フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

味覚障害?

こんばんは。

2週間前に、潰瘍性大腸炎の容態が悪化し、急遽ペンタザの服用を止めて、ステロイドに切り替えました。

ステロイドの効果は抜群で、10回/日以上下痢だったのが、2日くらいで1日1回くらいに落ち着いてきました。

しかし、その効果とは裏腹に副作用がすごいです。

前に、ステロイドにすると血糖値がめちゃくちゃになると先生から聞いていたのですが、まさに糖尿病の症状が出ています。

あたまは、二日酔いのようにグラグラきていますし、恐ろしくのどが渇きます。

水分でお腹一杯になって気持ち悪くても喉がかわき、水を飲んでしまいます。

しかし、それもすぐにおしっこになって出て行き、また喉がかわくという悪循環です。

もともとペンタザのアレルギー反応で血糖値があがったところに、ステロイドなので、よけいひどいのでしょう。

しかし、最近、味覚障害もでてきたように思えます。

というのも、残業で、小腹がすいた時にクリームパンを買って食べたのですが、全然甘くないのです。
ヤマザキじゃないからかなぁと思ってたのですが、そのあと、会社の人にチョコをもらったら、しょっぱく感じてしまうではないですか!

どうも甘さがマヒしているようです。

昔、お袋が抗がん剤治療をしていたときに、副作用として味覚障害があり、ご飯が苦く感じて何も食べられなくて苦しんでいた時を思い出します。

私の場合は、甘さがマヒ、、、、なので高血糖の症状では良いのかもしれません、、、

しかし、ステロイドは、やはり長く使う薬ではありませんねぇ。

お腹は落ち着いたのですが、やはり副作用はつらいです。

明後日、主治医と今後について相談してきますので、また報告します。

ではでは。

2010年9月26日 (日)

This is it!

こんばんは。

昨日、TSUTAYAで、マイケル・ジャクソンのThis is it!のDVDを借りてきました。

ポップは、そんなに興味がなかったのですが、評判が良かったのと、オリアンティという女性ギタリストが出ていたので借りてみました。

意外と、、、というか、かなり良かったです。

楽曲が懐かしかったというのもありますが、マイケルジャクソンのリハのプロデュースの仕方、みんなの指導の仕方、など非常に参考になりました。

また、彼のエンターテーメントに対する姿勢や、環境への取り組みなど、本当に良い一面が見ることができるDVDでした。

Img_0332_resize1

よく奇行がニュースで取りざたされていましたが、このDVDでは、そんな噂を吹き飛ばすくらいの人柄、音楽に対する姿勢などが一杯です。

2010年9月23日 (木)

栗!

こんにちは。

今日は、急に冷え込みましたね。

体調管理に気を付けたいものです。

ところで、先ほど、妹の嫁ぎ先から栗を贈っていただきました。

いつも筍とか、旬の食べ物を贈っていただいています。

E68B7EEC-019A-4100-8C53-BFC60DC08F2E

栗ご飯とか、楽しみです。

F1E8BE42-79EC-4CD7-ABC5-B2052FF047A6

2010年9月20日 (月)

骨折してからの自転車

こんにちは、

右小指骨折から10日経ちました。

大分、腫れや内出血が収まってきたので、自転車に乗ってみました。

Img_0327_resize1

こんな感じです。

しかし、、、危ない、危ない、、、

やはり、自転車の振動が響いて痛くなりますし、右側通行のおばちゃんなど交通ルール無視の自転車乗りを避けたりなど、まだまだ機敏な動きができません。

それにしても、自転車の交通ルール無視は、非常に多いですね。

このところの自転車ブームで自転車乗りが多くなると、その交通ルール無視者も多くなるようです。

是非、警察も取り締まってほしいですね。

第一、子供たちが真似をします。あぶないです。

携帯を見ながら自転車で右側通行している女子高生を見ましたが、命がいらないとしか思えませんが、自転車も歩行者と同じと思っているのでしょうか、、、

自転車は車両です。バイクや自動車と同等ですよー!

ネ申の美味しさ

今まで、この様な女子が好きそうなフルーツ系は全く興味無かったが、このところお腹の調子が悪かったので、お粥系が多かったから、新鮮に感じたのかもしれない。

かみさんが、娘がバイトしているスーパーから買ってきたものだ。

74CF103B-ECD3-42FC-8B92-02F1ED96541D

doleトロピカルフルーツボトル

これ、美味すぎます。

感動ものです!

2010年9月19日 (日)

Chickenfoot

こんにちは。

連休ですが、自宅静養中です。

で、パソコンで、いろいろ検索してみたら、Chickenfootというグループを見つけました。

メンバーが凄くて、ヴォーカルとベースが元ヴァンヘイレンのサミーヘイガーとマイケルアンソニーで、ギタリストがスティーブヴァイの師匠であるジョーサトリアーニ先生です。ドラマーは、レッドチリペッパーズのチャド・スミスで、ロック界のスーパースターが集まったようなバンドです。

 

私は、ジョー・サトリアーニ先生の大ファンで、ずっと独創的なインストルメンタルを聞いてみましたが、バンドでのバッキングもサイコーで、またまたファンになってしまいました。

サミーヘイガーも、モントローズ時代からファンだったので、ヴァンヘイレン脱退後でも違和感なく受け入れられます。

このメンバーになると、もうそのサウンドが、その人特有のものに聞こえ、それの融合が高次元なので、全く違和感無く、しかも圧倒的な存在感を感じます。

しかし、、、ギターマガジンとか立ち読みくらいはしていましたが、こういうニュース、全く知りませんでした。業界の情報にうとくなったのでしょうか?(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=YnYwAGCyrio

ステロイド使用初日

おはようございます。

昨日から、ステロイドを使い始めました。

Img_0324_resize1

プレドニンという薬で経口薬のステロイド剤です。

1錠5mgで、30mg投与するので6錠のみます。

それとともに処方されたのが、漢方の整腸剤です。

Img_0325_resize1_2

薬を大量に飲むと、胃が荒れて、食欲がなくなったり、むかむかしますので、この漢方薬は、胃もすっきりしますし、整腸剤の働きもあるので、結構重宝します。

で、ステロイドの効き目ですが、まずは便の回数が半分になりました。

そして、便の回数が減ったので、おしっこの回数が増えて、すこし普通の生活になった気がします。

しかし、、、しかし、歩くと激しくクラクラします。

気分が悪いわけでもなく、貧血気味ということでもなく、その辺は正常なのですが、まっすぐ歩けないほどクラクラしました。

シラフで泥酔状態といったところでしょうか。

ちょっと不安ですが、とにかくお腹が落ち着いたのは助かりました。

ペンタザを止めたので発熱も収まりました。

もう少し様子をみてみます。

2010年9月17日 (金)

裏目、、、

こんばんは。

潰瘍性大腸炎の治療を行っていますが、なかなか改善しないので、ちょっと賭けに出たのですが、みごとに裏目にでてしまいました。

潰瘍性大腸炎には、ペンタザという薬がよく効くのですが、私は、去年、その薬でアレルギー反応を起こしてしまい、肺炎を併発して入院するということになってしまいました。

要するに、その特効薬を体が受け付けなかったということです。

それで、そのときはペンタザという薬をやめるだけで完治したのですが、特効薬を常時飲めないので、また再発し、それからずっと半年くらい、おなかの状態が悪い時期が続いていました。

そこで、担当医と相談し、ペンタザを再度使ってみようということにしました。

もちろん、アレルギー反応がでるのは覚悟の上です。

作戦としては、アレルギーを抑える薬と併用し、アレルギー反応が出る前に一気に治すというものでした。

最初の少量の使い始めは、アレルギー反応もでず、調子良かったのですが、では、増量して一気に治そうとしたら、2日で高熱がでるようになったことと、お腹の調子もめちゃくちゃ悪くなってしまい、あわてて病院にいって検査してもらいました。

検査結果は、

 CRP=13.6
 好酸球=110

というものでした。

CRPとは、炎症反応を示すもので、通常は0.2〜0.3くらいだそうです。
骨折もしていたのですが、白血球が増えていなかったことにより、お腹の炎症が激しいことをさしているそうです。

好酸球は、前回は60くらいだったのが倍になったことにより、アレルギー反応が起こっているということを指しています。

このままペンタザを服用すると、好酸球が高いので、肺に水がたまり、肺炎になる、、、、去年と同じになるということでした。

ようするに、もうペンタザは服用できないということだそうです。

残る望みとしては、アサコールというペンタザよりアレルギー反応が少ない薬を試してみるか、ステロイド治療をするかということになります。

とりあえず、炎症反応がすごいことになっているので、全てのペンタザの服用や注腸をやめて、ステロイドの薬で炎症を抑えることにしました。

しかし、、、、なかなかうまく行かないものですね。

強引なやり方では、ダメでした、、、、、、

2010年9月12日 (日)

娘たちの学祭

こんばんは。

昨日は、高校生の娘たちの学祭を見に行きました。

上の娘は、吹奏楽部ですが、3年生なので、半分引退しているので、校内のコンサートには出ません。

なので、クラスでやっている劇を見ました。

子供たちがやっている劇って、どうせ小学生レベルだろうと思ったら、意外とびっくりです。

ストーリーは、テレビのぱくりというか、パロディなのですが、構成というか場面の設定や切り替えなど、結構考えられていて驚きました。

クラスの演技はまだまだですが、その構成や場面展開など、結構楽しんで見れました。

若者の創意工夫もすごいものですね。

午後からは、下の娘の学校に移動です。

下の娘は、中学の時には上の娘と一緒に吹奏楽をやっていたのですが、高校の吹奏楽部はそんなにレベルが高くないようなのでやめて、ダンス部にしたそうです。

まずは、クラスの出し物で、コスプレからAKB48のコピーまでいろいろ出し物を考えているようですが、結構盛り上がってました。(まぁ、内輪受けでしょうが、、、)

Img_0313_resize1

そして、体育館のダンス部の発表会です。

私は、前知識がまったくなく、どうせダンス部っていっても5〜6人の弱小クラブかと思っていたら、これも大間違いでした。

総勢20人以上いて、ちゃんとコンセプトがある展開で、衣装替えやダンスをするもので、ストーリー性がよかったです。

娘の担任の先生が、先生2年目の24歳女子で、この先生がプライベートでもダンスをやっているらしく、その指導もあり、ちゃんとした部活動になっていました。

Img_0320_resize1

まぁ、二人とも、とても楽しそうでしたね。
下の娘には、なんかファンなのか身内なのか、結構声援をもらっていました。

本当に青春していました。

私の高校時代を少し思い出しましたが、娘たちの楽しそうなところをみられて、本当に良かったです。

親バカ記事でした。(笑)

定期検診

こんばんは。

先週、金曜日に潰瘍性大腸炎の定期検診に行ってきました。

この病気の発症した時には、大量のペンタザという薬を投薬して、アレルギー反応をおこし、肺炎まで併発してしまいました。

それから、潰瘍性大腸炎に有効なペンタザを使用できなくて、ずっと下痢状態を続けてきましたが、先月から担当医を説得し、アレルギー反応を抑える薬と一緒に、ペンタザを投薬してみることにしました。

そして、1ヶ月検診ですが、最初は効いたようにみえたのですが、またもとにもどってしまいました。

やはり、ガツんと投薬して、症状を一気に治さなければならないようです。

そこで、今回は、直接直腸に注入するペンタザ注腸液を使ってみることにしました。

Img_0321_resize1

こんなに大量に薬をもらってしまいました。

これで症状がよくなればいいのですが、、、、、

 

それと、右手小指の骨折、、、災難でした。。。

今回、潰瘍性大腸炎でたくさん薬を投薬しているので、痛み止めは服用しないことにしましたが、これが結構じわじわ痛いのですね。

満員電車なんて最悪です。
なので、保護を強化するために、薬指も一緒に包帯で巻きました。
これで、小指だけひっかかって持って行かれるということが少なくなりましたが、ちょっと力を入れただけでも痛いものです、、、、

Img_0311_resize1

また、写真にあるように、風呂に入るのも大変ですね。

ビニールをかぶせて左手で洗います。

小指1本で、本当に不便。
でも、逆に、有り難みが分かるかもです。(笑)

 

2010年9月10日 (金)

骨折ぅ〜

おはようございます。

潰瘍性大腸炎の具合がよくなってませんが、審判やっているスポーツのシーズンが始まり、頑張ってトライしてみることを、前回記事にしたと思います。

そして、一昨日の試合です。
台風が接近した日ですが、東京ドームなので試合には影響しません。

6A75D49E-107D-421F-B20C-D35D81AC8DEB

観客の入りは、少なかったのですが、逆にいうと、台風にもかかわらず、よく来てくれたなぁと思いました。感謝です。

そして、東京ドーム開幕戦が、始まりました。

お腹の調子もよく、順調にすすんでましたが、、、が、、、前半の終わり近くで事故が起こりました。

ロングパスで30ヤードくらいレシーバーとディフェンスバックをマークしていましたが、投げられたパスは、おしいところでサイドラインを割りました。

私は、惜しいけどパス失敗だとおもった直後、なんとサイドラインを割ったのに、パスをキャッチしようと、サイドラインの外まで追って来たのです。

つまり、二人のプレーヤーが全速力で、こちらに向かってきました。

そして、選手に巻き込まれて、この結果です。

FEBDB6CA-99C0-4924-A08F-3F7587E67D4B

右手の小指の手の甲の、剥離骨折だそうで、全治二ヶ月くらいだそうです。

開幕戦で、シーズンを棒に振るケガ、、、

まぁ、お腹も含めて、ゆっくり休めということでしょうか。(笑)

2010年9月 5日 (日)

映画「BECK」

こんばんは。

今日は、映画「BECK」を見てきました。
しかも初日です。

きっかけは、王様のブランチで紹介されていて、結構かっこ良かったので、見てみようということと、娘がアニメ「けいおん」に影響されてギターを練習しだしたので、参考になるかと思って、娘と一緒に見に行ってきました。

王様のブランチで紹介されて、チケット買うまで30分の速攻・即断即決でした。

上映の初日ということで、すぐには予約とれないかと思いきや、、、、あっさりど真ん中を予約できました。

どうも地元(一応、東京まで40分くらいですが、、、)では、スクリーンも小さいし、見る人が少ないようで、2〜30人しか入ってませんでした。(苦笑)

しかし、人の頭も気にせず、余裕で見れたのでよかったです。

News_thumb_dsc_6765

この映画ですが、よく出来ていました。

ストーリーとしては、単純な方ですが、とにかくカッコよいのです。

水島ヒロが演じる、天才ギタリスト、南 竜介が使用しているギター、レスポールですが、因縁があって銃弾が打ち込まれたものですが、これがカッコよいのと、音が素晴らしかったです。

最近は、メタルでエフェクターで歪ませ、ローダウンしている音から、ほぼエフェクターなしのマーシャル直でのひずみっぽい音が新鮮でとても良かったです。

映画館で大音量で聞いているせいかもしれませんが、よかったですね。

もう一人のメンバーのテレキャスター、これも定番はメイプル指板ですが、クリーム色にローズ指板という渋い選択で、私好みですね。

もうこれもサイドギターで、テレキャス特有のジャキジャキした音がたまらなかったですね。

レスポールとテレキャスター、欲しくなっちゃいました。(笑)

ストーリーは、目標に向かって突き進むことと、チームワーク、いろんな人がいて、いろんな思いがあって、衝突するときもあるけど、「必要ないメンバーは一人もいない」という語りかけがあり、最後のエンディングの盛り上がりと、なぜか涙がでてしまいました。

最近の邦画、とても面白いですね。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク