フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« 王滝結果、、、、完走ならず(残念っ) | トップページ | バーベキュー(リベンジ) »

2009年6月 1日 (月)

王滝SDA2009 参戦記

おはようございます。


いよいよ、レース当日の模様を記事にします。


前日は、晴れ間もたまにでる曇り空だったのですが、夜から本降りになり、当日もすごい雨でした。


相部屋の宿は、100kmの人と42kmの人が混在しているので、朝は100kmの人に合わせます。


なんと3時起床です。


5時前には、スポーツ公園にバイクを並べ始めますので、その時間を目指すのと、起きてからある程度の時間をおくためだそうです。


私も、スポーツ公園に車をおきたかったので、100kmの人たちと一緒にでることにしました。


4時45分ころに到着したのですが、第一駐車場は、既に満杯で、第二駐車場かその途中のわき道に停めるしかないようです。


幸い、わき道に停めるところがありましたが、ちょっと遅れたら、停めるところはなくなっていたかと思います。(よかった、、、、)


そして、100kmのスタートです。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

総勢、700名以上なので、かなりな列の長さでした。


そして、42kmのスタート前です。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

本降りになってきたので、早くから並んでいる人は、40分くらい、雨の中、スタート待ちになるので、体が冷えないよう、アップで大変そうでした。


そして、朝7時ちょうどに、スタートです。


ぷお~んというスタートのラッパの音(?)は、100kmコースと同じでした。


最初は集団になって登っていくのですが、今日は調子がよく、足もよく回っていました。


朝練の効果か、シューズなのかわかりませんが、たぶんシューズでしょう。


あきらかに軽いのです。シューズでこんなに変わるとは思いませんでした。


そして、登り、、、、こんな登りが延々と続きます。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

傾斜がきつくなると、押している人が多くなります。


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

もうすぐ、下りになる、、、、と思うと、また登りというパターンが多かったです。


心が折れそうになるときです。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

雨のせいか、霧がもやっとでていて、ちょうど「もののけ姫」のたたらの状況に似ています。


雨でしたが、景色はとっても良かったです。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

そして、登りがもう終わるのか?と見晴らしの良いところに出たら、まだまだ登りのコースが見えるではありませんか、、、、心が折れる瞬間です。(笑)



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

雨がけっこう降っていたので、このように滝のように雨水が流れてくるところを登るわけです。

コイの滝登りの気分です。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

そして、登っていくと、岩の間から木が出ている風景があり、思わずパシャリ。

(こんなことしてるからタイムアウトになる?)



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


そして、さらに登っていくと、100kmコースと42kmコースの分かれ道が見えてきました。

たぶん、あの分岐点がチェックポイント! もうすぐです。


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

この時点で、大きな誤算がありました。


20km地点で2時間のタイムだったので、3時間で30kmのチェックポイント、あとの12kmは下りメインなので4時間を切れる!と思ってました、、、、、、が、、、、、、


実際は、20kmから30kmで2時間以上使ってしまっていたのです。


そう、心が折れた登りです。 ペースが上がらないなぁと思ってました。だいたい時速3km~4kmで、押して歩いている人と、あまり変わらないペースでした。


ちゃんと時計を見ていればよかったのですが、雨でよく見えなかった(心拍計にしていると時刻は小さく表示されるため)のと、20kmまでが調子よかったので、あまり気にしていませんでした。


で、結果、13分オーバーのタイムオーバーです。


こんなにデジカメとらなければよかったじゃないか、、、とも考えましたが、食料補給と休憩を入れないともたなかったと思います。


まぁ、これが私の実力でしょう。

さすが、王滝、そんなに簡単に完走させてくれませんでした。


逆に、来年は絶対完走したい!という意欲がわいてきました。


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

ロッキーマウンテンのバイク、お疲れ様でした。

王滝を走って、本当に良いバイクだと実感しました。


ゴール付近のスタッフの人が寄ってきて、「重さどれくらいですか?持ってみてもいいですか?」と聞かれたので、どうぞと答えたら、その人もブリザード保持者だったらしく、クロモリファン(鉄っちゃん)と言ってました。


あと、いろいろ勉強になりました。


まずは、雨の時は、オイルが必要だということです。


激しい雨と池のような水溜りで、オイルがなくなり、ガシガシ音がしだしたのです。


まさか、昨日注油したのに、一発でなくなるとは、、、、と思ったのですが、これが自然の力でしょう。


あとは、泥除けですが、こんなに大げさにしなくても、、、、と思ってましたが、つけている人の背中をみると、意外と泥がついてなく、それなりの効果があるんだと思いました。


心拍計の効果ですが、だいたい、160くらいで走っていました。途中、ギアを軽めにして、心拍数を150に落としたりと、それなりの目安にはなるようです。

呼吸が荒くならなくても、筋肉疲労で酸素を供給するためか、心拍数は160以上になっていることが分かりました。


あとは、ペース配分でしょうか。


途中、同じブリザードを持っている人と一緒になり、すこしブリザード談義をした後の下りで、その人は、メチャクチャ早く、私もついていくために、下りでも結構漕いでしまいました。


ブリザードのしなりで、下りでフルサスバイクをすいすい抜いていきましたが、今考えるとペース配分だったかもしれません。


また、今回のためにそろえた、シューズは、その軽さにびっくりしましたし、シマノより圧迫感がないのも良かったです。やはり、シューズはシューズメーカーの製品が良いのでしょうか。。。。


ヘルメットは、その効果はわかりませんでした。

ただ、空気の流れをよくするために、開いている部分が多いのですが、大雨の時には、そこにダイレクトに雨がきてしまいますし、それがグラスの中にまで垂れてきますので、中にバンダナか帽子が必要だと思いました。


アイウェアは、これは正解でした。

コンタクトでどうかと思いましたが、目の周りをびっちり覆っているので、とても快適でした。

頭からのしずく対策と曇り止めをすれば、ばっちりです。


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

いろいろ勉強になりました。。。。。


残念ながら完走できなかったのですが、またバリバリ走りたくなったのと、きちんとトレーニングしなければ、、という逆にファイトが沸いてきました。


また、一年頑張ります。


« 王滝結果、、、、完走ならず(残念っ) | トップページ | バーベキュー(リベンジ) »

MTB、自転車」カテゴリの記事

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク