フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« さっそく、ご利益 | トップページ | ORBEA チューンナップ(改造編) »

2011年7月17日 (日)

ORBEA チューンナップ(序章)

こんにちは。

先日、後輩君と鎌倉サイクリングに行ってきたときのことです。
鎌倉は楽しかったのですが、そこまで、後輩君について行けなかったことが悔しくてなりませんでした。
まぁ、後輩君は10歳も年下ですが、それでも、全然ついていけなかったことが悔しくてなりませんでした。

そして、足りない体力は道具でカバーという鉄則に従い、アクア君をグレードアップしようと思い立ちました。

手っ取り早く効果がでるのは、やはりホイールだそうです。
たしかに、ベアリングや重さなど廉価版とかなり違ってきます。

後輩君のバイクは、キャノンデールのCAAD7だそうで、少し古いのですが、それでも重さは私のアクア君より全然軽いのです。

そこで、軽量化ところがり抵抗が少ないことでホイールのアップグレードをもくろみました。

予算は3万前後で、シマノWH-RS20、WH-6700、フルクラム レーシング7か5、マヴィックなど候補があり、アクア君を買ったセオサイクルに見に行きました。

心の中では、WH-6700でチューブレスかなぁと思ってましたが、お店に行ったらWH-RS20が現品限りで1万5千円で売っていました。

そこで、お店の人にいろいろ聞いたら、なんと明快な答えが返ってきました。

「お客さん、3万程度のホイールは正直、なにを選んでも一緒です。デザインくらいでしょう。ホイールは6万以上でないと違いがわかりません。それより、お客さんが望まれている転がり抵抗とか、軽さを体感できるとしたら、まずはタイヤでしょう」

という答えです。RS20の安いのはお買い得では?とも聞いてみましたが、「確かに安いですが、1万5千円分の満足は得られません」という回答。

普通、買ってもらうために適当にインプレを言うのとは大違いです。
(まぁ、その分を貯めて高いやつを買ってくれってことかもしれませんが、、、)

で、だまされたとおもってタイヤを買いました。

Img_0921_resize1

ついでに軽量チューブのR-Airも買っちゃいました。

そこで、今日は、以前会社の後輩にもらったTIAGRAのクランクの交換と汚くなったチェーンの交換もすべく、アクア君チューンナップ作戦の日でした。

続く、、、

« さっそく、ご利益 | トップページ | ORBEA チューンナップ(改造編) »

MTB、自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さっそく、ご利益 | トップページ | ORBEA チューンナップ(改造編) »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク