フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

サイクリング(若洲海浜公園)

こんにちは。

今日は、若洲海浜公園までサイクリングに行ってきました。

友人のH課長がバイクを新調したということで、シェイクダウンを兼ねて行ってきました。

Img_2615

彼のバイクは、右側のカレラのニトロというモデルです。

ホイールも、マヴィックのキシリウムSLをオーダーしていたのですが、今日には間に合いませんでした。

Img_2616

ちょっと乗らせてもらったのですが、やはりカーボンは、シルキーな乗りあじで、剛性も高く、物欲をくすぐられます。

しかし、私のバイクも、アルテグラのホイールとユッチンソンのチューブレスタイヤで、負けてはいませんでした。

で、試しに、ホイールを交換して、カレラ+チューブレスで試乗してみたら、、、、これがめちゃくちゃ良かったですね。
(当たり前ですが、、、)

Img_2617

市川付近で少し休憩です。

Img_2618

そして、葛西臨海公園にも寄って、ここでも少し休憩です。

Img_2620

そして、若洲海浜公園です。

家族連れが多かったです。

Img_2621

ここには東京ゲートブリッジが通っています。
エレベータで、上まで行けるようなので、行ってみました。

Img_2619

ここを登って行きます。

Img_2624

ビルの8階の高さだそうで、眺めは良いですね。
この画像は、登って行く途中のエレベータ中で撮影したものです。

Img_2626

ここが、歩道に通じる最上階です。

良い眺めですね。

やはり、潮の香り、海風、など海岸沿いは、和みます。

Img_2631

帰りは、四つ木五丁目ラーメン店で、塩ラーメンを食べてきました。

Img_2632

私は、通好みの背脂たっぷりの創作ラーメンよりは、このようにオーソドックスですが、コクがあって、しかもあっさりした塩ラーメンが好きです。

221

今日は、カーボンバイクに乗れたり、東京ゲートブリッジに行ったり、おいしいラーメンを食べたりと充実した一日でした。

レザークラフト(娘のトートバッグ)

こんにちは。

先週、やっと自分のトートバッグが完成したことを記事にしましたが、娘から余った革でバッグを作ってほしいというリクエストがあり、もうひと頑張りしました。

Img_2595

まずは、外側を作ります。

このように縫い合わせるのですが、今回は、余った革ということで、多少つぎはぎになってしまいました。

Img_2597

ちょっと、裏側の縫合が強引でしたが、まぁ、よく見えないとこですし、よしとします。

Img_2596

そして、底板を入れます。


ここまでは、順調でしたが、ハンドルまでの革が余ってませんでした。

まえに買った既製品のサドルレザーのハンドルもありましたが、全部で長さが45cmしかなく、固定する部分を抜くと、40cmをきってしまい、ぎりぎりの長さになっていまいます。

そこで、金具で接合し、長さを足す方法にしました。

Img_2598

これが、その足すパーツです。

そして、今回は女の子用ということで、内張りもチェック柄のものにしてみました。

Img_2604

Img_2605

バッグ作りをするときは、こんなかんじで部屋がぐちゃぐちゃになってしまいます。

Img_2611

そして完成です。

大きさは、私のトートの一回り小さい大きさです。

しかし、定番のグッチのハートビットやヴィトンのトートよりは一回り大きくなっていて、たくさん入るというリクエストに答えています。

これで、牛半分のレザー7千円の元は取れたかと思います。

上の娘も作ってほしいとリクエストがあり、、、大変です。(笑)

2012年7月21日 (土)

レザークラフト(トートバッグ)

こんにちは。

去年の11月に、イタリアン・オイルレザーが安くあったので、その美しさに買っておきました。

Img_1075

しかし、デザインがなかなか決まらず、ずっとほっておいてました。

梅雨の間、ちょっとやってしまおうと思い仕掛りました。

Img_2511

まずは、ざっくり本体を縫い合わせます。

Img_2508

ひっくり返すとこんな感じになります。

Img_2507

そして、これからが大変になります。

ハンドルの取り付けと内装です。

家と同じで、外側はすぐできますが、内装は結構時間がかかります。

Img_2517

これは、ハンドルを縫い合わせる穴をあけているところです。

Img_2518

そして、ハンドルを縫い合わせます。
結構、細かい作業です。

Img_2551

今度は、内装を仕掛かります。

内装には、帆布(はんぷ)を使いました。
厚手の8号ですが、もう少し薄手の11号でもよかったかもしれません。

帆布は、裁断すると、ボロボロとほつれていくので、革で裁断面をカバーします。

Img_2552

これも、革用のミシンがないので手縫いします。

Img_2553

そして、初のミシンを使います。
内側のファスナーやポケットなど、全体の組み立てもミシンで仕上げます。

Img_2554

ミシンがあれば、サクっとできると思ったのですが、なかなか真っ直ぐにするのが意外と難しかったです。

Img_2556

そして、サイド面を縫い、鞄のかたちに仕上げます。

Img_2557

内装を鞄にいれて、縦のサイズ合わせをします。

Img_2583

内装とかばんの上部を折り返して縫い合わせます。

Img_2584

内側の大きめのマチ付きポケットを固定するホックを取付けます。

Img_2585

そして、完成です。
鞄は、前に自作したので、今回は大きめメンズ・トートバッグを作りました。

これで、本とか沢山入ると思います。

Img_2587

内側も使いやすいように、ファスナーとポケットを付けています。

また、両サイドには、傘入れとペットボトル入れを作りました。

Img_2586

反対側は、大きめのポケットで、雑誌や書類が入れられるようにしています。

ミシンも結構楽しかったですね。

しかし、トータルで丸々7日は費やしてしまいました。

梅雨時の内職にもってこいですね。

やっぱり晴れたら自転車に乗りたくなりますからね。(笑)

娘も欲しいということで、余った革で作ってみようかと思います。

2012年7月16日 (月)

自走で箱根神社

こんばんは。

2週間ぶりの更新です。

ちょっと、ひさびさにレザークラフトをやりだして忙しくなってました。

また、新作は次回に紹介します。

昨日は、天気は曇りでしたが、箱根神社に自走で行ってきました。

だいたい100kmくらい走れるようになったので、もう少し走りたいと思い、120km〜150kmくらいのところを探していたら、丁度自宅から箱根神社まで120kmで、折り返し小田原駅までで、トータル140kmということで、あまり考えもせず出発しました。
(箱根峠があるとも知らず、、、、)

ルートは、日本橋を抜けて、品川で15号にでて、そのまま川崎、横浜と順調でした。

曇りだったので、強い日差しがなくよかったのですが、風が結構強くて、しかも向かい風です、、、まぁ、ここまで来てしまったので仕方の無いことですが、、、

藤沢から茅ヶ崎までが、そこそこ登りでちょっと大変でした。

出発は朝の5時ですが、ここまでは順調でした。

しかし、、、茅ヶ崎を過ぎて、海沿いを走ると、強烈な海風の向かい風!と雨!

小田原までずっと雨でした。
ちなみに、私のドイターのバックパックは、カバーが内蔵されていたはずでしたが、場所がわからず探せませんでした、、、バッグの底の部分にファスナーがあり、分かったのは今日ですが、、、(笑)

そして、小田原から箱根まで約17kmというところまできました。

ここから徐々に登りになってきます。

まぁ、これくらいの坂は想定内と思い、進んでいると、急に坂がきつくなってきました。

箱根湯本の近くから、1号線を離れ、732号線に入ります。

この辺から勾配がきつくなってきました。

そして、標高差800mを10kmかけて登ります。

Img_2549

いやはや、箱根駅伝の選手はすごいですね。

Img_2528

急に標高が高くなったので、景色がこんな感じになりました。

なんか、昔王滝セルフディスカバリーというアドヴェンチャーレースに出たことがありますが、そんな景色になってきました。

Img_2533

途中、大天狗山神社がありました。

山奥に突然、豪華な鳥居がでてきたので、思わず写真を撮ってみました。

お気づきかもしれませんが、結構勾配がある坂の途中です。

写真を撮るため、止まっているのも、大変なくらいの勾配です。
(たしか、10%)

Img_2535

もちろん、ここから、ほぼ押しです。
100km走ったあとでは、もう力が残っていません。

そういえば、急な坂になる手前にセブンイレブンがあったのですが、そこには、たくさんのバイカーがいました。

そして、車からバイクをおろすひともいたようで、きっとヒルクライムの絶好のコースなのでしょう。

途中、ランニングで下ってきたおじいちゃんと会話しました。

「この先、まだまだ激坂があるからねぇ」と親切に教えてくれたのですが、結構、こころが折れる寸前になりました。

そして、押すこと1時間半!
やっと到着です。

Img_2537

霧がかかっていて、とても幻想てきです。

Img_2540

今回は、去年11月にお参りにきて、体調もよくなり仕事も順調になってきたお礼をかねてでした。

とりあえず、さっとお参りして、岐路につきます。

Img_2544

下りは、ダウンヒルです。
今までのきつい登りの後の快楽ですね。

登りで暑くなった体でダウンヒルすると、急激に冷えるので、ドイター内蔵のウィンドブレーカーのベストを使います。

ベストといっても、ほとんど全面だけの前掛け状態ですが、これが結構効果ありました。

ダウンヒルは、気持ちよかったのですが、なんせ10%の勾配ですし、後ろから車があおってくるわで、結構大変でした。

ブレーキも、握力が限界になりそうになったので、下ハンドルにしてブレーキを握ります。

しかし、楽しかったツーリングでした。

あの坂や向かい風を含めて140km走破できたことも自信になりました。

そして、チューブレスタイヤも、乗り心地が非常によく、これにも助けられました。

また、距離を延ばして行きたいですね。

Img_2545

Img_2550

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク