フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« レザークラフト(小銭入れ) | トップページ | 鹿島神宮〜犬吠埼 (後編) »

2012年8月13日 (月)

鹿島神宮〜犬吠埼 (前編)

おはようございます。

昨日は天気が心配でしたが、かんかん照りより良いと思い出発しました。

目標は、犬吠埼往復200kmを目指しました。

朝5時出発予定でしたが、寝坊してしまい、5:45出発です。

Img_2707

今日は暑そうだったので、いつものドイターのバッグではなく、昔使っていたキャメルバッグにしてみました。

コンパクトで軽いのですが、タオルと輪行バッグ、ウィンドブレーカーでいっぱいになってしまいました。

まずは、鎌ヶ谷をぬけて464号線にでます。そして59号線にはいり、北相馬郡あたりで利根川に出ます。

Img_2712

ここのサイクリングロードは、とても気持ちがよかったですね。

その後、河内町で橋を渡り、11号線にでます。

しばらく川沿いを走り、51号線に入り、霞ヶ浦をわたって5号線にでると、一面田園風景となり、新潟の田舎を思い出しました。

Img_2714

そして、やっと鹿島神宮近くにやってきました。新神宮橋です。

Img_2715

鹿島神宮駅から少し登ると、鹿島神宮の入り口付近になります。

Img_2717

この町並みは、風情があってよいですね。
夏休みですが、人出はすくないようです。

Img_2719

そして、鹿島神宮の入り口です。

Img_2725

中を歩くと、門があります。

至る所に、BS時代劇のロケ地になったという看板を見ますが、そんな宣伝しなくとも有名ですから、ちょっと控えた方がよいのでは?と思ってしまいました。

日本で神宮がつくのは、明治神宮と伊勢神宮と、この鹿島神宮の3カ所しかないのですから。

Img_2728

中に入ると本堂は改装修理中でした。
その手前の神社でお参りします。

Img_2735

中に入っていくと、大きな杉の木がならんでいます。
雰囲気的には、伊勢神宮に近いかもしれません。

Img_2739

途中で、鹿達がいました。
本当に鹿がいるのですね。(笑)

Img_2743

奥に進むと、重要文化財の奥宮があります。
みんな、屋根が藁葺き屋根になっていて、時代を感じます。

奥宮のさらに奥に、御手洗(みたらし)というところと、要石があるので、まずは御手洗から見に行きます。

Img_2747

小さな池があります。説明文を読むと、干ばつにも耐えた霊泉だそうで、神代の昔御祭神が天曲弓で掘ったとき宮造りの折、一晩で湧水したそうで、いつでも水位が一定なことから七不思議になっているそうです。

Img_2749

透明度の高い池に大きな大木があり、池の中には、コイがいたり、幻想的でした。

そして、最後は、「要石」です。

Img_2762

鳥居のほかに何もないように見えますが、古代における大神奉斎の座位としての盤座(いわくら)とも伝えられる霊石だそうです。

水戸黄門仁徳録によると7日7晩掘っても、掘りきれず、地震抑えの伝説となっているようです。

大きな神社は、本当に心が澄んでくるパワースポットとして、良いところです。

さて、これから目的地の犬吠埼に向かいます。

後編に続く。

« レザークラフト(小銭入れ) | トップページ | 鹿島神宮〜犬吠埼 (後編) »

MTB、自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559162/55411899

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島神宮〜犬吠埼 (前編):

« レザークラフト(小銭入れ) | トップページ | 鹿島神宮〜犬吠埼 (後編) »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク