フォト
無料ブログはココログ

Banners

  • 楽天banner

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

走り初め



遅くなりました。


先週、25日に、またまた飯能に行ってきました。


前日に雨が降り、ぐちゃぐちゃを予想していましたが、意外と乾いていました。


たぶん、乾燥しているのと、凍っているせいなのかもしれません。


しかし、、、しかし、、、正月3日のイベントを無事終えて、怠惰な生活が続いたせいか、体が非常に重いです。


血液の状態が悪いことは関係ないかもしれませんが、年末は、毎朝ウォーキングをしていましたが、、、、3日のイベントも体が重かったですね。(笑)


たばこを止めて、物理的に2kg太りましたから、まぁ、真剣にダイエットしなければということでしょうか。


当日は、日もあたり、とても気持ちが良かったです。


ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)


お昼には、お湯を炊いて、カップラーメンをすすります。

これが、ちょっとしたキャンプ気分になるのと、あったまるので止められません。



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

カップラーメンは最高なのですが、お湯になる水を運ばなければなりません。

これが500mlだとすると500gで、老体にはこたえる重さです。


しかし、今回は、うっかり(故意ではないです)リュックを忘れてしまい、お湯もおにぎりも持ってもらいました。


しかし、手厚いフォローがありながら、登りはゼーゼーいって、太もももピクピクしながら、なんとかついていっている状態です。


あと3kg絞れば。。。。。


頑張りましょう(笑)



2009年1月20日 (火)

すい臓がん?



実は、先週から背中に鈍痛があり、会社の同僚に聞いたところ、「背中の痛みはあぶない! 知り合いで背中が痛いといっていた人が2年後に死んだ」と脅されていました。


で、インターネットで調べてみると、右側の痛みは肝臓系、左側の痛みはすい臓に問題がある!と書いてあるではないですか!


お医者さんのブログ?(ホームページ)にも、背中の痛みが2~3日続くようだったら、すぐに医者に行ったほうがよい、と書いてありました。


気にすると、よけい気になるもので、今日、医者に行ってみました。


お医者さんが、背中をいろいろ押して、「ここは痛い?、ここは?」と、いろいろな所を押すのですが、全然痛くありません。


で、私は鈍痛が続くので、内臓系(すい臓)の疾患を疑っていたのですが、、、、


医者:「まずは、すい臓でも、まずはお腹から痛くなるもの。あと、鈍痛の箇所はすい臓より上だよ。たぶん、、、筋肉痛じゃないですか?」 と言われてしまいました。


とりあえず、私も照れくさくなって、「両親ともに、すい臓がんで他界しています」といったら、では、CTスキャンできちんと調べましょう。ということになりました。


採血やCTスキャン(初!)、などして 、結果を聞くと、「肺から胃、すい臓、肝臓、全て正常! が、しかし。。。。血液検査の結果が悪すぎる!」



ばんへいれんさんのブログ(しがないカチョーの日記)

で、見てみたら、中性脂肪などが、基準値を大幅に超え、血液の状態が「乳び」。。。。ようするにミルキー(どろどろ)ということでした。


正月3日のイベントで節制していた反動が、年明けから続き、飲み会のあらしでした。


しかも、仕事が少し忙しくなってきたので、残業もそこそこあり、小腹がすいたのでお菓子をつまんだ後に、飲みに誘われ、仕上げにラーメンを食べる。。。。これで正常値のハズがありません。反省です。


明日から、初心にもどり、朝のウォーキングを再開しようかと思っています。


2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

あけまして、おめでとうございます。


年末までは、バタバタしていて、なかなか記事をかけませんでした。


一年の振り返りを書こうと思ったのですが、年を越してしまいました。


昨年からブログを始めてみたわけですが、今まで読んだ本や、感じたことを文章で伝えるということは、想像以上に大変でありましたが、自分の中で整理するという意味で、自分自身、とてもためになりました。


年末は、かみさんが仕事で忙しいので、大掃除はほとんど私がやりました。


夢をかなえる「そうじ力」...という本が出されていますが、掃除をしていて気づいたのが、無心になれるということです。


年末、スタッフの抵抗にあったり、そのせいで会社でも良くない評価になったりと、落ち込んだ年末でしたが、掃除をやることで、無心になり、いろいろ考える時間となることができました。


やはり、忙しさに明け暮れる中、自分との対話の時間を持つということが、いかに重要であるか、気づいた次第です。


スタッフ側の抵抗や、トップの軸のぶれなど、外的要因が多かったわけですが、では、自分はどうだったのか、やるべきことをやったのか、外部からみた自分はどうだったのか、外的要因のなかで、他に方法はなかったのか?など、掃除をやりながら、自問自答を繰り返したり、無心になったり、など、結構貴重な時間を過ごせました。


今年一年、どのように過ごすべきなのか、明確な解は見つかっていませんが、今出せる回答としては、とにかく、目の前のことに集中して、一歩一歩前進していく、ことを初心にかえって実行していこうと思っております。


今年一年、皆様も良い年であるようお祈りしております。


« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク