フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月24日 (土)

清水公園

こんにちは。

今日は、清水公園まで行ってきました。

犬吠埼まで行ってみようかとも思ったのですが、片道100kmは、ちょっとハードル高く、明日審判があるので往復50kmで考えたところ、清水公園が見つかったので行ってみました。

Img_1165_resize1

まずは、江戸川沿いを上ります。
最初は、松戸水門です。

まだ台風の影響か、革の水がすぐそこまであがっていた。

Img_1167_resize1

野田の近くまでくると、もっと水かさが増して、いつもはサッカー場だったであろう所が、水浸しになり、わずかにサッカーゴールが見えるくらい、水かさが増していました。

Img_1168_resize1

サッカー場と川を隔てるところに植えられた木々も水浸しでした。

Img_1169_resize1

しかし、それ以外は、景色も良く、少し向かい風でしたが、とっても気持ちのよい道です。
そういえば、江戸川のサイクリングロードは、日本一長くて整備された道路だそうです。

Img_1170_resize1

サイクリングロードは、スポーツバイクでトレーニングしている人やランニングしている人たちが多かったです。

スポーツの秋ですね。

けっこう年配の方が、しぶいロードバイク(レトロ風の)に乗って、優雅に行く姿を見て、自分も年をとってもその歳なりの格好良さを出して、バイクに乗っていたいなぁと思いました。

そして、清水公園です。
この写真の方向は、アスレチックなど子供向けのアトラクションがあるところです。

Img_1173_resize1

2002年に子供たちを連れてきたことが懐かしいです。

今、改めて見ると、慈光山金乗院があったりとまた趣がある風景もありました。

Img_1172_resize1

これは、慈光山金乗院の仁王門です。
仁王様はいませんでしたが、平成10年に赤く塗り替えたようで、結構鮮やかでした。

Img_1174_resize1

これが慈光山金乗院でしょうか、、、あまり近づけなかったので、、、

Img_1175_resize1

Img_1176_resize1

Img_1177_resize1

Img_1178_resize1

さて、慈光山金乗院を進むと、桜ヶ池のほとりにでました。
Img_1181_resize1

ここは、ファミリーが多く、レジャーシートを敷いてお昼を食べていました。
子供たちは、バッタを捕まえるのに一生懸命でした。微笑ましい、、、

Img_1182_resize1

都心からちょっと20kmくらい行ったところにこのような自然があるのは驚きです。
天気も良かったので、横になって少し休憩をとりました。
横になると、日差しが結構強いことが分かりますが、風が涼しく、秋になったんだなぁと実感しました。

Img_1184_resize1

オルベア君もしばし休憩です。

そして帰りの道で、行きは気がつかなかったのですが、サイクリングロードの脇に「輪工房」の看板を見つけました。

Img_1185_resize1

この先は、ケモノ道のような雑草をかき分けて行く訳ですが、有名なショップなので行ってみることにしました。

本当にこの先あるのか?と思いつつ進むと、ありました。「輪工房」!

Img_1186_resize1

ちょっとお店に入ってみましたが、店員さんが2人いましたが、「いらっしゃい」もなく、し〜んとしていました。んん?みんなツーリングに行っているのか?レースに行っているのか?、、、常連さんがいる訳でもなし、、、なんか不思議な雰囲気でしたね。

とりあえず、往復50km。予定通りで、気候も涼しかったせいか、軽く汗をかいたくらいで、程よい運動でした。

まぁ、焦らず徐々に距離を伸ばしていこうと思います。

2011年9月23日 (金)

工房の直営店めぐり

こんばんは。

今日は、一日涼しくてサイクリングにはもってこいの天候でした。

予定では、青山や表参道あたりに、革製品の工房の直営店があるので、自転車で見にいこうとしていましたが、訳あって電車で行ってきました。

最初に行ったのは、HERZというメーカーの直営店です。

Herz_tom

いくつかある直営店の中で、ここはTOM DICK & HARRYという、小物グッズを中心に扱っているお店です。

最初は場所がわからず、うろうろしましたが、小さな入り口をやっと見つけました。

一応、今日のお目当ては、ペンケースです。
先日、ペリカン万年筆のキャップを無くして、大きな出費になってしまったことの教訓をいかし、ペンケースに入れて持ち歩くことにしました。

ペンケースくらい作れるかなぁと思ったのですが、HERZのものは3千500円くらいなので、材料費や手間を考えると、たまには買った方が参考になるし良いかと買う気満々で行きました。

しかし、個体差があるのか、置いてあるペンケースは、すこし硬くて、、、んんっと躊躇してしまいました。

他の製品は、ノートカバーとか良いものもありましたが、A5版で1万円もするので、これだったら作った方がよいということで、見送りました。

次は、HERZの本店です。

Herz_main

ここは、TOM DICK & HARRYと違って、本格的な鞄類が多くありました。

ブランド物と比べて、どちらかというと、革の素材を生かした、ちょっと無骨な、だけど一生物の製品が多かったです。

私も、ここの鞄を1つ持っています。

Img_1163_resize1

ここで、同じペンケースを見つけましたが、先ほどのものとは違って、作りが良い感じだったので、購入しました。
手作りだから、個体差が大きいのかもしれません。

Img_1162_resize1

2本差しです。
ペリカンの万年筆と、LAMY 2000の4色ボールペンを入れるのに丁度いいですね。

Img_1161_resize1

ここを出て、次に向かったのが、先日小銭入れを買ったGANZOの本店です。

Ganzomain_img

ここは、財布や名刺入れ、手帳カバーなど革小物中心ですが、HERZのカジュアルな感じから一転して、ぐっと高級感あふれるものになります。

私が一目惚れしたように、ブライドルレザーやコードバンの革製品がずらっとあり、気軽に手にとって見れるので、とても参考になりました。

先輩に頼まれているバッグも、まだ製作手つかずで困ってましたが、これですこしモチベーションが高まった感じがします。

また、久しぶりの青山〜表参道で、歩いている人たちが持っている鞄やショップのウィンドウを見れるので、いろいろなブランドのデザインが楽しめました。

明日は、久しぶりに自転車でサイクリングにても行ってこようかと思ってます。

2011年9月21日 (水)

帰宅難民......

こんばんは。

今日は、大型台風が関東を直撃し、ほぼ首都圏の全線が止まってしまいました。

うちの会社で、帰宅指示までは出せなかったのですが、帰宅に影響しそうな人は帰って良しという総務からのアナウンスがあったので、私の沿線が遅れが出始めたので、速攻で帰宅しました。

が、、、、時既に遅しで、駅に着いた頃は、山手線が止まっていました。

そこで、地下鉄なら影響ないだろうということで、急遽地下鉄に乗り換え、途中までいったところ、やはり地上にでたところで運転見合わせとなり、結局地下鉄もストップしてしまいました。

途中まで運転されていたので、地上に出る前までは行っておこうか(なるべく家の近くにいきたいので、、、)迷いましたが、たぶん、そこで足止めされる人が多いと予想し、乗りませんでした。

当初、地上に出る前までの折り返し運転でしたが、折り返しの駅で大混雑となり、全面運休となりました。読みは正しかったですね。

Img_1146_resize1

夕方5時過ぎというのに、電車がこないのでガランとしています。

もう一つラッキーだったのが、この駅は、パンとかの自動販売機があることでした。

Img_1145_resize1

この自動販売機で、クリームパンを買い、売店が開いていたので、ジャガリコを買いました。

Img_1147_resize1

これを持って、ベンチで食事ができ、読みかけの読書もたっぷりでき、結構あっというまに時間は過ぎていました。

折り返し運転の駅まで行っていたら、何時間も立って並ぶことになったことを考えると、ベンチで4時間座って待っていたのもラッキーに感じます。

読んだ本は、「下町ロケット」で直木賞をとった、池井戸潤さんの「空飛ぶタイヤ」です。上下巻になっていて結構分厚つかったのですが、この4時間であっと言う間に上巻を読んでしまいました。

もう一つ、ラッキーなことは、お腹の調子が良くなってきた時期だったので、4時間体調を気にせず、読書やこんど作る鞄の設計に没頭できました。

名古屋地方とかニュースでやっていましたが、みなさんご無事でしたでしょうか?

2011年9月18日 (日)

ちょっとした模様替え

こんにちは。

今日は天気も良く、久しぶりにロードを走らせてみたのですが、あまりの強風で15kmほどで切り上げてしまいました。

昨日の審判の疲れも残ってますし、、、、、

ということで、今日はちょっとした模様替えを行いました。

ほんとにちょっとだけです。

先日、ホイールをWH-RS20に交換したのですが、もとの純正のホイールの置き場所に困ってました。

そこで、もう置くところ無いから、ぶら下げるしか無いと思い、天井にワイヤーをやり、吊り下げることにしました。

Img_1119_resize1

あまりスマートではないですが、壁がコンクリートだったりで、ビスを打ち込み場所に制限がありました。

Img_1121_resize1

全体は、こんな感じになります。
もう、自転車2台とパーツ、バッグなどでぐちゃぐちゃです。

狭い部屋なので仕方ないですけど、、、、

でも、なんか自転車ショップの中にいるようで、結構気に入ってます。

みなさんは、バイクの収納とかどうしているのでしょうか、、、、

私の知り合いは、一戸建てでガレージを持っていて、そこに収納しているようです。
ガレージは、夢ですね、、、、。

できれば、リビングとつづいて車と自転車がいつも見れるようなガレージの家に住みたいものです、(笑)

グリップ交換(F-700)

おはようございます。

台風が近づいているのに、このピーカンは大変ですね。

さて、今日は普段乗り用のキャノンデールF-700のグリップ交換です。

このバイクは、外に置きっぱなしにしていたので、グリップがベトベトになってしまいました。

Img_1112_resize1

ロードを買う前は、これである程度遠乗りできるようにと、バーエンドをつけていましたが、もう普段乗りと割り切れるので、外します。

Img_1113_resize1

ケーブル類や余ったパーツを入れてある袋をあけたら、未使用のグリップがでてきました。(ラッキー)

たぶん、これは差し込み式だったので、ネジ式に取り替えたので余ったと思われます。

Img_1114_resize1

グリップを外したところです。
カーボンっぽいですが、アルミにカーボンを巻き付けた、なんちゃってカーボンです。(笑)

Img_1115_resize1

そして、先ほどのグリップを取り付けます。
差し込み式なので、ディグリーザーを吹き付けて差し込んで終わりです。

Img_1116_resize1

ついでに、チェーンにも注油します。
普段乗り用なので、パンツの裾に油がつくといけないので、ずっと注油してませんでしたが、さすがにシャカシャカいいだしたのでメンテします。

Img_1117_resize1

いやぁ〜、腐っても(?)デオーレですね。注油でかなり蘇りました。

稼働部分の注油って大切なのですね。
意外とこのF-700は普段乗り用に活躍しています。
まだまだ乗れそうですね。

Img_1118_resize1

タイヤは、あさひの1.5スリックをはいていますが、このようにひび割れしてきて、そろそろ限界に近いですね、、、、

普段乗りようだから、2.0のスリックにするか、普通のブロックタイヤにするか悩み中です。

しかし、、、この暑さ、、、体調も少し戻ってきたので、ロードに乗ろうかとおもったのですが、二の足踏んでます。(笑)

2011年9月17日 (土)

財布の寿命

こんばんは。

先日のGANZOの小銭入れとか、ペリカンの万年筆など、いろいろコメントいただき、ありがとうございました。

特にブランド物とかこだわりは無いのですが、良いものに囲まれていたいという気持ちはあります。

特に財布には、いろいろ痛い目にあった結果ですね。
少しご紹介します。

かなり前の話ですが、私も若く、遊びに忙しくて財布までには手が回らない状態でした。使っていた財布は、サーファー用のマジックテープでバリバリっていう昔はやった財布です。
そんな時に、結婚式に呼ばれることになり、財布も革製じゃないとカッコつかないと思い、ワゴンセールの安い合成皮革のものを買いました。

そうすると、結婚式の数日前にご祝儀分の金額が入っていた財布を酔っぱらって落としてしまいました。
もう、ショックでショックで、いろいろ調べたら、風水などで、ある程度の高級感ある財布を使わないとだめだ、、みたいなことが書かれてあり、さっそくカルティエの財布を買いました。

Img_1109_resize1

これはとても良い財布で、気に入っていましたが、どうも財布には寿命というものがあるらしく1000日または3年が目安だそうです。

また、折りたたみで、ズボンのポケットに突っ込んで使っていましたから、大事に使わなかったせいでしょうか、、、、金運というか、突然の出費が増えたりしていました。

そこで、中国出張に行った時に、上海空港でダンヒルの財布を買って気分を換えました。
これは、なかなか良かったです。
しかし、3年目くらいに、寿命がつきたのでしょうか、、、鞄ごと無くしてしまうという事故を起こしてしまいました。(なので写真は無いです、、、)

そして次に買ったのが、同じくダンヒルの財布です。モダンな柄が型押しされたモデルです。

Img_1110_resize1

これは、薄型で、とても良い財布でした。

しかし、去年、レザークラフトにめざめ、風水で金運を高めるのは茶色の財布が一番という記事をみつけ、自分で作った財布を使ってみました。

Img_1111_resize1

風水的にはOKかもしれませんが、素人が作ったものなので高級感がなく、結局、この財布を使っている間は金運は最低でした。
なので、急遽もとにもどし、ダンヒルの型押しモデルを使っています。

しかし、そろそろというか、もう3年すぎているので、そろそろ寿命になりつつあります。
車検で30万かかったり、テレビが壊れたり(5年保証でたすかりましたが、、、)、予兆はあるので、すこし焦って財布を探していたところ、GANZOを見つけた訳です。

そして、風水の受け売りですが、財布というのは初期化作業が必要ということで、買ってから使いはじめの2週間はたくさんのお金を入れておく必要があるそうです。

そうすると、その財布が自分のバッファとして覚えるということらしいのです。
(この辺は、実際にはやったこと無いのでわかりません、、、)

なので、ボーナス時くらいしか買えないかなぁと思ってます。

いろいろ、本でも「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」とかベストセラーになっているようで、みなさんも興味があるようですね。

まぁ、こんな経験をしてきたので、財布にはこだわっているのです。

前著の長財布を使うかの著者は、200倍の法則といって、使っている財布の購入額の200倍がその人の年収だと言っています。
しかし、年収2000万を狙って10万の財布を買うかというと、そこまでは?ですね。

ただ、興味をもって、いろいろ見てみると、やはりブランド物は、高級感であったり、加工のすばらしさ、など本物がもつパワーのようなものを持っているように感じました。

あと、実践してみて効果があったのが、お札をそろえて、後ろ向きにして肖像の頭を下にして入れておくと出て行かなくなるという風水の教えがありましたが、これは結構効果があるようです。

まぁ、いろいろ書いてみましたが、高価なものや良いものは長持ちすると言われていますが、これも試行錯誤をしてみないと納得できないものかもしれません。
自転車のパーツのように、、、、(笑)

2011年9月16日 (金)

GANZO小銭入れ

こんばんは。

みなさんに体調を心配していただいたおかげで、なんとか入院せず、回復に向かっています。
ありがとうございました。

なので、天気がいいのですが、自転車ツーキンもできず、今日はデパートをぶらぶら見ていました。
次に作ろうとしている鞄のデザインの参考になればとおもって行ってきました。

そしたら、GANZOというメーカーの財布が置いてありました。
ネット販売では人気で全然品切れ状態だったのですが、さすが高島屋は在庫があったようで、一瞬考えましたが、即決で買ってしまいました。

前から財布を買い替えようと思っていて、いろいろ悩んでいたところにGANZOを見つけました。

私は長財布で小銭入れ無しのタイプと小銭入れを合わせて使います。大方の長財布は小銭入れ付きになっているのですが、女性の財布のようで私は好きではありません。

候補としては、土屋鞄やHERZのような手作り製品から、ダンヒルなどのメーカー品を探したのですが、今ひとつピンとこなくて困ってました。

GANZOの製品を直にみたら、その作りのすばらしさに参ってしまい、即決してしまった次第です。

小銭入れで1万6千円と高価なのですが、とても気に入ってしまいました。

Img_1099_resize1

これは外箱です。
このメーカーは結構古くからやっているようで、マークが歴史を感じさせます。

Img_1101_resize1

箱を開けると、布袋に入っていました。

Img_1102_resize1

これが馬蹄型の小銭入れです。
革は、コードバンを使用していますので、とても軽量です。

Img_1103_resize1

開けるとこんな感じです。
まだ新品なので、開けるのにとても力を要します。
とってがとれちゃわないかヒヤヒヤしますが、これはとれてもタダで修理してくれるそうです。

Img_1104_resize1

新旧比較です。
右側が古い小銭入れです。
ズボンのポケットに突っ込みっぱなしだったので、くたびれていますね。

今度は、ポッケにはつっこめません。(もったいなくて、、、)

末永く大事に使おうと思ってます。
年末には長財布を買えるよう頑張らないと、、、、

(キャップを無くさなくて、キップ切られなかったらなぁ、、、)

2011年9月14日 (水)

ペリカンスーベレーンの修理完了

こんばんは。

以前、交通違反キップを切られたことを記事にしましたが、もう一つ、へこむことがあったのです。

実は、大事にしていた万年筆、ペリカン・スーベレーンM400のキャップを無くしてしまったのです。

どこでどう無くしたか全く身に覚えがありません、、、、

仕方なく買った川窪万年筆店でお願いしたら、9千円もかかるということ!
無くしてしまったものはしようがないので、期間はかかるということで注文しました。

その後、日本には全く在庫がないので本国ドイツに注文するけどいいか?という電話があり、もうこの際いいやとおもってOKしたのですが、なんと海外から取り寄せなので1万3800円もかかるということでした、、、、

もう、やけくそです。

去年、審判したときに東京ドームの試合で選手にタックルされ、右手甲を骨折してしまいました。
それから筆圧をかけて書くのが苦痛になってしまい、万年筆を使うようになりました。

注文している間、修理あつかいなので本体も同封して送っていますので、手元には古い万年筆しかありません。

そこそこ書きやすいのですが、やはり3倍のお値段のスーベレーンにはかないません。あらためてスーベレーンの良さを認識したしだいです。

さて、前置きはこれくらいで、本日、待望の修理完了の連絡が入り、受け取りにいってきました。

なんでも、最新式のキャップにかわっているそうです。

古いタイプが、キャップの背が黒を基調としていますが、新しいのは金の金属に変更されています。

Img_1083

これが元のタイプです。

そして、新しいタイプがこれです。
Img_1086_resize1

ちょっと分かりづらいので、カタログから画像を拝借します。

Img_1084

これですね。
ちょっとゴージャスになった感じがして、ちょっと得した気分になりました。

Img_1087_resize1

しかし、世の中、うまく行かないもので、ウキウキして帰ったら、リビングのテレビがつかなくなってました、、、、、音声はでているので、たぶん液晶のバックライトが逝ってしまったと思われます、、、、トホホ、、、、

ちょっとついてませんねぇ。おはらいにでも行ってきましょうか?(笑)

2011年9月10日 (土)

ご無沙汰です、、、

こんばんは。

少しご無沙汰してました。

実は、少し体調崩してしまいました。

潰瘍性大腸炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返すものですが、
先日の台風が来た時に、気温が下がって風邪を引いてしまったようで
それがきっかけで少し悪化してしまいました。

症状としては、腸内の炎症がすすみ、下痢や血便の回数が多くなるという
ものです。(ひどいときは1時間おき、、、夜も眠れません)

そして、病院に行ったら、血液検査でもでていました。

Img_1074_resize1

ちょっと分かりづらいのですが、青ペンで印をつけたところがCRPといって、炎症反応を示すものです。
赤の印が、先月と今月で、通常は0.38くらいだったものが、3.68と10倍くらい炎症反応がでていました。

やはり腸内は悪化していました。

私は、潰瘍性大腸炎の特効薬であるペンタザがアレルギーで使えなくて苦労していて、ステロイドを微量投与して調節していました。
今回、炎症反応があったので、またドーンと大量に投与して様子みですね。

本来ならば腸内が炎症をおこしているので安静にしておくところですが、先週からアメフトのシーズンが始まってしまい、審判はやっていました。

Img_1071

今日も、学生1部の試合をやってきましたが、大量の点差と暑さでグロッキーです。
試合途中で下痢にならないように、お腹の中を空にしたため、軽いハンガーノック状態にもなってしまいました。

まぁ、ちょっと安静にして容態を安定させ、こんどの連休には犬吠埼まででも行ってみようかと思ってます。(審判の合間を縫って、、、笑)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク