フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« ORBEA チューンナップ(序章) | トップページ | ORBEA チューンナップ(インプレ) »

2011年7月17日 (日)

ORBEA チューンナップ(改造編)

こんにちは。

先ほどは前置きが長かったのですが、いよいよ着手します。

Img_0920_resize1

これがゆずってもらったTIAGRAです。
歯数が52−39だったので、現在のコンパクトクランクの50−34から比べると重くなるのでは?ということで、取り付けを躊躇していました。
しかし、1グレード上になることと、ミドルが39になるので、前より使い勝手が良くなることを期待しての交換です。

Img_0933_resize1

そして、チェーンは、もちろん、デュラ・XTRです。
その下のグレードと200円しか違わないので、迷わず最上級にしました。
チェーンをつなぐピンも買ってきちゃいましたが、チェーンに付属してました。。。

Img_0922_resize1

まずはペダルを外します。
シマノのSPD は、ペダルレンチを使いますが、クランクブラザーズのキャンディは、8mmの6角レンチです。
当然、そんなバカでかいのは持ってなかったので、ホームセンターに行って入手しました。

また、外すのも、左右ねじ回しの向きが違うので、結構苦労しました。
(ペダルレンチより、6各レンチは、力が入らないですし、、、) 

Img_0930_resize1

次は、クランクの取り外しです。
まずは、写真の特殊工具でクランクの蓋みたいなのを取ります。
そして、レンチでねじをゆるめれば外れます。
(写真は付け替えた後ですが、、、)

Img_0924_resize1

こんな感じになります。

Img_0925_resize1

SORAとTIAGRAを比べてみました。
大きさも50−34と52−39なので、多少TIAGRAの方が大きいですが、重量は全く一緒でした。(多少は軽くなるのでは?と思ってましたが、ちょっとがっかり)

Img_0931_resize1_2

そして、逆の手順で取り付けます。
やはり、多少は高級感がありますね。

クランクの外周が一回り大きくなったので、フロントディレイラーの位置もずらして再調整します。

Img_0928_resize1

次は、スプロケのお掃除です。
この紐は、スプロケや狭いところを掃除するツールです。
800円もしました、、、、

Img_0926_resize1

そして、チェーンの取り付けです。
チェーンは、買ってきたばかりの状態は、錆び止めの油がぬってあり、結構粘性の高いオイルなので、そのまま装着すると、埃を吸着し、汚くなってしまいます。

なので、一旦、洗い流すために、ビニール袋に入れて、パーツクリーナーを吹き付けます。

Img_0927_resize1

この状態で、10分んくらい、手でモミモミすると、だいたいとれます。

Img_0932_resize1

これが、前の汚いチェーンです。
汚れだけでなく、なんか抵抗もありそうで、交換してよかったです。

Img_0934_resize1

最後は、タイヤです。
この新旧の違いですが、同じ700c−23とは思えません。
あきらかに買った方がシャープで設置面積が少なく見えますね。

さて、いよいよ装着したインプレです。
続く、、、、

« ORBEA チューンナップ(序章) | トップページ | ORBEA チューンナップ(インプレ) »

MTB、自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ORBEA チューンナップ(序章) | トップページ | ORBEA チューンナップ(インプレ) »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク