フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« ニューハンドル&ステム | トップページ | ついてない… »

2011年8月27日 (土)

ハンドル・ステム交換終了

こんばんは。

先ほどの友人から譲ってもらったハンドルとステムですが、明日の作業にしようかとおもったのですが、やはり待ちきれず、作業を開始してしまいました。

Img_1038_resize1

まずは、ハンドルのバーテープを取っていきます。

Img_1039_resize1

どんどん取っていきます。

Img_1040_resize1

そして、全部取りました。
もう、後戻りできません、、、、

Img_1041_resize1

そして、ワイヤー類をカットし、取り外します。
バーテープを取るとピスト車みたいになりますね。

Img_1042_resize1

そしてハンドルを取り外し、新旧比較してみました。
上が頂いたボントレガーで、下がオルベア純正です。

たぶん、オルベア純正が今風のハンドルの形なのでしょうが、上のシンプルな形もいいかと思います。
私は、手足が短い(ワイシャツで袖丈78cmしかないのです、、、)ので、ボントレガーの形の方が下ハンドルを握りやすいかもしれません。

Img_1043_resize1_2

そして、ステムも取り外します。

ここで、恒例の体重測定をしました。

オルベア純正ステム 216g → シマノPRO 123g マイナス93g
オルベア純正ハンドル(シフター付き)
    790g → ボントレガー レースライト 684g マイナス 106g

ハンドルとステムで約200gも軽量化できたことになります。すごい!

Img_1045_resize1

そして、新しいハンドルとステムを取り付けます。

Img_1046_resize1

ハンドルが黒だと、白のステムが浮いてしまいます。
(後で、白のバーテープを貼りますが、、、、)

Img_1047_resize1

そして、これからワイヤリングを行います。
インナーワイヤーだけですと、1本300円くらいから売っています。

Img_1049_resize1

ワイヤリングが終わった状態です。
途中は、手がオイルでべとべとになってしまった為、撮影できませんでした、、、

Img_1050_resize1

ここまでは、マウンテンバイクで経験してきたことですので、まぁスムーズに進みました。(STIへワイヤーを通すときは少し苦労しましたが、、、)

ここからは未知の領域です。(大げさ)

バーテープに挑戦です。
Img_1052_resize1

なぜビビっているかというと、先日茅ヶ崎に一緒に行った友人のハンドルのバーテームの巻き方がよれよれで、やはりプロでないとキレイに巻けないのか?と心配になったからです。

とりあえず、巻いてみます。
Img_1053_resize1

う〜む、、、まぁまぁ合格点でしょう。(笑)
バーテープが重なるところに隙間ができないように、十分に伸ばしながら巻いていけばそんなに失敗はしないようですね。

Img_1055_resize1

そして、完成です。
若干、左右のバランスが悪いのですが、まぁ、初回としては上出来でしょう!

Img_1057_resize1

これで全ての作業が完了しました。
あとは、初期伸びの調整や、細部のポジションの調整だけです。

結局、タイヤ、ホイール、ハンドル、ステムを交換し、合計で600g以上の減量ができたことになりますね。

はやく走ってみたいですね。

« ニューハンドル&ステム | トップページ | ついてない… »

MTB、自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニューハンドル&ステム | トップページ | ついてない… »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク