フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

キャノンデールF-700シングルスピード化、再チャレンジ

こんばんは。

今日は、しばらく途中でほったらかしにしていた、キャノンデールF-700のシングルスピード化のリベンジしました。

Img_2500

まずは、部屋に持ち込みます。
いや、、、部屋に3台あるとさすがにせまいですね。

Img_2501

まずは、古いチェーンからはずします。

今までは、9速用のチェーンで、シングルスピードのコグに通していましたが、あるスピードになるとコグからチェーンが暴れて外れてしまいました。

そこで、シングル用のチェーンにしてみました。

Img_2499

結構、ゴツいですね。
これは、ピンで止められるようになっていて、チェーンカッターでつけなくてもよくなっています。

Img_2503

そして、取付けてみました。

結構、シンプルな外見で良いですね。

Img_2504

見た目もシンプルです。

本当は、アウターを外そうと思ったのですが、なにか噛ませないと、最後までボルトが絞まりませんでした。

たぶん、バッシュガードかなにかをつけるのがいいのでしょうが、とりあえずはアウターがバッシュガード代わりですね。(笑)

Img_2502

そして、完成です。

チェーンの暴れがなくなったら、急にダイレクトな感じになりました。

こうなると、ホイールも新調したいところですが、、、、、もう少し我慢でしょうね。(笑)

実践投入してみたくなりましたね。

また、レポートします。

2012年6月24日 (日)

自転車通勤、、、

こんにちは。

梅雨にはいってしまったのと、アメフト審判が重なると、なかなか遠出ができなくなりました。

そこで、コツコツと体力作りと思って、6月から梅雨の晴れ間を縫って自転車を始めたのですが、結構効果がでてきました。

ペダリングに集中して、真円に回すようにすると、気がつくと30km以上で巡航していました。

また、帰りは、ほぼ毎回、競争となります。

やっぱり、同類を見ると、頑張っちゃうのでしょうが、私も負けず嫌いなので、負けじとついて行きます。

そんなことをしているうちに、何度か勝てるようになり、巡航速度もあがってきたのです。

もっと継続すれば、諸先輩方のように200km以上走れる脚力が手に入れられるのでしょうか、、、、(笑)

自転車ツーキンで、自転車を長時間止めておくのですが、私が置いているところは、管理人付きで安心です。

Img_2443

サンダーバードの基地のようなかんじで、地下に入って行きます。

もちろん、出る時には、エスカレーターのようなアシスト付きです。

Img_2449

このように、ゲートと料金支払機があります。
なるべく、管理人室に近いところに止めるようにしています。

Img_2448

地下と言っても、結構広いですね。

Img_2447

私の自転車は、このように上の段に置いています。

管理人がいつもいるので、ヘルメットとかグローブまで、鍵をつけて置いて行っちゃいます。

そして、駅前のトイレで着替えます。
朝早くは、掃除したばかりできれいですよ。

自転車ツーキンするようになって、やっぱり右側通行する人が多いことにがっかりしてしまいます。

いままで、路側帯は左右の制限がないということで、あきらめていましたが、改めて調べてみると、、、、路側帯は、歩道のない道路で歩道の代わりに歩行者用のスペースを確保する場所だそうで、歩道のある道路は路側帯はないそうです。

つまり、歩道がある道路で、車道の左端の線は路側帯ではなく、左端をしめす線だそうです。

これですっきりしました。

やっぱり、歩道のある道路の車道を右側通行するのは、道路交通法違反で逆走になるようですね。

なかなか注意できませんが、機会があれば教えてあげようかと思ってます。

ではでは。

2012年6月18日 (月)

島村楽器店 録れコン2012評価

こんばんは。

久しぶりの音楽ネタです。

前に、マウンテンバイクの動画をアップしましたが、そのバックミュージックは自作自演の楽曲を使いました。

http://www.youtube.com/watch?v=wWCeG8UF9UE&feature=g-upl

意外と友人に評判が良かったので、島村楽器店で行っている、プロが評価するコンテスト「録れコン2012」に応募してみました。

Img_1585_resize1

残念ながら、入賞はできませんでしたが、辛口評価を希望したわりには良い評価をいただきました。

Img_2456

これが録れコン2012の応募用紙です。

私は、クリエイター部門で応募してみました。

Img_2451

評価は辛口希望です。

Img_2452

まずは採点です。

録音:6点 、 演奏:7点 、アレンジ:7点

Img_2453

楽曲:7点、 オリジナリティ:6点 、 完成度:6.5点でした。

アドバイスコメントです。

Img_2454

「心地よいグルーブ感、伸びのある美しいメロディラインと、インストゥルメンタル作品として十分に聞き応えのある仕上がりですね。」

中略......

「よくを言えば、Bセクションのリズムの甘さが気になりました。」

中略......

「とはいえ、ギターソロのフレーズ、構成など演奏技術の高さを感じます。今後も素晴らしい作品を作り続けてください」

という評価でした。

いやいや、プロのミュージシャンに褒められると本当にうれしいです。

リズム感の悪さは、分かっていましたが、バッキングで表に出ないので、いい加減にしてましたが、さすがプロの方は見抜いていましたね。

でも、演奏、アレンジ、楽曲と7点をもらったので、今後、オリジナリティやリズム感、録音の技術を磨いて、また応募してみたいと思います。

Img_1586_resize1

2012年6月16日 (土)

HUTCHINSON FUSION3

こんばんは。

今週は、晴れ間をぬって自転車通勤をしていましたが、今日、帰ってしばらくすると自転車がパンクしてました。

スローパンクっぽいのですが、これを機会にチューブレスタイヤを履いてみることにしました。

Img_2431

まずは、バルブをつけます。
ゴムのパッキンの挿入順序を間違えてしまい、ビートが全然あがらなかったのですが、裏側で空気漏れを防ぐようにつけます。

Img_2432

こんな感じです。

チューブレス用のホイールは、このようにニップルが全然みえなくて密閉されています。

Img_2433

とりあえず、なにも準備せず、タイヤをはめてみます。

ここまでは順調に行きます。

しっかりV字の溝にビートを落として行きます。
そうすれば、手ではめられるとネットに書いてありましたが、やはり手だけでは無理でした。

で、この助っ人の登場です。

Img_2435

チューブレスタイヤ専用のタイヤレバーです。
ビートを傷つけずにはめられるすぐれものです。

Img_2434

やっとのことではめられましたが、石鹸水をつけてないせいか、バルブのパッキンの付け方がわるかったせいか、全然ビートがあがりません。

1時間くらい四苦八苦したあとで、基本に戻ろうと思い、一度タイヤを外します。

Img_2440

石けん水もつけます。
バルブのパッキンも正しくつけてみます。

そして、V字の溝にビートを落とし込み、空気をいれると、、、、、、バキッという音とともにビートがあがりました。

結局パッキンのつけ間違いのようですね。

意外と簡単にあがります。

Img_2437

同じ要領で、前輪も作業します。

意外と、今まではいていたPRO3を外す方が大変でした。

タイヤ付きでホイールをもらってきたので、タイヤ交換は初めてだったのですが、さすがチューブレス仕様ということで、チューブレスタイヤの方が取り付けやすいですね。

Img_2441

そして、走行感ですが、家の周りを何周か回っただけですが、最初の出足から、あきらかに転がり感が違います。

まだ、長距離走っていないので、クッション性はよくわかりませんが、転がり抵抗は明らかに少なくなっているように思えました。

この辺、ネットでは、賛否両論ですが、すくなくともPRO3からですと実感できます。

また、長距離走ったらレポートしたいと思います。

2012年6月 9日 (土)

スカイツリー

こんばんは。

今週は、自転車ツーキンを2回しました。

何回やっても、自転車通勤はきもちいいです。

最初は、ゆっくりと走ろうと思っていましたが、竹谷賢二選手ご指南のペダリングが調子よいことと、途中アスリートと遭って競争になったりと、結構ガチで漕いでいますね。

さて、いつもは国道6号線をとおり、浅草を抜けていくのですが、浅草の言問橋を通ると、夜景がきれいなスカイツリーが見えるので、ちょっと寄り道してきました。

Img_2401

この夜景です。
フェイスブックでも、仲間からの評判が良かった写真ですね。

Img_2410

スカイツリーの真下からの写真です。
先ほどの写真とは反対側での写真です。色が違うのですね。
どちらも幻想的です。

Img_2416

ぐるっと回ると、スコットのカフェがありました。
高そうな自転車が展示されていたのと、レンタルもするようで、スカイツリーの下町あたりをサイクリングするのには良いかもしれません。

Img_2422

そして、もう少し先に行くと、SOLAMACHIのにぎやかな風景が飛び込んできます。

Img_2418

ファーストフードや、いろいろなショップが入っています。

Img_2417

下町にポンとできたスカイツリーとSolamachiですが、おしゃれな雰囲気と、スカイツリーの迫力は、これからの人気観光スポットになること間違いないと思いました。

2012年6月 5日 (火)

久々の自転車通勤

こんばんは。

最近、アメフトの春のシーズンが始まり、パールボウルトーナメントなどの試合が入ってきました。

社会人1部や学生1部などのトップチームの試合があると、さすがに前後で遠くに走りにいくとコンディションが崩れてしまうので、近場を走るしかなく、ちょっとフラストレーションがたまっていました。

そこで、まだ梅雨に入る前に、自転車ツーキンでも再開しようと走ってみました。

先日買った、竹谷賢二選手のトレーニングブックを参考に走ってみました。

いろいろ専門的なことがたくさん書いてありましたが、大きくは2つ参考になりました。

一つは、片側ずつ踏み込むペダリングは、逆側の足の重量が負荷になる、、、というものです。

大人の足の重さは10kgくらいあるそうで、片側ずつ踏み込むペダリングですと、この10kgくらい負荷になるそうです。

当たり前のことかもしれませんが、今まで均一にクルクル回していましたが、今ひとつ実感がわきませんでしたが、やっと理解できました。

ようするに、踏み込む時には、逆側の足は負荷にならないように引き足にするというだけで、30km巡航が楽になりました。(追い風のせい?)

もう一つは、ただ乗るより、負荷をかけるというものです。

これもあたりまえですが、人間の体は、順応していくもので、負荷をかけていると、それに順応し、筋力がついていく、逆にサボると、順応して体力がなくなるというものです。

その負荷をかけるのも、180km完走など、目標をたてて行うということなど、あたりまえのことでしょうが、なんか目から鱗が落ちたようでした。

ペダリングがスムーズになると、本当に走るのが楽しくなりますね。

今の目標は200km走れるようになることです。
(ガンバろう!)

Img_2401

浅草からスカイツリーの写真です。

2012年6月 2日 (土)

シートポスト交換(EC-70)

こんにちは。

先日、ヤフオクで定価の1/3で落札した、あやしいFSAもどきのシートポスト。

Img_2352

確かに、実測180gと超軽量でしたが、やぐら部分がちゃちいし、本物と違うので、あきらかに模造品でした。

それでも、多少は使えればと思い、装着して40kmほど走りましたが、やはりやぐらがグラグラするし、ちょっと遠乗りには無理でしょう。

ということで、落胆していると、ふらっと入ったセオサイクルに、新古品ということでEASTON EC-70が1万円ちょっきりでありましたので買っちゃいました。

たぶん、ネットで調べると、もっと安いものがあるかと思いますが、送料がかかるし、かみさんにばれるし、ということで目の前のものを買っちゃいました。

Img_2393

そして、即近くの公園で装着しました。

で、どうかというと、全く別ものになりました。

固定部分ががっしりしていて、漕いだ力がダイレクトにペダルに伝わる感じですね。

ま、今回は定価で買ったと思ってあきらめますし、まがいものを所持しているだけで違法なので、よかったと思います。

Img_2394

でも、今回の件で分かったことは、パワーを伝達する部分というのは重要だと再認識した次第です。

シートポストやサドルで、適度なしなりとダイレクト感があることと、ペダルの踏み面と回転する部分の軽さの重要性、シューズのインソールを交換し、ペダリング時にシューズの中で足が動かないようにすることで、パワーロスを防ぐ、、、などです。

竹谷賢二選手の本も参考になりました。

すごく簡単な話ですが、力を入れている時(時計で12時から3時)に、反対側の足の力を抜いていると、その分が抵抗になる、、、というくだりがありました。

当たり前っていっちゃ当たり前ですが、抵抗にならないように踏んでいる反対側を引き足で抵抗にならないようにすると、なんと、回転数もあがりますし、スピードもでるではありませんか。

Img_2395

基本が大事ということですね。
(もっと勉強してみます)

2012年6月 1日 (金)

バイシクルトレーニングブック

こんばんは。

先週、一通り、バイクのパーツをアップグレードしたので、今度はエンジンというか、私の体力作りに力を入れようと思いました。

そこで、目についたのが、この本です。

Img_2392

MTBの元オリンピック選手である、スペシャライズドの竹谷賢二選手が書いた本です。

今日、届いたばかりなので、まだ内容見ていませんが、俄然やる気がでてきました。

というのも、2005年のMTBレース(うっかり八兵衛カップ)という草レースに出場した時に、竹谷選手も一緒に出場していて、なんと写真まで撮らせてもらいました。

Dscf3496

これは、私の宝物です。
今考えると、サインももらっておけば良かったと、いま公開してます。(笑)

また、内容のレビュー、記事にしますね。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク