フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月28日 (金)

やはり、、、、

今日も、安全をとって会社を休んだわけですが、昼過ぎまでは、めちゃくちゃ調子よく、風邪気味のもやっとした気分がなかったので、これはやっと快方に向かってきた、、、と思ったのですが、甘かったです。


夕方から36.8度の微熱がでて。あれよあれよと38.4度まで上がってしまいました。


しかし、毎日続くと精神的にもへこみますし、体力的にもしんどいですね。


おかげさまで3kg体重が減った(弱った?)のですが、肩や胸の肉がとれ、前に比べて華奢にみえるようになったが、ハラ周りは変わらないという。女性と一緒ですね;(笑)


今まで1週間も寝込んだことがなかったので、なんか病気の人たちの気持ちがわかりますし、亡くなった両親の治療と比べ物にならないですが、死を前にして何を思ったかなど、いろいろ考えさせられました。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

いっそ、新型インフルエンザと診断されて、タミフルでも飲ませてくれ、、、、という気になりますが、明日、もう一度医者に行ってきます。


ではでは。


P.S.この状態で、元気をくれたのが、ToToというグループの古いアルバム(1981~1983くらい)です。

    久しぶりに古いアルバムを聴いてみたら、これが良いのです。

    1stのToToは、ちょっとプログレっぽい曲もあったり、ファンキーな曲、ラブソングなど、楽曲の素晴らしさ

    もさることながら、その息をつかせないアレンジの完璧さやスリリング感など約30年前のアルバムか?

    と思わせる名盤です。

    2ndのハイドラやToToⅣなど、ロザーナやアフリカなどの名曲があり、懐かしさであふれています。

    ギターのスティーブルカサーも、シンプルなレスポールの音やシェクターのストラトの音がいいですね。

    余談ですが、マイケルジャクソンのビートイットで、ソロをヴァンヘイレン先生が弾いているのは有名

    ですが、バックでかっこいいカッティングギターを弾いていたのがスティーブルカサーです。



2009年8月27日 (木)

会社に行ってはみたが、、、、、

今日は、朝から平熱だったので、体の節々はすごく痛むが、会社に出ることにした。


もう3日も休んでいるので、承認が必要な案件があったりなど、気にかかることがあったので行ってみた。


しかし、、、、3日も、ほぼ寝たきりでいると、膝が本当に痛い!


まるでピノキオのような歩き方で、階段の下りなど、手すりが無いと下れない。。。。。


まるで、7~80歳の老人になったかのような錯覚に陥り、年取ったらこうなるのかなぁ、、、など考えながら歩いていると、やはり日本の駅は階段が多い!


前に部下で足を骨折した女性が言ってましたが、駅には階段が多く、バリアフリーを考えてほしいと言ってたのが、ようくわかります。


バリアフリーは、なにも車いすの方々だけではなく、ご老人など足の悪い人たちにも有効ですよね。


なのに、肝心のバリアフリー用のエレベータは、若いサラリーマンや学生、おばちゃん(定番?)までが押し寄せる有様です。。。。これじゃ通勤時には、足の悪い方は乗れないなぁと思い、日本人のモラルの低さを実感しました。


あと、膝のほかに、肩が痛く、それも半端ない痛さで、まるで50肩になったかのようです。


今まで自転車ツーキンや審判、マウンテンバイクと、体を使うのは全然苦ではなかったのが、180度変わった生活になっています。


この境遇は、どのような教訓なのだろう?と考えたのですが、やはり、いつまでも若くはなく、ホドホドにせよとの神のお告げかもしれません。


また、病気の人の気持ちがほんの少しわかったような気がします。


いつもは一晩で治るのが、3日たっても治らず、会社に行っても、夕方熱をだしてしまうほと、良くはなっていませんので、さすがに4日目になると、いつまで続くのだろうという恐怖感が襲ってきます。


しかし、医者は、「風邪ひいたら3日くらいは寝込むでしょう」と平気でいいますし、鼻水が青っ鼻になってきたのは、すこし治ってきた証拠でしょう。(きっと、、、、)


比べてしまうと、一昨年のインフルエンザの方が楽でした。


一気に39度まで熱があがりますが、解熱剤とタミフルを飲むと2日くらいで熱が引いてきて、あとは二次感染予防でタミフルを飲みきるまで外出禁止というものでした。


今回は、37.5度くらいの微熱と、激しい関節痛が、つらいですね。


みなさんも、手洗い・うがいは励行しましょう!


2009年8月26日 (水)

風邪をひいちゃいました。。。。

日曜の夜から、38度くらいの熱を出してしまいました。


会社では、38度以上熱が出た場合にはインフルエンザの検査を行うということが、対インフルエンザ対策のルールとして決められていましたので、月曜日に医者に行ってきました。


結果は、陰性でした。(インフルエンザではなかった)


要するに、ただの風邪ということでしたが、意外としぶとく、熱が38度から36度後半を行ったり来たりの状態なので、今日まで会社を休んでしまっています。


しかし、今までインフルエンザ以外で2日以上かかったことがなかったので、心配になり、潰瘍性大腸炎との関係を担当医に聞いてきましたが、やはりただの風邪の症状だそうです。


熱っぽいのが続くと、結構きついですね。

また、関節痛がひどくて、両膝と左肩がひどく痛みます。

(この症状だけだと、インフルエンザのしょうじょうらしいのですが....)


この3日は、病院に行く以外、ほとんど寝ていましたので、今まで自転車通勤で鍛えてきたものが、一気にもとにもどったというか、減退してしまったように感じました。


膝の関節痛は、風邪だけではなく、歩かないせいもあるのではないかと思い、お年寄りが足の怪我をきっかけに寝たきりになってしまうというのが分かるような気がします。

(死んでも入院したくないですね....笑)


しかし、健康って大切ですね。普段ピンピンしているだけに、病気になると、健康の大切さが身にしみます。


みなさんも、インフルエンザだけでなく、手洗いやうがいで、病気を予防してください。


ではでは。


2009年8月16日 (日)

VANSのSPDシューズの修理

先ほど、SPDシューズの調子をみていたら、なんと靴底がはがれはじめていました。


今使っているSPDシューズは、VANSのシューズです。


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


マウンテンバイクを始めたばかりの時に、雑誌で掲載されており、有名な選手が愛用しているということで買ったのですが、スニーカーにSPDクリートを取り付けられるものなので、タウンユースだったかもしれません。


ということで、山用のシューズを買ってからは、ほぼお蔵入りしていたのですが、自転車通勤を機会に復活させました。


しかし、、、ほぼ8年以上経過しているので、やはりガタがきているようです。


親指の真下(クリートが取り付けられているところ)あたり、クリートを外す時に、ひねって力がかかるので、はがれてしまったのでしょうか、、、、


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

そこで、ゴムの接着なら、パンク修理ボンド!と思い、パンク修理のボンドでたっぷりつけて固定します。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

固定の方法は、前にギターを改造したときに、ギターのボディ表面にメイプル板を接着し、固定するときに買ってきたものを使用します。


いろいろと役立つものですね。


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

これで、なんとか再生してもらいたいものです。


このシューズは、軽くはないのですが、靴底があつく、ペダリングしやすく、またクリートを取りつけていても、比較的歩きやすいので、ちょっと長距離を自転車で行く場合には、かならず履いていっていました。


とりあえず、一晩様子見ですね。(笑)


F-700小改造



こんにちは。


急に暑い日が続いていますが、夏バテとか大丈夫でしょうか?


今日は、復活したF-700を自転車通勤用に、ちょっと改造してみました。


ハンドルがライザーバーという、ちょっとオートバイ風になったハンドルで、里山などコントロール性が良いのですが、自転車通勤のように、ロードがメインですと、ハンドル幅が広く、車の間をすり抜けるのに気を使うことと、ポジションが、起きてしまうので、空気抵抗が多くなるというデメリットがあります。

そこで、バーハンドルという、ほぼ一直線のハンドルに交換し、バーエンドというハンドルの端にとりつける、グリップの位置を変えられるというものを取り付けてみます。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

これが、交換前のハンドルです。EASTON EA50で、良いハンドルですが、ちょっと重いのが弱点です。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

そして、交換するのが、BAZOOKAのハンドルです。


写真では見難いのですが、アルミにカーボンを巻きつけた、ナンチャッテ・カーボンです。

(まぁ、3千円ですから、、、、笑)



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

まずは、古いハンドルをとりはずします。


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


そして、新しいハンドルをセットします。


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

カーボンの柄に、アルミ6066と書かれているのが、笑えます。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


そして、ついでに、ステムの取りつけ位置を下げて、すこし前傾のポジションになるようにします。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

そして、ハンドルの量端に、バーエンドを取りつけます。 (TIOGA製)


これで、バーエンドを握るポジションもとれるようになり、長い直線の道など、楽になります。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

そして完成です。


明日まで、夏休みですが、明後日から、また自転車通勤で頑張ります!


2009年8月14日 (金)

ジャングル?

こんばんは。


今日から夏休みをとっています。


かみさんも休みをとったようで、庭の手入れをしています。


私のマンションは、1階の角部屋なので、目隠し用にと、仕切用の金網に蔦(つた)をはわせていました。


しかし、それが数年たつと、、、、、、まるでジャングルのようになってしまったわけです。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

こんな感じで仕切の金網に蔦がからまっています。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

奥の方から刈り取ると、こんな感じです。庭一面に切り落とした残骸があります。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

すごいですねぇ。。。。。


もしかして、庭に発生する、藪蚊も、ここから発生していたりして、、、、


なんか、すっきりしました。


たわいもないネタですみません。(笑)


2009年8月13日 (木)

潰瘍性大腸炎、、、その後

昨日、大腸の内視鏡検査の結果を聞きに病院に行ってきました。


内視鏡の写真や、内部組織検査の結果は、やはり潰瘍性大腸炎だったそうです。


私は新調は高くないのですが、そこそこガタイが良いらしく、薬を増量されました。


食後5錠×3食=15錠/日です。。。。


しかも、次の問診が1ヵ月後なので、座薬と合わせると、2袋分も処方されてしまいました。。。。。


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

薬代だけで1万以上かかってしまった、、、、


特定疾患の難病申請をすると、薬代がタダになるのですが、診断書を書くまでに3週間かかるそうで(紙1枚なのですが)、結局、次の問診の時にしか申請できないみたいです。


先週、潰瘍性大腸炎にかかったことを記事にしたところ、同じ病気にかかっている方々からペタをいただきました。 結構、苦しんでいる方がいらっしゃるようで、少しでも参考になるように、なるべく元気がでるようなことを記事にしていこうと思っています。

2009年8月 9日 (日)

難病....

実は、先週に内視鏡検査をしてきました。


肛門のあたりが痛いのと、血便がでたので、医者に行ったら内視鏡検査を勧められました。


そしたら、、、、「潰瘍性大腸炎」という病気にかかっていました。


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


トイレで、膿のようなものがでたりするのと、下痢気味だったりするのも、大腸が炎症を起こしているせいで、痔のせいではなかったようです。

この「潰瘍性大腸炎」というのは、特定疾患の難病にしていされているようですが、私の場合には症状も軽く、膿と軽い下痢くらいですんでいます。


原因は特定できていないので、完治は難しいということで、難病に指定されているようですが、症状が軽い場合、トイレの頻度が増えるのと、食事制限くらいで、普通の人とあまりかわらないようです。


現に、自転車通勤してますし、マウンテンバイクやキャンプなど、いろいろやってますね。


しかし、、、食事制限というのが、アルコール、炭酸飲料、コーヒーなどがダメなようで、ちょっと日常生活に支障がでますね。(笑)



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


ですが、考えようによっては、お酒をやめる良い機会ではないかと思っています。


月1回くらいはいいかもしれませんが、いままでのように、週3~4回というのは、多すぎますね。


大好きな部長さんと飲みに行くのはとても楽しく勉強になるので、それがなくなるとすごくさびしいのですが、もう1年もたったので、そろそろ飲みに行く時間を他に活用していく時期かなぁと思っています。


自分が特定疾患の難病指定を受けるとは思いませんでしたが、他の病名をみると、ベーチェット病やモヤモヤ病、など、私が難病指定を受けるのが申し訳なくなるような病気が多いのです。


あらためて、健康について考えさせられました。




2009年8月 2日 (日)

墓参り

昨日、墓参りに新潟まで行ってきました。


日帰りです。


今年のお盆は、ETCの1,000円セールで、かなり混むと思われたので、昨日サクっと行ってきました。。。。


が、朝6時に家を出たのですが、すでに関越高速は渋滞が発生しており、結局、伊香保まで断続的に渋滞していました。


ドキドキしながら、新潟の料金所を通ったのですが、練馬から新潟西まで、1,850円??? あれっ? 千円じゃないのか? と思いつつ、正規料金より5千円も安いので、まぁ良いかと思いました。


実家は、処分してしまいましたので、片道5時間(往復10時間)かけて、行き、墓掃除とお参りして、親戚をまわって帰るという強行軍です。


だんだん、親戚方に会えるのは、黒い服を着る時くらいしかなくなってきましたので、墓参りなど、会えるときにあっておこうと思っていました。


久しぶりに会いましたが、変わらず元気で過ごされてなによりです。


でも、実家があった小路は、もうお年寄りしかいなくなってきたそうで、それも病気で入院したりと、いろいろ大変らしいです。


もともと、親父たちと一緒の時期に、新しい夫婦が家を買ったところ(今でいう新興住宅地)だったので、それが50年近く経てば、みんな、それなりにお年を召してくるわけです。


お年寄りだけになるということは、結婚して、子供もできて、親戚も増えるけれど、いずれは二人になるということでしょうか。


子育てに全精力をかける教育ママや、仕事オンリーのパパさんなどいますが、やはり、生活の基準は、まずは自分たちの生活があり、それをベースにして、子育てや親の介護があるのではないかと思っています。


ようするに、依存してしまわないようにということです。


私の尊敬していた両親は、ばあさんを介護し、私と妹を新潟から関東の大学に進学させてくれていたのですが、スキーや山菜とりなど、二人で生活を楽しんでいたようです。


そういう生活の基盤があるので、お盆と正月に帰省する私たちを迎えるのが楽しみであっったのかなと思います。


家庭菜園で作った野菜や、そば打ち、など、われわれが喜ぶ姿を楽しみに日々頑張って楽しく暮らしていっている、そんな両親のライフスタイルが好きでした。


なにも同居しなくとも、家族の絆はかたかったと思っています。


これから帰省シーズンに入りますが、みなさんも、ご実家で楽しいことがたくさんあるかと思いますので、夏休みを楽しんでください。


« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク