フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« 551の豚まん | トップページ | ロードバイク導入(機種選定編) »

2011年3月28日 (月)

レザークラフト 鞄 完成!

こんばんは。

オリジナルの鞄を作りたくて、革を買ってきたのが去年の12月。
鞄を作る前に、セカンドバッグを作ってみました。

財布や手帳カバーと比べると、立体的に作らなければならないので、難易度がグッとアップしましたが、セカンドバッグは何とか2日くらいで作れました。

そして、鞄の製作、、、、と思ったのですが、それから3ヶ月以上経ってやっと完成しました。

まず、苦労したのが、デザインです。
今まで作ったレザークラフトは、ほぼ日手帳のアンリ風を真似たものや、HERZという手作り鞄のメーカーのものを真似てみたりしていました。

そしてオリジナルと思いましたが、デザインがなかなか決まりません。

もちろん、鞄のデザインなど初めてですが、作れる技量がないので、それがネックとなり製作イメージがわかずに、なかなかデザインがきまりませんでした。

セカンドバッグを作る時に、ファスナーをきちっと縫い込めずに、波打ってしまいましたので、鞄はファスナー式ではなく、トート式を考えました。

そして、ネットや本を探したところ、イメージ通りの鞄に出会いました。

エッティンガーというイギリスの鞄メーカーでT15というビジネストートです。
(画像はコピーできなくて、載せられませんでした、、、)

それをベースに、セカンドバッグを作った余りで作成開始しました。

まずは、その側の革と、底の部分の革を縫います。

Img_0661_resize1

しかし、大きさが、幅40cm、高さ30cmとなると、単純に底革と側面の革を縫うだけでも、2〜3時間かかってしまいました。

Img_0693_resize1

そして、取ってをつけると、なんとなく鞄に見えるようになりました。

しかし、、、ここからがなかなか着手できませんでした。

セカンドバッグを作った時には、中身は仕切りの革1つだったのですが、鞄となると、いろいろポケットつけたりと、またまた難易度が格段にあがってしまいます。

そこで、考えたのが、中の側面にジッパーホックを取り付けて、ポケットなど着脱式にして、あとから加えられるように考え、まずは外身を完成させるようにしました。

Img_0716_resize1

中身の問題は済んだのですが、最大の難関は、この側面の縫い付けです。

結構、苦労しました。
とくに、底の角の部分の処理が良く出来ませんでした、、、、

Img_0717_resize1

そして、先ほど、やっと完成です。

Img_0718_resize1

どうですか、、、、写真にすると、手抜きが移らず、なかなかに見えますね。

Img_0720_resize1

中は、上側は、マガジン入れで、下側が、ホックを5センチ感覚で取り付け、あとから財布入れなどを作って固定できるようにする予定です。

Img_0719_resize1

どうですか、、、、写真で見ると、なかなかではないですか?(自画自賛)

中身次第では、とても使いやすそうですね。

また、使用感などレポートします。

ではでは。

« 551の豚まん | トップページ | ロードバイク導入(機種選定編) »

自作関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 551の豚まん | トップページ | ロードバイク導入(機種選定編) »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク