切に教えてくれたのですが、結構、こころが折れる寸前になりました。

そして、押すこと1時間半!
やっと到着です。

Img_2537

霧がかかっていて、とても幻想てきです。

Img_2540

今回は、去年11月にお参りにきて、体調もよくなり仕事も順調になってきたお礼をかねてでした。

とりあえず、さっとお参りして、岐路につきます。

Img_2544

下りは、ダウンヒルです。
今までのきつい登りの後の快楽ですね。

登りで暑くなった体でダウンヒルすると、急激に冷えるので、ドイター内蔵のウィンドブレーカーのベストを使います。

ベストといっても、ほとんど全面だけの前掛け状態ですが、これが結構効果ありました。

ダウンヒルは、気持ちよかったのですが、なんせ10%の勾配ですし、後ろから車があおってくるわで、結構大変でした。

ブレーキも、握力が限界になりそうになったので、下ハンドルにしてブレーキを握ります。

しかし、楽しかったツーリングでした。

あの坂や向かい風を含めて140km走破できたことも自信になりました。

そして、チューブレスタイヤも、乗り心地が非常によく、これにも助けられました。

また、距離を延ばして行きたいですね。

Img_2545

Img_2550

2012年6月30日 (土)

キャノンデールF-700シングルスピード化、再チャレンジ

こんばんは。

今日は、しばらく途中でほったらかしにしていた、キャノンデールF-700のシングルスピード化のリベンジしました。

Img_2500

まずは、部屋に持ち込みます。
いや、、、部屋に3台あるとさすがにせまいですね。

Img_2501

まずは、古いチェーンからはずします。

今までは、9速用のチェーンで、シングルスピードのコグに通していましたが、あるスピードになるとコグからチェーンが暴れて外れてしまいました。

そこで、シングル用のチェーンにしてみました。

Img_2499

結構、ゴツいですね。
これは、ピンで止められるようになっていて、チェーンカッターでつけなくてもよくなっています。

Img_2503

そして、取付けてみました。

結構、シンプルな外見で良いですね。

Img_2504

見た目もシンプルです。

本当は、アウターを外そうと思ったのですが、なにか噛ませないと、最後までボルトが絞まりませんでした。

たぶん、バッシュガードかなにかをつけるのがいいのでしょうが、とりあえずはアウターがバッシュガード代わりですね。(笑)

Img_2502

そして、完成です。

チェーンの暴れがなくなったら、急にダイレクトな感じになりました。

こうなると、ホイールも新調したいところですが、、、、、もう少し我慢でしょうね。(笑)

実践投入してみたくなりましたね。

また、レポートします。

2012年6月24日 (日)

自転車通勤、、、

こんにちは。

梅雨にはいってしまったのと、アメフト審判が重なると、なかなか遠出ができなくなりました。

そこで、コツコツと体力作りと思って、6月から梅雨の晴れ間を縫って自転車を始めたのですが、結構効果がでてきました。

ペダリングに集中して、真円に回すようにすると、気がつくと30km以上で巡航していました。

また、帰りは、ほぼ毎回、競争となります。

やっぱり、同類を見ると、頑張っちゃうのでしょうが、私も負けず嫌いなので、負けじとついて行きます。

そんなことをしているうちに、何度か勝てるようになり、巡航速度もあがってきたのです。

もっと継続すれば、諸先輩方のように200km以上走れる脚力が手に入れられるのでしょうか、、、、(笑)

自転車ツーキンで、自転車を長時間止めておくのですが、私が置いているところは、管理人付きで安心です。

Img_2443

サンダーバードの基地のようなかんじで、地下に入って行きます。

もちろん、出る時には、エスカレーターのようなアシスト付きです。

Img_2449

このように、ゲートと料金支払機があります。
なるべく、管理人室に近いところに止めるようにしています。

Img_2448

地下と言っても、結構広いですね。

Img_2447

私の自転車は、このように上の段に置いています。

管理人がいつもいるので、ヘルメットとかグローブまで、鍵をつけて置いて行っちゃいます。

そして、駅前のトイレで着替えます。
朝早くは、掃除したばかりできれいですよ。

自転車ツーキンするようになって、やっぱり右側通行する人が多いことにがっかりしてしまいます。

いままで、路側帯は左右の制限がないということで、あきらめていましたが、改めて調べてみると、、、、路側帯は、歩道のない道路で歩道の代わりに歩行者用のスペースを確保する場所だそうで、歩道のある道路は路側帯はないそうです。

つまり、歩道がある道路で、車道の左端の線は路側帯ではなく、左端をしめす線だそうです。

これですっきりしました。

やっぱり、歩道のある道路の車道を右側通行するのは、道路交通法違反で逆走になるようですね。

なかなか注意できませんが、機会があれば教えてあげようかと思ってます。

ではでは。

より以前の記事一覧

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク