フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

趣味

2012年8月25日 (土)

スコッチグレイン

こんばんは。

前に、上司からグッチの靴をもらいました。
ネットで調べたら7〜8万もするものでした。

その軽さは半端ない軽さで、履き心地抜群でした。

そして、結婚式など、ここ一番の時に使った勝負靴でもありました。

しかし、日常の靴がくたびれてきたので、やむなく、普段の通勤にも使うようにしたのですが、1年もたたず、靴底が割れてしまいました。

Img_2837

そこで、以前から気になっていた、日本の手作りの靴メーカーであるスコッチグレインを試してみました。

丁度、上野駅構内に店舗があるので、通勤の途中で寄れます。

店舗は、広くはないのですが、すっきりして清潔感ある感じです。

Img_2835

靴の種類は、トラディショナルなものから、すこし今風の先が長いものなどありますが、手作りなので、価格帯が4万くらいが主流で手が出ません。

そんな中、ソールはラバーですが、その他は手作りで2.1万円という再廉価モデルがあったので履いてみました。

Img_2833

まず、びっくりしたのが、足裏マッサージのように、対面で店員さんが座って、足のサイズの計測やフィッティングを行ってくれることでした。

そして、気に入ったデザインのサイズを持ってきてくれて、両足の試着試着です。

ちゃんと紐までしばってくれます。

Img_2834

ということで、履いてみて、しばらく歩いてみると、めちゃくちゃフィットしてきました。

フィットしてくると、靴の重量も軽く感じられ、以前のグッチの靴なみの感覚になってきました。

ここまでくると、断る理由がなく、買ってしまいました。

Img_2836

そして、グッチの靴もせっかくなので修理しようと思い、見積もってもらったところ、ソールの張り替えとかかとを合わせて1万4千円くらいだそうで、それだったらスコッチグレインをもう1足買った方がよいかも、、、ということで保留にしました。

靴を換えると、気持ちも引き締まりますね。

有名ブランドではないですが、日本の手作りのものとして、あらためて見直しました。

2012年4月15日 (日)

ご無沙汰です(輪行袋とIDカードケース)

こんばんは。

ご無沙汰しております。

最近、先週から今週まで、システム入れ替えの立ち会いで、徹夜&土日出という状況で、ブログを更新できませんでした。

しかし、日曜日に自転車で会社に行ったりと、ロードには乗れているので、休み無しという感じではありません。

さて、最近、忙しいせいか、買い物に走ってしまっています。

まずは、輪行袋です。

5月の連休に、ちょっと遠出しようかと思っていまして、もっと軽い輪行袋があればとおもってネットを見たら、タイオガのコクーンというものがあり、重さは300g弱のモデルです。

前輪を外すだけのもので、電車内ではかさばりますが、組み立てが簡単で、バイクのフレームに傷がつきにくいということです。

Img_2118

手に持った感じですが、どうですか?
ちょっとしたウィンドウブレーカーのようですね。

Img_2121

前のものとの比較です。

大きさは、そんなにかわらないかもしれませんが、重さは約半分です。

やはり、1kgちかくあると、気軽にいつもバックパックにいれておくという気持ちにはなれませんね。

これでバンバン輪行をしようかと思っています。

あと、全然話は変わりますが、会社のコピー機がかわり、IDカードでプリントアウトやコピーができるタイプになりました。

そうすると、自作のIDカードケースでは、出し入れが面倒になり、困ったところで、作ってみようと思いましたが、それも、前ほど情熱がわかず、、、(小物はミシン縫いでないと高級感がでないということで、、、)、いろいろ調べていたら、財布とか買ったGANZOで良いIDホルダーがあったので、思わずぽちっとしてしまいました。

Img_2128

いつもの箱です。
高級感があって、良いですね。

Img_2129

これも、いつもの袋に入っています。

Img_2130

これが、IDカードケースです。
ネットで5800円でした。

IDカードケースは、ネッドで調べたところ、オロビアンコが8000くらい、土屋鞄もそれくらいでした。

デザイン的には、オロビアンコが良かったのですが、高かったのと、新しくこられた上司が既に使っていたので、却下しました。

GANZOのものは、安くて加工も丁重でとっても満足感がありますね。

Img_2131

大事にしたいと思います。

2012年2月22日 (水)

靴べら(スコッチグレイン)

こんばんは。

今日は、薬の副作用で具合が悪くなり、会社を早退しました。

しかし、帰りの電車のなかで、気分がよくなってきたので、駅の中をうろうろしていました。

上野駅の中に、SCOTCH GRAINという日本の手作り靴メーカーのお店が入っています。

http://www.scotchgrain.co.jp/

MONOマガジンなどで紹介されたそうですが、伝統的なデザインに堅実な作りが売りとなっています。

製品は、4万近くするものが多いので、ちょっと手が出ませんが、靴べらくらいならということでのぞいてみました。

前に、リーガルのプラスチックの靴べらに革をかぶせて作ったことがあるのですが、なぜか無くしてしまい、靴べらがなくて困っていました。

Img_1405_2


いろいろみたのですが、革製品のですと、5千円〜8千円くらいで、これも手がでませんが、スコッチグレインのは3千円とお手軽なので、買ってみました。


Img_1901

これが買ったときの状態です。


Img_1902


コバの仕上げも良好ですね。

革だけではなく、たぶんプラスチックにかぶせた製品かと思いますが、この仕上がりで3千円は納得です。

Img_1903


こうなると、靴も欲しくなりますねぇ。
いずれ、手に入れたいものです。

2011年9月16日 (金)

GANZO小銭入れ

こんばんは。

みなさんに体調を心配していただいたおかげで、なんとか入院せず、回復に向かっています。
ありがとうございました。

なので、天気がいいのですが、自転車ツーキンもできず、今日はデパートをぶらぶら見ていました。
次に作ろうとしている鞄のデザインの参考になればとおもって行ってきました。

そしたら、GANZOというメーカーの財布が置いてありました。
ネット販売では人気で全然品切れ状態だったのですが、さすが高島屋は在庫があったようで、一瞬考えましたが、即決で買ってしまいました。

前から財布を買い替えようと思っていて、いろいろ悩んでいたところにGANZOを見つけました。

私は長財布で小銭入れ無しのタイプと小銭入れを合わせて使います。大方の長財布は小銭入れ付きになっているのですが、女性の財布のようで私は好きではありません。

候補としては、土屋鞄やHERZのような手作り製品から、ダンヒルなどのメーカー品を探したのですが、今ひとつピンとこなくて困ってました。

GANZOの製品を直にみたら、その作りのすばらしさに参ってしまい、即決してしまった次第です。

小銭入れで1万6千円と高価なのですが、とても気に入ってしまいました。

Img_1099_resize1

これは外箱です。
このメーカーは結構古くからやっているようで、マークが歴史を感じさせます。

Img_1101_resize1

箱を開けると、布袋に入っていました。

Img_1102_resize1

これが馬蹄型の小銭入れです。
革は、コードバンを使用していますので、とても軽量です。

Img_1103_resize1

開けるとこんな感じです。
まだ新品なので、開けるのにとても力を要します。
とってがとれちゃわないかヒヤヒヤしますが、これはとれてもタダで修理してくれるそうです。

Img_1104_resize1

新旧比較です。
右側が古い小銭入れです。
ズボンのポケットに突っ込みっぱなしだったので、くたびれていますね。

今度は、ポッケにはつっこめません。(もったいなくて、、、)

末永く大事に使おうと思ってます。
年末には長財布を買えるよう頑張らないと、、、、

(キャップを無くさなくて、キップ切られなかったらなぁ、、、)

2011年6月18日 (土)

G.T. HAWKINS ADVENTURE

こんにちは。

今日は、ぷらっとヨーカドーをぷらぷらしていたら、ABCマートで、サンダルとスニーカーのあいのこを見つけました。

前から、KEENというメーカーのサンダルが欲しかったのですが、お値段が一万円以上するものです。

所ジョージも、気に入っていて、何足かもっているらしいのですが、サンダルに一万円以上?ということで買えずにいたところに、ホーキンスのサンダルを見つけました。

Img_0863_resize1

ちょっと、パクリかな?と思わせるデザインですが、軽量なのと水の中OKという仕様で、しかも3990円!
衝動買いです。即決で買ってしまいました。

でも、Gパン用のスニーカーがボロボロになったので、スニーカー代わりにもなり、夏場に素足ではけるということで、良い買い物しました。

こういうショップも見てみるものですね。

2011年6月 5日 (日)

レザークラフト 女性用バッグ斜め掛け (外身)

こんばんは。

前から、うちのかみさんに斜め掛けのポシェットを作ってほしいというリクエストがあったのですが、2ヶ月かけてやっと完成しました。

Img_0846_resize1

結構、苦労したので製作過程をUPします。

まずは、外身です。

前まで、縫い方は、外側で縫い付けるやり方でしたが、今回は内縫い?に挑戦してみました。(縫ったあとに、ひっくり返すやり方)

Img_0797_resize1

まずは、外側を縫います。
ここまでは簡単です。
どうせ内側になって見えなくなると思うと、いい加減でできるので、気が楽です。

Img_0799_resize1

両サイド縫います。

裏側で縫うと、菱目打ちであけた穴が見えづらく、針を通すのに苦労しました。

Img_0800_resize1

四方を縫ったのが、このように裏返しになります。

Img_0802_resize1

これをひっくり返すと、こうなります。

Img_0803_resize1

ここまでは、すぐにできましたが、内側をどうするかで悩みました。

きちんとポケットを付けないと、使い勝手がかなり違ってくるからです。

結局、ファスナー付きと無しとで、全面と背面にポケットをつけることにしました。

裏地は、ナイロンの布地を買ってきたのですが、運悪くミシンが壊れて修理にだすはめになってしまったので、前に買ったピッグスキンを使うことにします。

後編に続く。

2011年5月 5日 (木)

布の街

こんにちは。

今日は、所ジョージの世田谷ベースを見に、玉川高島屋へ行く予定でしたが、天気が良くなくて少し疲労感も出てきたので、中止にして家でゴロゴロすることにしました。

しかし、昨日ポジション調整をして、ハンドル位置を下げた効果を確認したくなり、革専門店がある日暮里まで行くことにしました。 ポジションは、程よく前傾姿勢になり、風の抵抗も少なくなり、少し快適になりました。 日暮里に着いて廻りを見渡すと、洋裁の布地屋さんがたくさんありました。

1304586266187.jpg 1304586268847.jpg 1304586270527.jpg 革専門店も、めちゃくちゃ安かったです。 あと、バッグの裏地も安くありました。

メーター三百円とか、普通の生地より安いです。
今日は思わぬ収穫がありました。

2011年1月 3日 (月)

時計コレクション

こんばんは。

先ほど、新しい時計を買ったことをアップしましたが、過去の所持している時計を紹介します。

まずは、これです。

Img_0554_resize1

一時期、Gショックにはまっていた時期があり、少し集めていたものです。
左から、マッドマン、SURFRIDERバージョン、サンゴモデルのデータが記録できるものです。

SURFRIDERバージョンは、初めて買ったGショックです。10年以上前でしょうか、、、よくこれをつけて海に潜っていました。

マッドマンは、アメフトの審判をしていて、雨の試合など泥んこになってしまうために買ったのですが、ボタン操作などちょっと使いづらかったです。
雨の泥んこの日は、普通のG-SHOCKでも十分でした。

右の珊瑚モデルは、親父にプレゼントしたものですが、あまり使ってなかったようです。

3つとも電池切れですね。
G-SHOCKは、電池交換の際に、防水性や耐震性を確認するために、結構なお金がかかりますので、結局、新しいのを買ってしまってました。

次は、この時計です。

Img_0552_resize1

アメフトの社会人日本一決定戦である、Japan X Bowlの前身で、東京スーパーボウルという大会名だったころのもので、その審判をさせていただいたときに頂いた記念の時計です。

Img_0551_resize1

次は、服飾メーカーのJUNMENのポイントでもらった時計です。
私は、ファッションにこだわりがなく、店員さんに選んでもらう方がいいので、いつもJUNMENでしかスーツを買ってません。
それが、年月がたつとポイントが貯まるもので、時計とかえてもらいました。
しかし、ポイントは数十万分ですが、これは中国製のシチズンの自動巻です。

最初は良かったのですが、後半は一日に1分以上進むので、毎日時刻合わせは面倒になってしまいました。

デザインは気に入っていて、たま〜につける時があります。
結婚式などに良くつけていきました。

次は、SWATCHのアイロニー・クロノです。
Img_0550_resize1

文字盤の白い黒のが欲しくて買ってみました。
買ったときは、ちょっと地味だったこともあり、しばらく使ってませんでしたが、ベルトを革にしてみたら、ちょっとシックになりましたので、たまに使っています。
電池交換を自分でできる(10円玉で開けられる)のもいいところです。
ただ、ガラスがプラスチックのようで、細かい傷がついてしまっているのが残念です。

Img_0549_resize1

そして、最近愛用している時計がこれです。
これはセイコーの輸出専用のモデルを逆輸入したもので、黒のブラックモンスターというのとオレンジのオレンジモンスターとタイプがあり、これは見ての通りオレンジモンスターです。

会社で使うにはハデかなぁと思いつつ、ダイバーウォッチの標準の色がオレンジ?なことと、ちょっとシャレて見えるため、愛用しています。

しかし、モンスターという名前がつくとおり、とにかくゴツくて重いです。
自動巻なので、時刻はくるいます。
最初は、結構正確だったのですが、年月がたつと次第に遅れるようになり、1日に1回は時刻合わせが必要です。
自動巻はオーバーホールが必要なこともマイナスですね。
何十万もするブランド時計だったら、メンテナンスするでしょうが、2万円くらいの時計をオーバーホールするかといったら、、、、しないでしょうね。(笑)

Img_0553_resize1

そして、審判用に買ったG-SHOCKです。
ソーラー電波で、楽ですね。操作性も良いです。
ただ、デザイン重視で、液晶が反転しているタイプにしたので、少し見づらいところがありますが、結構気に入っています。

そして、番外編ですが、、、、CATEYEの心拍計付き時計です。
Img_0556_resize1

これはマウンテンバイクで山を走るときに、つける心拍計です。

最近、病気で山に行っていないので、出番が少ないですね。
まぁ、これは時計というよりは、心拍計で使ってますから、普段はしたことありません。

まぁ、、こんな感じで、安い時計を集めていたというより、集まってきたという方が正解かもしれません。

ほとんど、電池切れと故障しかけの自動巻ですが、、、、

ということで、今後は、シチズンのアテッサ君がメインになるでしょう。

Img_0555_resize1_3

新しい時計

こんばんは。

正月2日目で、今日は初売りなどで、街はにぎわっていました。

今日は、娘は原宿に買い物、私は近場のビックカメラに時計を見に行きました。

というのも、娘の進学祝いに、ちょっと高価な時計をプレゼントしたのですが、、、、なんというか、私も欲しくなっちゃいまして今日買ってきました。

理由としては、、、

1.娘の時計を買った時に、ポイントが4千円以上ついたこと。
2.家内の両親からお年玉をもらっちゃったこと。
  (たぶん、毎週の病院の送り迎えを家内がやっていたお礼だと思うのですが、、、)
3.風水で、少しステイタスをもてる正確な時計が運をもたらす、、、、ということにつられて、、、
4.完全に物欲です。

というものです。

時計は、好きで安い時計をいくつか持っていますが、ステイタスを感じる時計はもっていなかったので、50歳を期に、所持したいなぁというのが素直なきっかけです。

で、選んだのがこれです。

Img_0555_resize1

シチズン アテッサです。
ECOドライブ(ソーラー電波時計)です。

前までは、男の時計の趣味といえば自動巻だったのですが、なんせ安物しか持ってないので、ちょっと正確でなくなったことと、気分で時計を換えるときに、いちいち時刻を合わせなければならないのが、おっくうになってきました。

勝間和代さんが、時刻に正確な時計を手に入れたということを番組でやっていたのも後押しされました。

そこで、いろいろ調べてみると、SEIKOとCITIZENとCASIOが主なメーカーですね。

最近のはやりとして、クロノグラフ的に、文字盤いっぱいに秒針とかついているのが流行のようで、カシオのオシアナスが人気のようでした。

しかし、私はシンプルで高級感があるものがいいという基準で探してみました。

ネットで、だいたい割引後3万前後のものに当たりをつけて、ビックカメラに行ってみました。

しかし、、、、実物を見ると、高級感というのはずいぶん違うものだと思いました。
特に、シンプルな時計は、その違いがでるそうです。

店員さんに聞いたところ、ソーラー電波はシチズンが最初に出した技術なので、他メーカーより一日の長があるそうです。
文字盤も、太陽電池でありながら高級感あるものにできているそうです。
セイコーは、その辺はまだ及ばないらしく、クロノグラフ的にして誤摩化しているそうです。(店員さん曰く)

最近は、カシオも高級感をうまく出してきたようで、本当に悩みましたが、中途半端はやめようと思い、シチズンにしました。

アテッサの上位にエクシードがあるのですが、さすがに12万以上するので、そこまで無理をしてまでということで、そこはもう少し余裕ができてからにすることにしました。

候補でシチズン、セイコー、カシオを出してみてもらい、はめてみてビックリしたのですが、それぞれチタン製なので、驚くほど軽いです。

普段使いとしては、時計をしていることを忘れるくらいなので、思ったよりいいですね。

機能は、ソーラー電波なので、あとはデザインと高級感というか、好みになるのでしょうか。

本当に、前までは、時計といったら、海外ブランドの自動巻と思い込んでいましたが、チタン製のソーラー電波時計、結構満足度が高かった買い物でした。
(財布にはつらかったですが、、、、笑)

2010年10月17日 (日)

iPhoneケース

おはようございます。

昨日は、会社の友人から譲ってもらったiPhoneケースを白に塗りました。

これは、背面にSuicaなどのカードを入れられるケースで、お財布ケータイみたいなるものですが、色が赤と黒のグラデーションだったので、白に塗りました。

5887B008-C100-45B8-8EB0-378DA522FADB

やっぱり、なんかいじらないと気が済まないのかもしれません。(笑)

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク