フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« 万年筆のインク交換 | トップページ | 手帳カバー作成の工具 »

2010年10月30日 (土)

ほぼ日手帳 アンリ風自作カバー

こんばんは。

今日は、ほぼ日手帳のカバーで、アンリクイール製の手作り革カバーがあったのですが、3万以上するので手がでませんでした。

仕方ないので、似た色のダークブラウンの革カバーにしようと思ってたのですが、買いそびれてしまい、売り切れになってました。

さて、どうしたものかと考えていたら、アンリクイールの手帳カバーの製作工程がyoutubeにアップされていて、もしかして作れるかも…と、自作マニアの血が騒いできました。

ということで、自作を決意しました。

まずは、革探しです。
ネットで調べたら、2万以上するのばかりなので、却下。

東急ハンズのレザークラフトのコーナーで端材の革で、チョコ色で厚さが薄めの革を見つけました。

しかし、1m以上で7000円もします。
そこで、複数作ってヤフオクで元をとることを目標にして、買っちゃいました。

やはり、色が良かったんですよね。

F4C1E1D9-1A34-441E-921F-DBEFD24449A5

家で広げてみると、そこそこキスがありましたが、細かいことは気にしません。

まずは、型紙作りです。
今使っているほぼ日手帳を採寸して、0.5mmのブラ板で起こします。

080D5E6E-D658-4031-AA8C-653647507B9A

1FBE0CEB-A8BE-405F-8E5D-F47663AFBB6D

そして、革を裁断します。

4B9974AA-1150-4839-A384-5B232D9A36F2

17CDBE2E-F96C-428A-9E34-DDF3133D7278

CD68C522-265D-486B-9351-68E5EA5E116B

以外と、カッターでも真っ直ぐ切るのは難しかったです。

裁断したら、革の裏面をコーティングします。

1811DFD0-F237-4F44-BFB4-D3AB1C998B70

そして、折り曲げる裏側を彫刻刀で削ります。

8DEDBDEC-B8FA-4092-9E0A-0923C496E928

そして、折り曲げて木槌でかるくたたいて、折り目をつけます。


C11034FE-7A28-4BF4-A806-12C4818FFC3F

縫い始めです。

まずは、バタフライ型ペンさしを縫いつけます。

本当は、ボンドも付けなければならなかったのですが、忘れてしまい、後付けしました。

F02CDAAC-33C4-4C9D-A58D-18CC68B5A201

 

カバーの本体を縫いつけます。

BA20E82C-DE2A-4426-A9D7-E46DA543A883

そして、完成です。

7450CF2E-C663-4F92-9BAF-0F97A177AE9A

思ったより苦労しました。

出来栄えは、まぁまぁで70点くらいでしょうか。

作ってみると、いろいろ思ったより違うことがわかってきます。

まず、裁断ですが、以外とまっすぐ切れません。

そして、全体のサイズですが、革を折り曲げるので、その折り目の部分まるまってしまうので、余裕をもたせなければなりませんでした。

余裕なしで、採寸ぴったりに裁断したので、ちょっとキツキツになってしまいました。

まぁ、自己採点70点なので、人様に使っていただくレベルには達してません。

今回は、プロトタイプなので、次回は改善できると思います。

でも、久々の自作なので楽しかったです。

では。

« 万年筆のインク交換 | トップページ | 手帳カバー作成の工具 »

文具関連」カテゴリの記事

自作関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 万年筆のインク交換 | トップページ | 手帳カバー作成の工具 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク