フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

病室の状況

病院の中の状況です。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


点滴用の針です。

肺の内視鏡検査のための点滴で使用したのですが、まだ点滴があるようで、このようにつけたままになっています。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


また痩せました、、、、まぁ、糖尿病用の減塩食事して、39度の熱がでてでは、そりゃ痩せるでしょう。


ちょうど、マイナス10kgです。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

これがベッドの脇のテレビとパソコンです。

一応、談話室で通信していますが、そんなに精密機器がないので、ベッド脇でも通信しちゃってますが、、、、


これから、どういう検査や治療があるかわかりませんが、肺の内視鏡手術よりは、マシなのではないかと思ってます。。。(笑)



肺の内視鏡検査

おはようございます。


入院2日目の初めての夜は、隣の人のイビキで、まったく眠れませんでした。


まるで工事現場で寝ているような感じです。


やっと3時くらいに寝つけたかなぁと思ったら、5時半に、いきなり採血!


寝起きでボーっとしているころに、注射で採血、、、、入院ってこういうことかと思いました。


そして、肺の内視鏡検査です。


一時間半まえに、抗生剤のアレルギー反応をみる注射を打つのと、点滴開始です。そして、30分前に、喉の麻酔を始めます。

不思議の国のアリスのような、水たばこのような煙を吸い込んで、食道や肺の入り口に麻酔をかけます。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


まるで、たばこを吸っているような感じですが、だんだん舌が痺れてきて不思議な感覚ですが、次第に息苦しくなってきます。


それでも、ファイバースコープが入る時に痛くないようにと、必死で吸い込みます。

いよいよ内視鏡の部屋に行くのですが、看護師さんからは、今は一緒に歩いていきますが帰りは車いすになります、、、と説明を受けました。


「車いす?」、、、お大げさではないか?と思いつつ、処置室へ。


処置室では、再度、喉の奥に麻酔を吹き付ける処置をするのですが、喉の奥を深いところを処置しようとすると、ゲッとなってしまいますが、麻酔が効いてくると、その感覚も無くなってきます。


その状態で、台にのり、仰向けになります。


マウスピースを口にくわえて、ファイバースコープを挿入していきます。


その段階でも、すこしずつ麻酔薬を噴射しながら進むのですが、それがむせてつらいのです。


そして、つばとかがくちにたまり、飲み込んでしまうと、ファイバースコープが気管にはいっているので、全部気管に行ってしまい、またむせるということになります。


一番、良いのが、楽にしているのですが、体に力がはいり、マウスピースを思いっきり噛んでしまう状態です。


そして、150ccの食塩水を注入し、回収します。これで肺の中の菌がわかるそうです。


最後に、組織を採取しますが、これが結構痛いのです。


胃カメラや大腸の内視鏡の時には、組織の収集は全然痛くなかったのですが、肺の場合にはけっこう痛いですね。


途中ちょっとむせたりしたので、40分くらいかかったのですが、これで終了です。


もう脱力感でいっぱいで、車いすで病室にかえるというのは全然大げさではなかったのです。


熱も39度以上でて、大変でした。。。。。

また、状況がわかったらアップします。


2009年9月28日 (月)

病院食 夕飯

こんばんは、


先ほど、病院食が出されました。


今回の肺炎に関係あるかどうかわかりませんが、血糖値が急に跳ね上がった

ので、メニューには、「糖尿病減塩」と書いてありました。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


ごはん、180g、肉豆腐、ふき土佐煮、なし3切れ です。


肉豆腐など、そこそこ美味しいですし、ふきなんて懐かしくて、涙が出そうでした。(笑)


親父の看病している時のメニューを見ていたので、期待していなかったですが、やはり末期がん患者とはメニューが違いますよね。(笑)


でも、まえに新橋の古くからやっている居酒屋さんがあり、ママの体調不良で店を閉じたのですが、うちの会社も2~30年前からの付き合いだそうで、その店の煮物(さといも、ふき、たけのこ、)が絶品で、それを思い出しました。


あ~、飲みに行きたい、、、、、(笑)


やっぱり入院


みなさま、どうもです。


いろいろ病院をたらい回しにされ 、やっと大きな大学病院で診てもらったところ、病名は

「好酸球性肺炎」、、、、だそうです。


で、ステロイド投薬治療をしなければならず、そうすると免疫力が極端に低下するので

入院治療が必要とのことで、、、、、早速入院となってしまいました。


人生初の入院です。

(生まれたときを除く)



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


ベッドの上で、パシャリと撮ってみました。


しかし、、、、短期間で10kgも痩せると、一気に老けこみますねぇ、、、、


早く復帰してトレーニングしたいです。


とりあえずの報告です。


また、ちょくちょくアップします。



2009年9月23日 (水)

VISTAというOS

こんばんは、


最近、寝込むことが多くなったので、VAIO typePを使って、ベッドで寝っ転がりながら、ブログ更新したり、音楽を聴いたりしています。


私のメインマシンは、自作パソコンの Intel CoreDuo2の一番の廉価版E4500にWinXPで稼働させていますが、マシンスペック的には全く不満はないのです。


しかし、VAIOtypePは、不満だらけです。


将来を見越し、CPUは一番高スペックの2.0Gにして、HDDではなく高速なSDDにしているのですが、ATOMというCPUのせいなのか、VISTAのせいなのかわかりませんが、メチャクチャ動作が遅いです。


iTUNESで音楽聞きながら、フリーセルのようなゲームをしようとすると、回線状態が悪い時のYouTubeのようで、フリーセルがカクカクコマ抜けしてしまうのです。


まるで、Windows95が出始めの時に、まだマシンスペックが追い付いていない時のようです。


ちなみに、パフォーマンスモニターを立ち上げて、CPU負荷を見ようとすると、何もしていないのに、パフォーマンスモニターだけでCPUの60%以上を消費してしまっています。


いろいろなブログを見ていると、XPにダウングレードすると見違えるようにサクサク動くという結果がアップされていますので、ATOMCPUのせいではなくVISTAのせいなのでしょうか。


XPと比較すると、VISTAのメリットがまったく分かりません。


今までは、マイクロソフトが新しいOSを出した時には動作が重いのですが、ムーアの法則のようにパソコンのスペックが格段に上昇してきたので、すぐに快適に動作するパソコンが発表されましたし、メーカー側もそれが売りのようになってきました。


しかし、今回は、OSをアップグレードするメリットが分からず、ネットPCなる新しい分野が市場を広げてきたので、今までの法則が通用しなくなっているようです。


Windows7は、動作が軽いということを聞いていますが、あと1ヶ月はちょっと苦痛ですね。


ちなみに、Webから記事を書いているのですが、入力のスピードに表示がまったく付いてきていません、、、


みなさんは、VISTAを快適に使用されているんでしょうかねぇ?


付き添い

おはようございます。


1か月前から発熱が続いていますが、病気になってから、ずっとピッタリと付き添ってくれている家族がいます。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

ちょっと暗くて分かりづらいかもしれませんが、うちのマロくんです。


ほとんどの時間を私のそばで過ごすようになりました。


この写真は、今朝、ベッドの脇で寝ているときの写真です。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


私が病気だということを分かっているようで、心配そうに寄り添ってくれています。


癒されますね~



2009年9月22日 (火)

シルバーウィークの過ごし方

みなさん、こんばんは。


シルバーウィーク5連休も、あと1日となりましたが、みなさん、どう過ごされましたか?


私は、、、、、肺炎と診断されたこともあり、早期復帰のために、家で絶対安静状態です。


ほとんどベッドの上で過ごしています。


午前中は、平熱なのですが、とにかく安静にということで、なるべく寝るようにしています。


しかし、、、、残念ながら、夜になると38度の熱がでてしまいますね。

(入院した方が良いかも、、、、)


ほとんどベッドの上で寝るようにしていますが、そんなに寝てもいられず、結局、パソコンで映画を見たり、音楽DVDをだらっと見ています。


1980年代のロックDVD3枚3千円のものがあったのですが、あまり見ずに埃をかぶっていたものを引っ張り出して見てみました。


・VAN HALEN

・AEROSMITH

・KISS


この3本です。


KISSとエアロスミスは、私の高校時代からありましたので、もう30年以上前ですね。


VAN HALENは、デビューは大学時代なので、それでも28~9年経つことになりますね。


当時は、今のようなプロモーションビデオもなく、小林克也の「ベストヒットUSA」くらいしか情報源がありませんでしたので、今復刻のように昔のライブがDVDになると、逆に新鮮です。


高校時代は、ブリティッシュロックに傾倒しており、ディープパープルやレインボー、レッドツエッペリンなど、結構コアなものに傾倒しており、アメリカンロックなんて、軟弱だ!と思ってました。


しかし、時がたつと、ヴァンヘイレンやエアロスミスのように、曲はキャッチーだけども、武骨なロック魂があるところなど、次第にアメリカンロックにも興味をもってきました。


KISSは、知っているひとはわかると思いますが、顔をピエロのようにメイクした集団です。

(デーモン小暮閣下のようなもの)


目に★のマークをつけたポールタンレーや、悪魔を意識したジーンシモンズなど、みんなが歌えて、コーラスもきれいですし、とにかく演奏が良いのです。


彼らは、ショー(ライブ)は、お客さんを喜ばせるということを主眼としているようで、バンバンあがる火薬の量もハンパじゃなかったですし、花火もとばしていました。


ジーンシモンズが火を噴く演出など、とにかくド派手な演出でした。


それと正反対なのが、ヴァンヘイレンで、特にリードギターのエディヴァンヘイレンは、私服じゃないかと思うような普通のシャツやトレーナーとジーンズで出ています。。


しかし、演奏は、バカテクであり、スーパーマリオのようなジャンプのアクションがあったり、別の観点で楽しませてくれますね。


しかも、古い1980年代のころのビデオから最近のものまで収録してあり、1本千円は安かったです。


私はギターが好きなので、各ミュージシャンがいろいろな機材を使用しているのも興味深かったです。


ジョーペリーが使用していたトラ目でビクスピートレモロ付きのレスポール、ほしいですねぇ。


エディヴァンヘイレンのシグネーチャーモデルだった、ミュージックマンのアクシアもほしいですね。


久しぶりの音楽ネタでした。



2009年9月15日 (火)

初点滴

こんばんは。


毎回、病院ネタですみません。


今日は、病院の電子カルテのトラブルで、11時半の診察予約が、診察できたのは午後4時という災難にあってしまいました。


まぁ、うちの会社の電子カルテなので、起るに怒れませんが、、、、、(笑)


4時間待ったのですが、ここでまた手違いがあり、血液検査と点滴をすることになっていたようです。。。。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

まずは、カーテンで仕切られたベッドに寝そべります。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

点滴の大きさは、一番小さい100ccのものだそうで、約30分で終わります。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

注射嫌いな私は、点滴など、針を入れっぱなしにするのは考えられなかったのですが、看護師さんがうまいのもあり、特に気になりませんでした。


会社の同僚などから、風邪をこじらしたときに点滴を打つと元気がでるということを聞いていましたが、今回は抗生物質なので、特別元気がでるという感覚はなかった。


熱も引けてきたし、治療は長期でじっくり治していくようなことを先生がおっしゃっていました。


救いは、体調など安定してくれば、運動などOKだそうで、審判の復帰やマウンテンバイクを早くやりたいですね。


内視鏡検査

こんばんは。


今日は、内視鏡検査を行いました。


結局、発熱が続く(血液の炎症反応がでる)原因が分からないので、消去法でいくということで、まずは潰瘍性大腸炎からの影響を否定するためです。


なので、前回から一ヶ月しか経っていませんが、おなかの調子が良くなってきたので、見てもらうことにしました。


今回は2回目なので、腸内をきれいにする下剤を大量に飲むのも慣れたものです。(笑)



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

これが下剤です。これは2ℓあり、これを飲んで、便が透明になるまで、頑張るというものです。


意外とAJINOMOTO製でした。味は、アクエリアスに近いと思っています。


私は、普通に2リットル飲めてしまいますが、お年寄りや小柄の女性は大変らしいです。


朝9時に飲み始めから検査が15時なので、6時間かけて腸内をきれいにするわけです。


で、検査の結果は、良好で、ほとんど腸内の炎症はなくなっていました。ところどころ、ちょっとありますが、注腸薬は使わず、薬の量も減らすことになりました。


一番うれしかったのが、食事制限の緩和です。


今まで、マニュアルに沿って、刺激物(お酒、炭酸飲料、コーヒー、香辛料、、)を控えていましたが、お酒はまだ要注意ですが、その他の食生活では、ほとんど制限をかけなくてもいいといわれました。


そこで、検査終了後、何を食べようか迷ったのですが、そんなにたくさん食べられないので、マックで月見バーガーを食べることにしました。もちろん、セットで、久しぶりのコーラをオーダーしました。


そして、席について、コーラを飲みましたが、この美味いこと、悶絶ものです。


たとえて言うなら、真夏の暑い日に、飲み物を控えていて、夜飲む一杯目のビールというところでしょうか!


最近、魚ばかりだったので、月見バーガーも新鮮でした。(笑)


そして、ちょっと驚いたのが、店の雰囲気です。


前は、子供向けという感じだったのですが、一人席が増えて、荷物置き場、コンセントなど、パソコンを広げて長居したくなる内装に、びっくりしました。


マックの過去最高決算も、こういうこともあるかもしれません。


店内は、受験生?(学生?)らしき人がカリカリ勉強していましたし、OLっぽい人が、資格関係の勉強をしていました。


パソコンを使っている人たちは、さすがにサラリーマンによる仕事での使用は1~2人くらいしかいませんでした。

ただ、それ以外でも、パソコンを使っている人は数名おり、何をしているかわかりませんが、モバイルの需要が高そうです。


店内は、ジャズが流れ、大人の雰囲気で、勉強しやすいようになっているようですが、雰囲気を乱す客がいるものです。


今日は、居酒屋と間違えている、大声で盛り上がっているバカップルと、やたら、親の敵のようにキーボードをバシバシ打っているうるさいモバイラーが1人くらいでしょうか。


しかし、不思議なもので、静かな家の中より、マックやスタバの方が、勉強がはかどることもありますね。


まぁ、マックには、ちょっと驚きと大躍進の秘密を見られたので、流行っているところには行ってみるものですね。


ではでは。


2009年9月13日 (日)

栗の季節

今日、妹の家から栗が送られてきました。


正直、3週間以上寝込んでいた私には、「え? もう栗の季節?」という感じです。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

涼しくなって吐きましたが、今日など暑く、思わず、まだ残暑が続いてほしいと思ってしまいます。

(俺の夏は終わってねぇ~っ、、、、、笑)


でも、季節感のある贈り物はうれしいですね。


栗ごはんにしようか、何にするか楽しみです。


2009年9月12日 (土)

発熱が3週間続いています、、、、

どうも、ごぶさたしております。


3週間前に発熱し、ただの風邪だろうと思っていたら、37度~38.5度の発熱が

ずっと続いております。


毎日、検査・検査でした。


結局原因は、まだわからないのですが、こういうことらしいです。


血液検査にて、CRP(炎症反応)が、通常0~0.3のところ、18もありました。


これ自体、すごい数値なのですが、白血球が増えていないので、一時的なものではないかということです。


あと考えられるのが、潰瘍性大腸炎の炎症による発熱またはCRP上昇ですが、こちらは、薬を飲んでいる

せいか、お通じも、下痢でなくなり、食欲も出てきているので、調子は良くなっています。


ただ、一つ一つ原因をつぶしていかなければならないので、また近日に内視鏡検査を行います。


そして、血糖値が400になってしまいました。(通常は~115くらい)


糖尿病確定と宣告されましたが、糖尿病専門の先生に診てもらうと、ヘモグロビンの値が増えていないので

発熱による一過性のものだということで、まずは安心しました。


あと、3週間も38度の発熱があると、肺炎を併発してしまいました。


この時にかかった先生が、最悪で、主治医(潰瘍性大腸炎の)の先生が、発熱が続くことで相談してくれたのですが、レントゲンで肺に影を見つけたことで、「これが原因だ!」と決めつけてしまいました。


たしかに10日まえのレントゲンには映っていなかったのですが、じゃあ、そのまた10日まえからの発熱の原因は? とか、きちんと検証しようとせず、目の前の事象で判断しようとしています。

(私の主治医も苦笑していましたが、、、、)


挙句の果てに、結核の疑いがあるということで、専門病院に送られましたが、結局、結核ではなく、軽い肺炎なので、もとの病院で総合的に見てもらった方が良いということになり、両病院で2万以上も治療費をとられて、もとの病院にもどるということになりました。(ひどい。。。。)


しかし、今まで健康や体の丈夫さには自信があったのですが、これだけ寝込んだのは初めてです。


寝込むと、いろいろ本を読んだり、勉強したりとか考えていましたが、やはり高熱がでると、だるくてそういう気分になれず、結局DVDをボーっとみて、寝込むの繰り返しになってしまいます。


やはり、健康というのは、すべてに基本だなぁとあらためて実感しました。。。。


« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク