フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« DVD 4本 | トップページ | 横浜ナイトクルーズ »

2010年12月24日 (金)

塩の街、、、有川浩

こんばんは。

今週はDVDだけでなく、本もたくさん読みました。

前に、有川浩さんの「フリーター家を買う」を読んで、ファンになりました。
会社でも、有川浩さんのファンがいて、その女性から特に勧められたのが、「塩の街」です。有川浩さんの処女作で、しかもSFなのですが、中身はコテコテのラブストーリーでした。

前半は、面白い設定と、有川さん独特のテンポの良さで面白かったのですが、後半はコテコテの恋愛ものとなり、男と女で感性が違うものだなぁと思った次第です。
(有川浩さんは女性作家です)

どこが違うかというと、たとえば塩害によって、戦後のように都市機能が失われた世界で、かくまっている女子高生と何年も一緒に暮らしていて、恋愛感情も芽生えているのに、キスどまり、、、、というのは、もう少女漫画の世界ですね。

男からすると、相思相愛なのにキス止まりで手を出さないというのは、魅力がないと思われるので、かえって失礼ではないかと思ってしまいます。

また、高校のときの保健体育の女性の先生がいってましたが、A(キス)までいったら、あとは進行は早いものだ、、、と女性の先生も言っていたくらいです。
まぁ、願望やそういうシチュエーションがいいのかもしれませんが、この辺、女性にはたまらないらしく熱烈なファンがいますが、男性は、、、、ちょっとリアリティがないので、引いてしまいました。

しかし、有川浩さんの良さは、テンポがよく、グイグイとストーリーに入って行けるところです。
まだ、3〜4作しか読んでませんが、うつ病の人や近所の意地の悪いおばさん、などかならず登場していますので、作者の思いや体験があったのではと思ってしまいます。

最近は、KAGEROUの水嶋ヒロさんなど小説が注目されていますし、電子書籍も浸透し始めましたので、これからもっと出版業界が活性化してほしいと思っています。

« DVD 4本 | トップページ | 横浜ナイトクルーズ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« DVD 4本 | トップページ | 横浜ナイトクルーズ »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク