フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« キングジム SHOT NOTE | トップページ | イヤホン »

2011年2月21日 (月)

ウォール街(オリジナル)

こんばんは。

今月、ウォールストリートの続編が上映予定ですが、それにちなんで、昔のウォール街のDVD借りてみました。

あれから10年以上経過していますが、ちょっとビックリしました。

まずは、セレブ御用達の携帯電話です。
今は、小学生でも持っている携帯電話ですが、あの当時はセレブ御用達のグッズだったと思います。
しかも、大きさが、国語辞典くらいの大きさがありました。

Ph_06

私も20年前に、あるプロジェクト用にプロジェクト予算で借りたときがありましたが、これで通話料がバカ高かったと記憶しています。

そして、次が、ポータブルテレビです。
これも今は、携帯電話にワンセグとしてデジタルテレビが搭載されているのが普通になりました。

映画で出てきたポータブルテレビは、ブラウン管で、しかも白黒でした。

7de1c649

こんな感じでした。
これもセレブとしてゴードン・ケッコウが自慢していました。

次は、パソコンです。
証券会社にあるのは、パソコンというより、汎用機のディスプレイだと思います。
白黒というより、目に優しいグリーンディスプレイというもので、ダム端末(文字表示しかできない端末)を数台並べて、株価を見ていました。

Ibm_pcs

いまでは、1台のパソコンに複数のディスプレイを接続して、チャート表示などグラフィカルな表示を複数画面表示させていますが、この時代は文字しか表示できない端末をつないでいました。

そして、物語が株で一儲けして、贅沢な暮らしを夢見る青年が、欲に目がくらんで、インサイダー取引をしてしまい、逮捕されてしまうというものです。

法を犯してまで手に入れたいものは、高級マンションに住み、ハイテク製品をあたりまえのように使うことだったのでしょう。

しかし、高級マンションは、バブル崩壊で半値になり、ハイテク製品は10年以上待てば、誰にでも持てるようになるわけです。

しかし、そういうことではなく、当時人より良い暮らしがしたいという、相対的なところにこだわっていたのかもしれません。

主人公の父親は、航空会社の整備工をしているのですが、地に足がついた考え方で真っ当に生きている素晴らしさを教えています。

主人公も、逮捕されて初めてその父親の言っていることが理解できるわけです。

こう考えると、我々が持っている夢とは、どういうことなのか、相対的に人より良いものを持ち、良い暮らしをすることなどのように物欲なのか、誰かに貢献したり、家族仲良く幸せに暮らすことが夢なのか、考えさせられます。

所詮、一部の不動産や絵画などの美術品を覗いて、物欲で手に入れたものは、陳腐かしていきます。

さらに新しいものも出るでしょうが、陳腐かするもので、10年経てば一般的になるものを追い求めるのが、贅沢なのでしょうか?

ちょっと考えさせられました。。。。。

« キングジム SHOT NOTE | トップページ | イヤホン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キングジム SHOT NOTE | トップページ | イヤホン »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク