フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« 2012年11月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

ギター ちょい改造

こんにちは。

暖かくなったり、寒くなったりと、気温の変化が激しい日が続いています。

今日は、雨なので、家でギターのちょい改造をやってみました。

Img_3400

これです。

私のギターは、シンプルにトーンコントロールを外して1ボリュームのみとしていました。
なので、ピックアップから出力までボリュームのみを通していましたが、ネットで調べてみると、ピックアップから出力までのあいだにコンデンサをつないでいます。

理由は、ボリュームを絞ると音がこもるので、コンデンサをつないでハイだけ通すというものだそうです。

そこで、標準的な0.001μFをつないでみます。
Img_3401
大きさはこんな感じです。
コンピュータ用なので、めちゃくちゃ小さいですね。

ラジオ用などは、肌色のもう少し大きいタイプでしたが、、、

Img_3402

わかりづらいですが、赤い線の下にコンデンサをつないでみました。

ついでに、ブリッジ側のタップスイッチをとってみました。

これで、ブリッジ側は、いつもハムバッキングとなり、フロントはシングルとハムバッキングを切り替えられるようになりました。

しかし、、、きたない配線ですねぇ、、、
音は、ボリュームを絞ると、音量はさほど小さくならずに、歪みがすくなくなるという感じになりました。

コンデンサ値は、もう少し容量が少なくても良かったかもしれません。
しばらく使い込んでから、チューニングしてみようかと思います。

2013年3月 5日 (火)

レザークラフト(トートバッグ&長財布)

こんばんは。

今日、やっと出来上がったソフトダレスを持って出社しました。
評判は上々で、5万円くらいの評価をもらいました。
今日は、かみさんの誕生日にプレゼントしたバッグと長財布を紹介します。
Img_3209
これは、財布用にとっておいた革ですが、かみさんが気に入ってしまい、バッグにすることにしました。
ちょっとコーチっぽく、ふちを白い革でくるみます。
Img_3210
大きさは、ヴィトンのネヴァーフルMMよりちょっと大きめにしてみました。
Img_3211
内装は、一番苦労したところですが、ミシンの扱いにも慣れてきました。
次は、長財布です。
Img_3355
前に、お札も入る小銭入れを作って、その使い心地がよくて、しばらく使っていましたが、やはりお札は折り畳まないと入らないので、おつりをもらった時など、いちいち畳むのが面倒なのと、ちょっと高級そうな長財布が欲しくなり、作ってみました。
Img_3358
中はシンプルに、片側にお札入れ、もう片側にはカード入れ、真ん中は、小銭入れとポイントカード入れにしてみました。
Img_3360
こんなかんじです。
Img_3361
使い心地は、とても良いのですが、どうしても根元の方のカードが取り出しにくかったりしますので、もう少し余裕をもたせればよかったと思いました。
で、お、とても気に入った作品です。
この3作品で、ほとんど土日がつぶれてしまいました。
これから、かみさん用の財布を頼まれていたりと、バックオーダーを抱えてうれしい悲鳴ですが、少し暖かくなり、そろそろ体力作りしないとサイクリングで遠出できません、、、、(笑)

2013年3月 4日 (月)

レザークラフト(ソフトダレスバッグ)

こんばんは。

超お久しぶりです。
去年の12月から、超多忙となり、ブログの更新をお休みしていました。
その間、アメフトの関東選手権であるA-ZUMA BOWLの審判をさせてもらったり、かみさん用のトートバッグや長財布など作りましたので、また後で報告します。
まずは、ダレスバッグを作ってみたので、記事にしてみました。
元になったのは、HERZという手作り革製品メーカーで出しているソフトダレスバッグです。
Photo
型番はC-68というもので、HERZ の中ではベストセラーだそうです。

今まで、鞄はビジネストートと大きめのトートを作りましたが、かちっとしたビジネス用が欲しくなり、作ろうと思いました。
まずは、口金作りです。
Th_img_3271
2mm厚さのアルミの板を買ってきて手で曲げます。
このとき、角がきれいにラウンドするように、台座の木を加工して、それにそって曲げます。
Th_img_3276
これが作った口金と、革です。
この黒の革は、本当に良い素材で、ほれぼれするオイルレザーですが、お値段は3800円と、リーズナブルです。
Th_img_3278
曲げた口金に、手カン用の穴をあけます。
木工用のドリルだと思うのですが、アルミはやわらかいので、なんとか開けられました。
Th_img_3279
こんな感じです。
一番最後に取り付けますが、まずはイメージです。
実は、この時に手カンの間隔を1cm間違って狭く作ってしまったので、再度穴を開け直しています。
Th_img_3325
そして、持ち手を作ります。
作り方は、インターネットを調べるといろいろ載っていましたが、HERZ方式で、厚い皮を二重にして、その上からかぶせるように作ることにしました。
構造は単純ですが、加減などわからなくて、試行錯誤し、この持ち手だけで丸一日かかってしまいました。
Th_img_3327
完成したところです。
革が上質なせいか、めちゃくちゃ持ちやすいというか、持った感じが気持ちいいです。
Th_img_3331
本体の加工を行います。
まずは、背面のファスナーの取り付けです。
私は、ファスナーが苦手で、仕上がりが波打ってしまうのですが、今回も失敗し、やり直しています。
Th_img_3329
なんとかまっすぐに縫えました。
Th_img_3332
そして、内側を縫い付けます。
ステッチの色は紺色にしました。
ステッチは、いろいろ悩んで、TSUMIをイメージして赤にしようか、青にしようか考えましたが、ちょうど紺色があり、めだたず、黒よりひと味ちがう仕上がりになり、結構満足しました。
Th_img_3333
そして、両脇(両サイド)を縫い付けます。
裏面縫いなので、仕上げを気にせず縫えますね。
Th_img_3336
両面を縫うとこんな感じです。
う〜ん、本当に革が美しいです。
Th_img_3337
裏返すと、こんな感じです。
だいぶ形になりましたが、ここからが長かったです。
口金の取り付けなど、試行錯誤しました。
Th_img_3342
口金を取り付ける前に、バックルなど、小物を取り付けます。
Th_img_3345
そして、いよいよ口金の縫い付けです。
はたして、ちゃんと開閉できるのか、すっごく不安でした。
Th_img_3346
もう片側も縫い付けます。
だいぶ形になってきました。
Th_img_3347
そして、やっと完成です。
いやぁ〜、苦労しました。
まるまる1ヶ月半かかりました。(毎週土日を黙々と製作にあたってました)
Th_img_3348
Th_img_3350
Th_img_3351
なかなか、自分でも満足できる作りですね。
前のバッグは、専門店に行くと、「手作りですね」と言われたことがあり、それが悔しくて、市販のものと区別できないものを作ろうと思ってました。
今回は、まるまるコピーで、オリジナリティが全くないのですが、仕上がりには、まぁ満足しています。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年4月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク